スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【完全網羅】B’z稲葉浩志の全てをまとめてご紹介させて頂きます。

B'z
この記事は約12分で読めます。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

B’z(@bz_official_insta)がシェアした投稿

日本が誇る最強ロック・ユニット「B’z」。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューして以来、未曾有の記録を打ち立てながら音楽界のトップを30年以上にわたり走り続けています。

そんなトップアーティストである「B’z」のヴォーカルを務めているのは稲葉浩志さん。

稲葉浩志さんは、唯一無二の歌声ストイックな性格をしており、日本の音楽界のトップを走り続ける「B’z」に相応しいヴォーカリストです。

そんな稲葉浩志さんについても、

これまで当サイトでは多く取り上げさせて頂きました

その内容は稲葉浩志さんの中学時代のエピソードからB’zのヴォーカルになってからのエピソードまで多岐にわたります。

ですが、当サイトの記事数はすでに250を越えており、B’z以外の様々なジャンルも取り扱っておりますので、中々稲葉浩志さんについてまとめたページに辿り着けない場合もございます。

なので、今回はこれまでにまとめた稲葉浩志さんにまつわるページを厳選してご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

【完全網羅】B’z稲葉浩志の全てをまとめてご紹介させて頂きます。

B’z Official Website (bz-vermillion.com)

名前について

B’zファンであっても意外と知らない稲葉浩志さんの本名

実は稲葉浩志(いなばこうし)というのは芸名です。

B’zファンなら知っておきたい稲葉浩志さんの本名についてまとめさせて頂いております。

年齢について

稲葉浩志さんのB’zとしての高い意識や徹底した体調管理は、デビュー当時から衰えを感じさせないパフォーマンスに繋がっています。

しかし、だからこそ気になるのは稲葉浩志さんの現在の年齢。

B’zとしての活躍やステージ上のパフォーマンスを見ているだけでは絶対に気づけないと思います。

また、このページでは稲葉浩志さんのデビュー当時の年齢B’z LIVE-GYM通算1,000回を達成した当時の年齢など、稲葉浩志さんの年齢にまつわることをまとめているので、興味のある方はご覧ください。

性格について

意外と知られていない性格

LIVE中の稲葉浩志

ステージ上で圧倒的なパフォーマンスをする姿からは想像もできない稲葉浩志さんのあまり知られていない意外な素顔についてご紹介しています。

あくまでも妄想的な推察が多いですが、全てがウソではないという根拠も一緒に説明しております。完璧ではない部分の稲葉浩志さんの魅力を知りたい人は是非ご覧下さい。

100のこと

表情が書かれたボール

世間の皆さんが持っている稲葉浩志さんの堅いイメージを払拭したくて、一問一答形式で稲葉浩志さんについての100のことをまとめています。

なかにはB’zファンでもおそらく知らないレベルのマニアックなことも紹介しています。

体について

高く見える身長

稲葉浩志さんの身長は173㎝と言われています。

しかし、B’zがメディアに出演した際に176cmの共演者と比べて稲葉浩志さんの身長が明らかに低いという声があったり、反対に173㎝よりも高いのではという声もあります。

では実際の稲葉浩志さんの身長は何センチなのでしょうか?

医者が驚く声帯

稲葉浩志さんのヴォーカルとしての魅力を挙げるならば、絶対に唯一無二のハイトーンボイスは外せません。

そんな誰にも真似できないロックでハイトーンな声が出せる理由についてご紹介しています。

体に起きたアクシデント

夏でも鍋を食べ、冷房を使わず、部屋の湿度を一定に保つなど喉の管理を怠らない稲葉浩志さんにも、過去には声が出なくなったエピソードがあります。

現在の稲葉浩志さんからは想像できないある意味貴重なエピソードなので、気になるB’zファンも多いのではないでしょうか?

6箇所に刻まれたタトゥー

稲葉浩志さんの体には、実は左腕、右腕、右手首、背中、臍(へそ)、右手人差し指の全六箇所にタトゥーが入っています。

そのタトゥーに込められた意味やタトゥーを入れた理由について徹底的に調べた上で分かりやすくまとめています。

身についたB’z体質

稲葉浩志さんが持つ「B’z体質」。この体質は、稲葉浩志さんがストイックな体調管理や喉のケアを続けられる理由にもなっています。

また、稲葉浩志さんがこの体質をハッキリ認めるまでの期間についてもご紹介しています。

実践していること

ライブ前にしていること

B’zのデビューから20年間の活動を紐解く年代記「B’zミラクルクロニクル1988-2008」のなかで”稲葉さんがライブ前にやっているジンクス“について取り上げられていました。

稲葉浩志さんの驚異的な肺活量の秘密は、

ライブ10分前にする◯◯にありました。

不安なときの乗り越え方

「不安な時はどうやって乗り越えるか」という質問に対する稲葉浩志さんの回答をB’z初のオフィシャルブック『B’z TWELVE』からご紹介しています。

誰でもスグに実践できる方法なので、不安になりやすい人はチェックしてみて下さいね。

歌うこと・ヴォーカルについて

B’zのヴォーカルになる前の歌い方

稲葉浩志さんがB’zを結成する前にしていた歌い方についてまとめています。

実は稲葉浩志さんはB’zのヴォーカルになってからは歌い方を変えられたみたいです。

憧れる声

日本の音楽界のトップを走り続ける「B’z」のヴォーカル稲葉浩志さんが「あんな声が出せたら」と憧れる声とは、一体誰の声なのでしょうか?

あんな国宝のような声を持っていても、憧れてしまう声があるというのは衝撃です。

伝説のTバック衣装

B’zファンをも驚かせた伝説の“Tバック衣装”

その衣装を稲葉浩志さんが穿いていた理由も衝撃的だったので、興味のある方には一読して頂きたいです。

もっとバラード系全般に技術が欲しい

百戦錬磨と思われる稲葉浩志さんでもまだ歌いにくい曲はあるそうで、B’zデビュー30周年の年に作られた「B’z ザ・クロニクル」のインタビューでは「バラード系全般にもっと技術が欲しい」というコメントを残されています。

オーディエンスには完璧に歌われているように聴こえていても、歌っている本人はそうは思っていないこともあるんですね。

独特なヴォーカルトレーニング

B’zの稲葉浩志さんは圧倒的な歌唱力でファンを魅了し続けています。

その稲葉浩志さんの高い歌唱力を身につけたいヴォーカリストもいるとは思いますが、実は稲葉浩志さんのヴォーカルトレーニングは誰にも真似ができません

生涯年収

よみうりテレビの情報番組「ミヤネ屋」が、1985年~2004年までの20年間に公表された長者番付をもとに「生涯収入ランキング」を作成しました。

その金額も推測ではありますが、そのランキングによると稲葉浩志さんは生涯◯◯億稼ぐという計算になったみたいです。

年収や資産についてもまとめているので、トップアーティストのお金事情に興味のある方は是非ご覧下さい。

結婚歴・奥さんについて

稲葉浩志さんは、実はバツイチ

しかし、1997年には元モデルの蓬田美奈子さんと再婚されており、今年で二人の結婚生活は25年目を迎えます

日本の音楽界のトップを走る「B’z」のヴォーカル稲葉浩志さんの前妻、現妻について詳しくまとめているので興味のある方はご覧下さい。

よくみる夢の内容について

B’zをあまり知らない人からすれば意外だと思いますが、B’zの稲葉浩志さんがツアー中に悪夢をみることはファンの間では有名な話です。

その夢の具体的な内容について稲葉浩志さん自身がコメントされる場面がありましたので、過去に分かりやすくまとめさせて頂きました。

聖地巡礼するなら

B’zファンなら一度はしてみたい聖地巡礼

B’zの大ファンであり、執筆者である私が実際に巡礼した聖地やゆかりのある場所について何カ所かまとめさせて頂きました。

どの場所もB’zファンなら興奮すること間違いなしのオススメの場所なので、聖地巡礼のご予定があるひとに参考にして頂けると幸いです。

岡山県津山市

岡山県津山市の看板

稲葉浩志さんの地元である岡山県津山市で聖地巡礼をするならココという場所を8つに絞ってご紹介しています。

津山で聖地巡礼するなら絶対に外せない場所についてもまとめているので、津山で聖地巡礼をしたことがない人には参考にして頂きたいです。

神奈川県横浜市

港の見える丘公園からの景色

稲葉浩志さんが学生時代を過ごした横浜の聖地巡礼ポイントをまとめています。

横浜にはB’zのシングルのPV撮影が行われた場所もあるので、B’zファンなら訪れたい場所のひとつです。

大阪「まんねん梅田本店」

オムチャーハン

急にラーメンが食べたくなった稲葉浩志さんが入ったお店としてB’zファンから知られているお店。

記事内では稲葉浩志さんが食べて絶賛されたメニューもご紹介しています。

B’zについて思うこと

恐竜に例えるなら

稲葉浩志さんが『B’zを恐竜に例えるなら?』という質問に答えられる場面がありましたので、詳しくご紹介しています。

「DINOSAUR」という言葉は、B’zの全国ツアーやオリジナルアルバムのタイトルにも使われていますが、自身のバンドにはどんな恐竜のイメージを持っておられるのでしょうか?

B’zのカラーについて

B’zが2002年7月3日にリリースした12枚目のオリジナルアルバム「GREEN」というタイトルには、青二才未熟という意味が込められており、「自分達は、まだまだ青二才である」という当時のB’zの主張が盛り込まれています。

そんな自らを”青二才”として捉えていた当時から約20年が経った現在のB’zのカラーについて稲葉浩志さんが言及されていたので、まとめさせて頂きました。

B’zを結成して失ったモノ

B’zはデビュー以来、音楽界の第一線でトップアーティストとして活躍されていますが、人気が出て有名になればなるほど、得られるモノもあれば失ってしまうモノも出てきてしまいます。

それでは、稲葉浩志さんがB’zを結成して失ったモノは一体何だったのでしょうか?

B’zをやっていて良かったと思うこと

稲葉浩志さんは、日本が誇るB’zのヴォーカリストとして活躍されています。

それに伴う知名度や収入も得られていますが、稲葉浩志さんが「これはやっぱり幸せですよね」と話すB’zをしていて良かったと思うことは知名度や収入とは全然関係ありませんでした。

こういう気持ちで活動されているから、いつまでもファンから愛されているんだろうなと思いました。

教師を目指していた

稲葉浩志さんは横浜国立大学の在学中に教員免許も取得されており、教員になるまであと一歩というところにいたのですが、ある出来事がキッカケとなり教師の道を断念したという過去があります。

B’zファンの立場からすると、稲葉浩志さんが教師ではなく音楽の世界に進むことになってよかったと思いますが、どんなキッカケで教師の道を諦めたのでしょうか?

その出来事や稲葉浩志さんが教師を目指していた理由なども詳しくご紹介しています。

以上、稲葉浩志さんに関するページを27つご紹介させて頂きました。

ただ今回ご紹介させて頂いたのは300近くある記事のほんの一部なので、もっとB’zにまつわるエピソードが知りたい方は他のページもご覧下さいね。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました