スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’zのファンはなぜこの本を買うのか?彼らの奇蹟の年代記「B’z ミラクルクロニクル」をご紹介します!!

知らなきゃ損する最強アイテム

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなトップアーティストB’zのデビュー20年目の年に作られた年代記「B’z ミラクルクロニクル」はご存じでしょうか。

この書籍はB’zの栄光の軌跡を追いかけた年代記ですが、B’zの20年間の音楽活動を完全に網羅しているだけでなく、

B’zがデビューするまでのエピソードや大ヒット作品の制作裏話など、

他では知り得ない内容が詰まった一冊になっています。

さらに、この書籍は大型本であり343ページもあるので読み応えがあってだれでも満足できること間違いなしです。

その分新品で購入しようとすると価格は\3,429(税抜)と少々値段が張ってしまいますが、中古でも問題がないなら、

Amazonで1円から出品されていますので、宜しければチェックしてください。

とは言え、買う前にもっと本に書かれている具体的な内容を知りたいという人もいらっしゃると思います。また、買うつもりはないけどB’zの貴重なエピソードを知りたい人もいるはずです。

なので今回は、B’zの奇蹟の年代記「B’z ミラクルクロニクル」についてご紹介します

ひとこと

B’zファン歴15年以上のボクが買って良かったと本気で思った一冊です

スポンサーリンク

B’zのファンはなぜこの本を買うのか?彼らの奇蹟の年代記「B’z ミラクルクロニクル」をご紹介します!!

『B’z ミラクルクロニクル』とは

『B’z ミラクルクロニクル』とは、

B’zの栄光の軌跡を追いかけた年代記です。

『B’z ミラクルクロニクル』は、B’zがデビュー20周年の年にソニー・マガジンズから出版されました。その5年前には同じくソニー・マガジンズからB’zの15年の奇蹟を追った年代記『B’z ウルトラクロニクル』が出版されているので、そのシリーズの2冊目でもあります。

この書籍は、B’zのデビューから20年間の音楽活動を追った年代記なので、本の仕様もB’zの音楽活動20年分に相応しいぐらい、

ボリューム満点となっております。

本のサイズ

『B’z ミラクルクロニクル』のサイズ感が伝わるように横にワンピースの単行本を並べてみました。

B5サイズの大型本とあって、タテもヨコも単行本の2倍近くのサイズ感があります。

ほんまめっちゃデカいです。

本の分厚さ

本の厚さを、同じくマンガの単行本と比べてみるとこんな感じです。

この本のページ数は343ページとなっており、横に並べているワンピース61巻のページ数が207ページなので約150ページほど多いことになります。

この厚みのすごさは写真ではあまり伝わりにくいかと思いますが、実際に本を目の前にすると、

本当にB’zが好きな人でないと読む前から心が折れてしまうような圧倒的な厚みがあります。

『B’z ミラクルクロニクル』の内容

この『B’z ミラクルクロニクル』はB’zの栄光の軌跡を追いかけた年代記なので、B’zの20年間の音楽活動を完全に網羅していており、B’zの歴史をすべて知ることができます

具体的な内容としては、この書籍語り下ろしのミラクル・ロング・インタビューが約15万文字、2003年から2008年の雑誌のインタビューが完全収録、B’zデビューから20年の間にリリースした作品の完全レビューなど、

B’zファンが知りたかったことがこれでもかっていうほど詰まった一冊となっています。

また、B’zがデビューするまでの知られざるエピソードや大ヒット曲の制作の裏話など、この書籍でしか読めない内容も沢山あるので秘話などが好きな人は楽しみながら読めると思います

『B’z ミラクルクロニクル』で読めるエピソード

『B’z ミラクルクロニクル』で読むことが出来る貴重なエピソードの一部をご紹介させて頂きます。

どのエピソードも目を輝かせて読んでしまうこと間違いなしの内容となっておりますので、B’zファンの方は是非ご覧ください。

また、過去にそのエピソードについて詳しくまとめたものも一緒にご紹介しておりますので、宜しければそちらもあわせて読んでもらえると嬉しいです。

では、さっそくご紹介させて頂きます。

松本孝弘がヴォーカルに求めていたもの

「希望はいっぱいありましたけどね。稲葉とはまだ会ったこともなかったし、人間性までは分からないから(笑)。とにかく決めたかったです(笑)。ことごとくやっぱりダメだったので、その前にデモ創った人が、多分ひとりかふたりいたと思うんですけど」/松本孝弘

B’z ミラクルクロニクル85ページ

B’zオリジナルアルバム『B’z』制作秘話

「ええ。しかもそれ以前に経験したことがないんで。意外に1枚目のときはわりと、自分でも選んだというか好きに書いて。」/稲葉浩志

B’z ミラクルクロニクル162ページ

稲葉浩志のアクシデントとは

調子に乗ってやっていたら声が出なくなって。知識がなんにもないから、すぐ声嗄れちゃうんですよ。”これだー!ポリープっていうやつだ!”って。で、病院行ったら悪いところなくて、”普通だ”って言われて(笑)」/稲葉浩志

B’z ミラクルクロニクル150ページ

稲葉浩志がTバックを穿かなくなった理由

「なんか、今ひとつ、好きにならなかったんじゃないですかね、そのスタイルを」/稲葉浩志

B’z ミラクルクロニクル107ページ

稲葉浩志が思いついたときにすること

「それはもう、昔からそうですね。深呼吸じゃないけど息を吸って吐くっていう動作を、ライブ前、思いついたときによくやってますね」/稲葉浩志

B’z ミラクルクロニクル120ページ

松本孝弘が作った罰金制のリハーサル

「ああ(笑)、あれはね、その”間違い”っていうのもいろいろあって。まぁ、ジョークだけれども、プロとして間違えちゃいけない間違いなんですよ。」/松本孝弘

B’z ミラクルクロニクル126ページ

松本孝弘のオフの日の過ごし方

僕の一日はもう、今めちゃくちゃ地味ですよ。でも、そんな日がすごく好きなんだけど(笑)。」/松本孝弘

B’z ミラクルクロニクル142ページ

B’zファンが『B’z ミラクルクロニクル』を買う理由

今回はB’zの書籍『B’z ミラクルクロニクル』についてご紹介させて頂きました。

いかがだったでしょうか?

B’zはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなくトップを走り続けている日本が誇るアーティストです。

そんなB’zがリリースした作品数は冒頭でもご紹介させて頂きましたが、シングルだけでも53枚あり、総楽曲数は350曲以上と膨大な数となっております。

しかし、B’zの歴史を追った年代記である「クロニクル」シリーズは、

たった4冊しか発売されていません

今回ご紹介させて頂いた『B’z ミラクルクロニクル』はそのうちの一冊ということになります。

そんなB’zについてのエピソードが読める貴重な本なので、当時のB’zファンは少々値段が張っても購入したんだと思います。

ボクは中古で『B’z ミラクルクロニクル』を買ったのですが「本当に買って良かった」という感想です。

きっと皆さんも本書を読み終える頃には、

B’zの曲が聴きたくてウズウズしているはずです。

まだこの本を知らないB’zが好きな人にこの本を手に取ってもらいたいという一心でまとめさせて頂きました。この記事を読んで実際に本を手に取って頂けたら、嬉しく思います。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました