スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

「個人的にはシングルにしたかったね」本当はB’z松本孝弘が「ALONE」よりもシングルにしたかった楽曲

B'z
この記事は約3分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、6枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなB’zの9thシングルはミリオンセラーを記録した「ALONE」ですが、実はB’zのリーダー松本孝弘さんは「ALONE」ではなく、

他の曲を9枚目のシングルにしたかったそうです。

では一体、松本孝弘さんはどの曲を「ALONE」よりもシングルにしたいと思っていたのでしょうか?

今回は、B’z松本孝弘さんが「ALONE」よりもシングルにしたかった楽曲についてご紹介させて頂きます。

ひとこと

松本さんがシングルにしたかった楽曲は、ファン投票でもいつも上位にランクインするあの名曲でした

スポンサーリンク

「個人的にはシングルにしたかったね」本当はB’z松本孝弘が「ALONE」よりもシングルにしたかった楽曲

出典:B’z Official Website (bz-vermillion.com)

松本孝弘がシングルにしたかった楽曲

「そうですね、あと僕はやっぱり〈もう一度キスしたかった〉っていう曲を、『IN THE LIFE』のとき、すっごくシングルにしたかったんだよね。でもやっぱり〈ALONE〉っていうのがあって。でもまあ、それは・・・スタッフの判断。やっぱりそれは正しい判断だったと思う。でも、個人的にはシングルにしたかったね」松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル40ページ

B’z松本孝弘さんが「ALONE」よりもシングルにしたかった楽曲は、

もう一度キスしたかったです。

当時松本孝弘さんは「もう一度キスしたかった」をシングルにしたかったそうですが、スタッフの判断で「ALONE」が9枚目のシングルに選ばれたみたいです。

B’zの9枚目のシングルは、5thアルバム『IN THE LIFE』からの先行シングルの立ち位置となる曲だったので重要な役割がありましたが、「ALONE」は先行シングルにもかかわらずオリコン週間チャートで2週連続首位を獲得し、累計売上は110万枚のミリオンセラーを記録する大ヒットとなりました。

この結果を受けてか、松本孝弘さんも「もう一度キスしたかった」ではなく「ALONE」を9枚目のシングルにしたスタッフの判断について、

「やっぱりそれは正しい判断だったと思う」とおっしゃっています。

ただ、松本孝弘さんがシングルにしたかった「もう一度キスしたかった」も『B’z The Best”Treasure”』のファン投票4位、『B’z The Best”ULTRA Treasure”』のファン投票で13位にランクインし、B’zを代表するバラードの名曲を収録した『The Ballads~Love&B’z~』にも収録されたので、9thシングルになっていても大ヒット作になっていたと考えられます。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました