スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘がシェーンとバリーについて語る「もう言うことないじゃないですか?」

B'z
この記事は約5分で読めます。

B’zとは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

当時は、CDにですね自分たちのレコーディングしたものの、ギターと歌のトラックだけを抜いたもの、要するにギターと歌のカラオケをですねCD1枚に焼いて全国を回っておりました」/稲葉浩志

B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-

さっき見てもらったテレビの出演してるやつもあれもですね見てもらったら分かるようにずっとふたりっきりでやってるんですね」/稲葉浩志

B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-

ロックユニットなので、当時はレコーディングしたものからギターと歌のトラックを抜いたCDを持って2人で活動されており、テレビ番組にも2人だけで出演されていました。

しかし、B’zの初めてのツアー「B’z LIVE-GYM #00 “OFF THE LOCK”」ではサポートメンバーを入れてパフォーマンスをされました。

それからも、ツアーやフェスに参加するときなどライブをするときにはサポートメンバーを加えることが一般化して、最終的には「バンド」の形態となりました。

そんなB’zの歴史を支えたサポートメンバーのなかでも、B’zと共に10年以上に渡りステージ上で演奏したのは、

ドラマーのシェーン・ガラース(Shane Gaalaas)さん

シェーン・ガラースさんが初めてB’zのツアーに参加したのは、「B’z LIVE-GYM 2002″GREEN~GO★FIGHT★WIN~”」ですが、それ以降も約17年間にわたってB’zのサポートメンバーとして主にドラムを務められました。

他にも2007年以降は英語の補作詞も担当されるなど、ライブのパフォーマンス意外でも多岐にわたりB’zを支えてくれました。

なんといってもB’zのキャリアの半分以上となる”17年間”B’zとともに過ごしてきた彼のB’zへの貢献度が大きいことは言うまでも無く、ファンからも彼の親しみやすい性格からとても愛されていました。

また、シェーン・ガラースさんの他にもB’zと共に10年以上に渡りステージ上で演奏した海外のサポートメンバーさんがおられます、それが、

ベーシストのバリー・スパークス(Barry Sparks)さん。

バリー・スパークスさんが初めてB’zのツアーに参加したのは、「B’z SHOWCASE 2003″BIG MACHINE”」ですが、その後2008年「B’z LIVE-GYM Pleasure 2008-GLORY DAYS-」からは2018年まで延べ10年以上にわたってB’zのベースを務められました。

このようにシェーン・ガラースさん、バリー・スパークスさん共に10年以上にわたりB’zのサポートメンバーとしてB’zと一緒に活動されました。

しかしここで気になる点がひとつ。

どうしてB’zのお二人は10年もの間、海外のメンバーをB’zのサポートメンバーとして固定していたのでしょうか。

もちろん、彼らがB’zのキャリアに残したものは多く、ファンからも愛される存在だったことは間違いないありませんが、主に日本で活動するロックユニットなのに海外の方を10年以上もサポートメンバーとして固定していた理由は何だったのでしょうか

その答えが分かるエピソードをB’zの松本孝弘さんが、B’zデビュー20周年の節目に作られた年代記『B’z ミラクルクロニクル』のインタビュー中なかで話されていました。

なので今回は、B’zの松本孝弘さんがシェーン・ガラースさんとバリー・スパークスに対して思っていことについてご紹介します☺

スポンサーリンク

B’z松本孝弘がシェーンとバリーについて語る「もう言うことないじゃないですか?」

シェーンとバリーは完璧

「そう、考えてる。で、本番までには必ず間に合わせるから。シェーンとバリーは初日から完璧ですしね

B’z ミラクルクロニクル 138ページ

B’zの松本孝弘さんは、シェーンさんとバリーさんのことを

初日から完璧

とおっしゃられる場面がありました。

B’zミラクルクロニクルのインタビューで、B’zのサポートメンバーを1番長く務めた増田隆宣さんがリハーサルでなにもしない時間があるという話について話されていました。

そのなかでシェーンさんとバリーさんの名前も挙げられ、松本孝弘さんから「シェーンとバリーは初日から完璧」という言葉があったので、彼らのプロのミュージシャンとしての自覚がB’zにとって安心できるものであったことは疑いようがありません。

「そうですね。まず、性格がいいですよね、あのふたりは。人がすごくいいし。あと、プレイはもういうことないじゃないですか?そして幅がやっぱり広い。B’zって、いろんなタイプの曲やらなきゃいけないじゃないですか?」

B’z ミラクルクロニクル 138ページ

他にも松本孝弘さんは、

彼らの人間性について「すごくいい」と感じており、プレイについても絶賛されています

バンドとして長く一緒に活動していくためには、どうしても性格が会わないと続かないと思います。さらにB’zに限っていえば、どんなタイプの曲でも対応できるスキルがないとサポートメンバーは務まりません。

なので、シェーン・ガラースさんとバリー・スパークスさんのプロのミュージシャンとして申し分ないプロ意識とクオリティ、B’zとの相性がよかったことが、10年以上にわたりサポートメンバーとして固定していた理由だと考えられます。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました