スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’zヴォーカル歴30年以上の稲葉浩志がコメント「バラード系全般にもっと技術が欲しい」

B'z
この記事は約3分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなB’zのヴォーカルを務めているのは、

稲葉浩志さん。

稲葉浩志さんは、B’zのヴォーカルとしての自覚と徹底した体調管理が有名で、リーダー松本孝弘さんからも「喉の管理や体力の維持に関しては普通の努力の仕方じゃ出来ない」と評価されているほどです。

まさに日本が誇るアーティストB’zにふさわしい素晴らしい唯一無二のヴォーカリストです。

そんなB’zのヴォーカルを務める稲葉浩志さんが、デビューから30年が経っても”歌いにくいな”と思う楽曲について話されていたのでご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

B’zヴォーカル歴30年以上の稲葉浩志がコメント「バラード系全般にもっと技術が欲しい」

B’zの楽曲で?もちろんあります。バラード系全般にもっと技術が欲しいなあというのはあります(苦笑)。それはいつも思ってます。さっきの話じゃないですけど、ワンツアーやったあとだともっと歌えるとか。わりとしっとりしたタイプの曲とか多いじゃないですか。そういうのは、こなれてくるのにちょっと時間が掛かるっていうか。要するに歌い慣れるとか、楽曲の中での歌のあり方みたいな、「こう歌うんだあ!」みたいな。」

B’z ザ・クロニクル127ページ

B’zの稲葉浩志さんが”歌いにくいな”と思うB’zの楽曲は、

バラード系全般だそうです。

B’zデビュー30周年の年に作られた「B’z ザ・クロニクル」のインタビューのなかで、「稲葉さんは自分で「歌いにくいな」と思いながらも、いい曲だから歌ってるとか、そういった曲はありますか。」という質問に対して、「もちろんあります。」と答えられており、バラード系全般にもっと技術が欲しいと思われているそうです。

「そうですね。もちろんレコーディングの中でやって、自分で「これだ!」っていうとこで止めてそれを作品として発表しているわけですけど、ワンツアーやってみたら「あ、その先があったな」みたいなこともやっぱりありますよ。」

B’z ザ・クロニクル127ページ

その理由としては、レコーディングの段階では「これだ!」と納得ができるものに仕上がっても、ワンツアーやってみたら、

あ、その先があったなと思うことがあるからみたいです。

とはいえ、バラード系全般はもっと技術が欲しいとおっしゃっている稲葉浩志さんですが、稲葉さんの歌声を聴いている身からすれば、もうこれ以上の技術は必要ないと断言が出来るほど、バラード系もしっとりと心に突き刺さる完璧な歌声です。

それでも、満足せずに上を目指すところが、

B’zのシンガー稲葉浩志さんなんだと思います。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました