スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

教員免許は取得している?教師への道を断念した理由は?B’z稲葉浩志の教師にまつわる話

B'z
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

B’z(@bz_official_insta)がシェアした投稿

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなB’zのヴォーカルを務めているのは、

稲葉浩志さん。

稲葉浩志さんは、B’zのヴォーカルとしての自覚と徹底した体調管理が有名で、リーダー松本孝弘さんからも「喉の管理や体力の維持に関しては普通の努力の仕方じゃ出来ない」と評価されているほどです。

また、稲葉浩志さんは喉の管理の一環として、湿度にも気を遣われておられるのですが、

過去に湿度100%のなかで歌ったエピソードまであります。

そんなB’zとしての高い意識と徹底した管理をしている稲葉浩志さんは、まさにトップアーティストB’zのヴォーカルにふさわしいお方と言えるでしょう。

しかし、実は稲葉浩志さんはバンドをするまでは、

教師を目指していました

実際、岡山県津山市にある実家からは、教員免許を取得するために上京されていますし、大学在学中には教育実習にも参加されています。

ところが、稲葉浩志さんはある出来事をキッカケに教師への道を断念されます

一体、どんな出来事が稲葉浩志さんの身に起きたのでしょうか?

B’zファン以外には意外と知られていないエピソードなので気になる人もいらっしゃると思います。

なので今回は、稲葉浩志さんの教師にまつわるエピソードをまとめましたので詳しくご紹介させて頂きます。

ひとこと

ある人物の存在がなければ、稲葉浩志さんは教師の道に進み、B’zは結成されていなかった!?

スポンサーリンク

教員免許は取得している?教師への道を断念した理由は?B’z稲葉浩志の教師にまつわる話

中学三年生のときに教師に興味が生まれる

特になかったですね。ただ中学三年生のときの担任の先生が好きだったし、『金八先生』を見てたりしたから、先生っていいなと思って。/稲葉浩志

週刊文春2004年9月9日号 阿川佐和子のこの人に会いたい

阿川佐和子さんから「その頃は将来何になろうと?」と質問を受けた稲葉浩志さんは「特になかったですね」と答えられました。

ただ、将来なろうとまでは思っていなかったものの、中学三年生のときの担任の先生が好きだったことや『金八先生』を見ていたことから、既に高校生の時には教師という職業に興味は持っていたみたいです。

「いや、そんなのは言われたことはないね。ま、自分の希望でしょうね。夢っていうほどじゃないけど、とりあえず先生になんのかな?っていうぐらいで、すごく曖昧でしたけどね」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル42ページ

「そうですね。“こんなモンかなぁ”と」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル42ページ

また、いずれ進むことになる教師への道については親御さんに言われたとかではなくて、社会のなかにある仕事として自分が選ぶならコレかなというぐらいの曖昧なものだったみたいです。

共通一次の前に死に物狂いで勉強

高三でヤバイって、共通一次の前に死に物狂いで勉強しました。あのときが今までの人生の中で一番勉強したな。/稲葉浩志

週刊文春2004年9月9日号 阿川佐和子のこの人に会いたい

稲葉浩志さんは進学校の津山高校でありながら、高一の最初のテストでは英語が一番だったり、高二で受けた旺文社全国高2模試では数学が全国3位というとんでもない結果を残されております。

しかし、先生からも注意を受けるほど彼女が出来たことで成績が落ちてしまったみたいで、高三の共通一次の前に死に物狂いで勉強されたそう。

稲葉浩志さんは当時を振り返って、「あのときが今までの人生の中で一番勉強したな」と言い切っておられます。

現役で横浜国立大学に合格

「国立の発表の数日前までに入学金を振り込みせんといけんでしょ?で、どうしようかなぁって思ってたら『振りこまんでいいよ。出来てるから』って自分で言っててね。まぁ息子がそう言ってるんだから、親は信じてやらなきゃかなぁと思ってたら、ちゃんと受かっててホッとした」

稲葉浩志さんの幼少期エピソード~B’z稲葉浩志さんの実家への旅6

国立の合格発表よりも、私立の入学金の振り込み日の方が先にありました。

なので稲葉浩志さんのお母さんは、稲葉浩志さんが滑り止めとして受験して合格していた関西学院大学の入学金を振り込むべきか悩んでいたみたいです。

しかし、稲葉浩志さんは入試の手応えがかなりあったのか

振りこまんでいいよ。出来てるからとお母さんに伝えていたそう。

そして稲葉浩志さんは言葉通り、塾には1度も通わないまま現役で横浜国立大学に合格して、岡山県から横浜に上京されました。

B’z稲葉浩志が教師への道を断念した理由

小学校教員免許を取得するために教育実習に参加

まず小学校に一ヶ月間行って、全教科教えなくちゃいけないから、体育の時間にマットで前転とかやってました(笑)。音楽の時間は『アマリリス』とか(笑)。いかに飽きさせないで楽しく歌わせるか、前の日にすごい対策を考えて。けっこう盛り上がってうまくいったの憶えてます。/稲葉浩志

週刊文春2004年9月9日号 阿川佐和子のこの人に会いたい

稲葉浩志さんは横浜国立大学在学中に、小学校教員免許を取得するために教育実習生として一ヶ月間教育実習に参加されたみたいです。

その一ヶ月間の教育実習では、生徒に全教科教えないといけなかったそうで、体育の時間に前転をしたり、音楽の時間に『アマリリス』を歌ったりして、教育実習生として真面目に取り組んでいたんだとか。

もちろん、生徒との関係も良好で授業が盛り上がることもあったみたいです。

いや、教室で子どもと一緒にいるのは面白いんですけど、職員室はすごく嫌な雰囲気だなと思って。/稲葉浩志

週刊文春2004年9月9日号 阿川佐和子のこの人に会いたい

しかし、面白いことばかりではないのが教育実習。

職員室はすごく嫌な雰囲気だな」と思われたそうです。

中学校教員免許を取得するために教育実習に参加する予定だった

その後、中学でも教育実習をやる予定だったんですけど。月曜日からの実習に備えて、土曜日にオリエンテーションがあって、終わったら実習担当の先生に校長室に呼ばれて。/稲葉浩志

週刊文春2004年9月9日号 阿川佐和子のこの人に会いたい

稲葉浩志さんは小学校の教育実習に参加した後、中学校の教育実習にも参加する予定でした。

その中学校の教育実習は月曜日から始まるスケジュールだったので、2日前の土曜日に実習に備えてオリエンテーションがあったみたいです。

しかし、そのオリエンテーションが終わったときに、

稲葉浩志さんは実習担当の先生から校長室に呼び出しを受けます。

校長先生に髪を切るように注意を受ける

僕、けっこう髪が長かったから、「それ何とかならないですかね」って。/稲葉浩志

週刊文春2004年9月9日号 阿川佐和子のこの人に会いたい

中学校の教育実習の初日、校長から呼び出しが。稲葉の長髪に対して、指で作ったはさみで髪を切る仕草をしながら「何とかなりませんか」と言われたそう。

B’z稲葉浩志、教師への道を断念した理由を告白

そして、校長室に呼ばれた稲葉浩志さんは

校長先生から髪を切るように注意されました

※稲葉浩志さんが校長室に呼び出しを受けた日については、「オリエンテーションの日」「教育実習の初日」と諸説あります。しかし、どちらも稲葉浩志さんの発言が元になっているのでどちらが正しいのかを判断するのは難しいです。

B’z稲葉浩志が教師への道を断念した理由

その瞬間にムカッてきて。「一ミリも切れません」なんて言っちゃって(笑)。そのまま行かなかった

週刊文春2004年9月9日号 阿川佐和子のこの人に会いたい

その瞬間にムカッとした稲葉浩志さんは「一ミリも切れません」と言ってそのまま教育実習には行かなかったみたいです。

なので、B’z稲葉浩志さんが教師への道を断念した理由は、

校長先生に髪を切るように注意されたからです。

もしも、校長先生が稲葉浩志さんの長髪を注意しなければ、稲葉浩志さんはそのまま教師になっていたかもしれません。

そうなれば松本孝弘さんと稲葉浩志さんが出会うことはなく、B’zも名曲の数々も生まれていなかったことでしょう。

もちろん稲葉浩志さんは教師への道を絶たされてイヤだったと思いますが、B’zファンは校長先生に感謝しなければならないのかもしれません

B’z稲葉浩志が当時を語る

人生最大の決断は”教師にならない”

「そのときですか?ないですよ、全然。決断というか、まぁあんまり前向きじゃないかもしれないですけど、まあ”ヤメる”という、わりとハッキリした決断。一応、今までの中ではいちばんハッキリした決断。B’zを始めるときも、そこまでの決断はしてないですからね」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル42ページ

長髪を注意された稲葉浩志さんが「一ミリも切れません」と言って”教師にならない”と決断をした時は、特にミュージシャンになるとかロック・スターになるとかは考えていなかったみたいです。

ただの瞬発的なもの

「瞬間のモンですよね。瞬発力ですよ、ただその場の。誰も予想してなかったみたいです」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル42ページ

「いや、全然(笑)。な~んだろ、言われた相手に対して、ちょっとこう・・・。その場だけです。だからトランプやってるみたいなもんで、”じゃ、出しちゃうよ”みたいな。ま、向こうは痛くもかゆくもないと思いますけど(笑)」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル42ページ

B’zウルトラクロニクルのインタビュアーの佐伯明さんから、「なんでそんなに”ヤメる”っていう強い気持ちになったんですかね。」と聞かれた稲葉浩志さんは、

瞬間のモンですよね。瞬発力ですよ、ただその場の。」と答えておられます。

また、佐伯明さんから「ビックリさせてやろうとか?」という気持ちはあったのかと聞かれますが、

稲葉浩志さんは、

いや、全然(笑)とおっしゃっています。

あんまりなかったかなあ・・・/稲葉浩志

B’z ザ・クロニクル199ページ

さらに、「何か自分の中で「この先どうするのか」って一応青写真はあったんですか?」と聞かれたときも、

あんまりなかったかなあ」とおっしゃっていますので、

長髪を注意してきた校長先生に対しての反抗心からではなく、本当にその場で瞬間的に生まれた言葉だったみたいです。

言った後も平気だった

「言ってる瞬間はもう、あんまり・・・ま、言った後も平気だったから、わりと平気でしたね」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル42ページ

こうして稲葉浩志さんは、後先考えず「瞬間的に生まれた言葉」で教師への道を自ら絶ってしまってしまいました。

しかし、後悔することはなかったそうで、

わりと平気でしたね」とおっしゃっています。

音楽の道を諦めきれなかった

とりあえず先生になる気はなくなってっちゃったと。まあ自分で期限もべつに決めてたわけじゃないですけど、多少自信があったんでしょうね。一応「聴いた人はそれなりの反応を見せてくれる」みたいには思ってたので、だから諦められなかったんでしょうね、きっと/稲葉浩志

B’z ザ・クロニクル199ページ

ただ、稲葉浩志さんも教師への道を絶ったからといって、なにも他に道がなかったわけではありませんでした

当時から稲葉浩志さんが歌えば聴いた人はそれなりの反応を見せてくれていたそうです。だから、多少自信があったため

音楽の道も諦めきれていなかった

たぶんねえ。/稲葉浩志

B’z ザ・クロニクル199ページ

インタビュアーの佐伯明さんから、「じゃあ、「その長い髪をどうにかしなさい」って言われて、「髪の毛のことを言われてそれを拒否して先生にならなかった」って言われてるけど、実は「音楽の道でひょっとしたらどうにかなるかもしれない」っていうささやかな自信があったから。」と言われたときにも、

稲葉浩志さんは「たぶんねえ」と答えておられます。

そうかもしれないですね。言われてみれば、何かそういうきっかけをちょっと欲しがってたところはあるのかもしれないです。/稲葉浩志

B’z ザ・クロニクル199ページ

また、佐伯明さんから「それがたまたま髪の毛の問題に噴出しただけかもしれないと。」と問いかけられた稲葉浩志さんは「そうかもしれないですね」と答え、

言われてみれば、何かそういうきっかけをちょっと欲しがってたところはあるかもしれないです」と当時を振り返りました。

なので、稲葉浩志さんは大学在学中に小学校教員免許高等学校教員免許(数学)を取得されますが、1987年に横浜国立大学教育学部中学校教員養成課程(数学)を卒業してからは教師ではなく音楽の道に進まれます。

結果的に、何となく歩いていた教師への道をやめて、音楽の道に進めるキッカケを実習先の校長先生が作ってくれたんですね。

もちろん、その校長先生も自分が長髪を注意した教育実習生が数年後には日本を代表するヴォーカリストになるとは夢にも思ってたなかったでしょうね(笑)。

以上、B’z稲葉浩志さんの教師にまつわるエピソードをご紹介させて頂きました。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました