スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【B’z】日本一のヴォーカルでも緊張する!?B’z稲葉浩志がツアー中によく見る悪夢

B'z

もう悪夢が定番化し過ぎて・・・(B’z・稲葉浩志)

B’zは、ギタリスト松本孝弘とボーカリスト稲葉浩志からなる日本のロックユニットです。

1988年に1stシングルだからその手を離してと1stアルバム『B’z』の同時リリースで、デビューして以降、オリコンチャート1位やミリオンセラーなど、数々のヒット曲を世に生み出し続けています。

なかでも、1988年発売のベストアルバム『B’z The Best”Pleasure”』は日本国内の音楽史上初めて売上枚数が500万枚を越えたほか、同年発売の『B’z The Best”Treasure”』との2作品合計で約1,000万枚の売上達成の記録を打ち立てました。

また、2007年には、アジア圏のミュージシャンとしては初めて『ハリウッド・ロックウォーク』に殿堂入りも成し遂げました。その翌年2008年にはギネス世界記録から「日本でもっともアルバムを売り上げたアーティスト」の認定も受けるなど音楽界の歴史的な記録を塗り変え続けています。

それだけでなく、1989年の『B’zLIVE-GYM#00″OFF THE LOCK”』からB’zのライブは『LIVE-GYM』とタイトルがつけられるようになり、

2019年7月6日に行われた『B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love』大阪城ホールの公演で、B’zは通算1,000回目のLIVEを達成し、デビューから30年以上が経ったいまでも衰えることを知らないモンスターロックバンドです。

そんな音楽界のトップを走り続けるロックバンドのヴォーカルを務める稲葉さんはストイックな性格であることが有名で、常にB’zのヴォーカリストとしての高い意識をもち徹底した喉のケアや体調管理をされています。

しかし稲葉さんにも、ストイックなエピソードやLIVE-GYMでの完璧なパフォーマンスを観ているだけでは分からないあまり知られていない素顔があります。

今回はその素顔の中でも稲葉さんが不安や緊張からツアー中によく見る夢についてご紹介します☺

スポンサーリンク

B’zヴォーカル稲葉浩志がツアー中によく見る夢

B’zをあまり知らない人からすれば意外かも知れませんが、B’zの稲葉浩志さんがツアー中に悪夢をみることはファンの間では有名な話です。

ツアー中に見る悪夢については、稲葉浩志さん自身がインタビューのなかで話されていたり、稲葉浩志さんのことを知る有名人の口からもそのことについての証言が残されています。

ツアー前は、嫌な、歌詞を忘れたりとか衣装がなくなったりとか、セットが崩れるとかそういう夢をよく見ます。プレッシャーはよくありますよ。毎回。ツアーが始まる前の漠然としたプレッシャーと、それから本番1本ずつやるときのその本番直前のプレッシャーと、また両方あるんですけど。音出して何回もやっていくうちに、だんだんその自信っていうか、先が見えるというところではあるんですけど。やっぱり演出とか絡んでお客さんのリアクションがまだないうちは、なかなかこう、これがどうなるのかっていうのはありますよね」(稲葉浩志)

B’z TWELVE ■悪夢129ページ

B’zデビュー12周年を記念して出版されたB’z初の公式ブック『TWELVE』のなかで、稲葉浩志さんのこのようなコメントが紹介されています。

・・・何でしょうね、上手くいかないことへの恐怖心がやっぱり常にあるんじゃないですか、きっと。よくステージ上でオロオロしてる夢とかも・・・(笑)次にやる曲が決まらなくてバンドが急にステージ上で集合して相談し始めるあと夢の中で、まったく練習してないのにやってる曲があるみたいな。おっかないですよ。/稲葉浩志

B’z ザ・クロニクル131ページ

B’zデビュー30周年を記念した超豪華書籍『B’z ザ・クロニクル』のなかで、稲葉浩志さんのこのようなコメントも紹介されています。

「不安に思うことはいいんじゃない?緊張感というか、真摯に向き合っているってことじゃないかな。僕だって、ライブで歌詞を忘れる夢や、声が出なくなる夢をよく見るよ。

スポーツクイズバラエティ特別番組「クイズ!そのときスーパースターは?」

また2020年6月29日に放送された日本テレビ系列のスポーツクイズバラエティ特別番組「そのときスーパースターは?」に出演したKAT-TUNの亀梨和也さんが番組内で話されたエピソードのなかにも稲葉浩志さんの悪夢について紹介されていました。

『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-』Day4

稲葉浩志さんがよく見る夢については、2020年に5日間に渡り開催されたB’z初となる無観客配信LIVE『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-』の4日目のB’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビューの中でも稲葉浩志さんが話されていました。

【スペシャルインタビューの書き起こし】

■ツアー中にみる夢

インタビュアー:稲葉さんはよくツアー中にLIVEに関する夢をご覧になってるじゃないですか?

稲葉浩志:ツアー前とかにね、はい。

インタビュアー:今まで最大級にインパクトがあった夢とかってなにかあるんですか?

稲葉浩志:結構こじんまりしたものしか見ないんですよね、ぼく。

靴がなくなるとかね、本番前に。

あとは全員でステージで集まって曲順を相談し始めるとか、本番中に。そのやっている間にお客さん帰っちゃうとか。

そういうちょっとこじんまりした感じの夢が多いですね。

インタビュアー:今回はそういった夢は特には?

稲葉浩志:覚えてないんですよね。見てるような気がするな。もう悪夢が定番化し過ぎて・・・今回だって多分だいぶ不安はあったと思いますからね。

悪夢を見ることは悪いことじゃない

今回は稲葉さんがツアー中によく見る夢についてご紹介しました。

デビューから30年以上が経ち、1000回を越えるLIVE-GYMをしている稲葉浩志さんでもまだ不安に感じることがあるのかと驚く人もいらっしゃるかも知れません。

しかし、『初心忘るべからず』!!

どんなにLIVEを重ねても1つ1つのLIVEに真摯に向き合って取り組んでいるからこそ、不安な気持ちも生まれそれが夢にも影響して悪夢を見ているんです。

だから、悪夢を見ることは悪いことではありません。

悪夢を見てしまうほど真摯に向き合って取り組むという基本的なことを忘れないで忠実に行うことができている。

これこそがB’zが音楽界のトップを走り続けられている理由だと思います。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました