スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【おすすめ本】まだ、B’z初のオフィシャルブック『TWELVE』を買っていないひとに向けて書きます

B'zの書籍知らなきゃ損する最強アイテム
この記事は約9分で読めます。

「プロを目指したのは、ギターを買ったその日から」松本孝弘

「人前で、大勢の前で歌うのは、やはり好きみたいです」稲葉浩志

B'zの書籍

B’zが好きな人にお聞きします。

ボクは、わたしは、B’zが好きだ!!という人は、1度心の中で答えてみてください!!

それでは、質問です。

「皆さんは、今年がB’zのデビュー何周年目で、シングルを何枚リリースしていて、これまで通算何回以上LIVEをしたか答えられますか?」

正解は、、、

  今年(2020年)は、B’zがデビューして32周年目の年

  最新シングルは、53rdSingle「声明/Still Alive」

  B’zLIVE-GYM 2019Whole Lotta NEW LOVE7月6日大阪城ホール公演が通算1000回目の公演

3つとも、知っていた人は、いらっしゃいますかね?!

どうでしょうか?!

そんなにマニアックな質問ではなかったので、知っている人は知っていたと思います。

中には、知らなかった人もいたと思いますが、

そんな人は、ボクと一緒にもっともっとB’z知識を増やしましょ(^^)/

では、次の質問です!!

「稲葉さんは、自分を動物に例えるならという質問を受けて、なんと答えたでしょうか?」

「自分を動物に例えるなら」と言う、どこかのいじわるな会社の面接とかで言われそうな質問に、稲葉さんはなんて答えたんでしょうね。

これはさっきの質問よりは、ちょっと難しいと思います。

でも、知っていたら周りのB’zが好きな人に教えてあげられる良い知識だと思いませんか?

皆さんどうでしょう?知っていますかね?

正解は、、、

   「表をうろうろ歩き回っている犬。部屋の中をうろうろしてソファの上に落ち着く猫」でした。

知っていた人はいらっしゃいましたかね?

知っていた人は、B’z検定があればかなり上級レベルのB’zファンだと思います!!

でも、B’zに関する知識が豊富な人がB’zファンで、そうじゃない人は違うなんてことはありません。

ぼく自身、小学生の時に父の車で流れているB’zを聴いて以来、約13年間B’zが大好きですが、B’zの知識が豊富というわけではありませんから。

だって、B’zのシングルですら、リリース順に並べるとか出来ませんし、B’zのお二人の生年月日とかも最近知ったぐらいなので笑笑

そんな感じで、

B’zが好きな人に定義なんてありません。

自分がB’zファンだと思えば、B’zファンですから(^^)/

あなたは、B’zファンでしょうか?

どうでしょう!?

ただ、B’zファンならB’zのことをっともっと知りたいですよね!!

そこで本記事では、B’zのお二人のことをもっと知りたいB’zファンにおすすめの本をご紹介します!!

さっき出題した、自分を動物に例えるならという問いに対して、稲葉さんが「表をうろうろ歩き回っている犬。部屋の中をうろうろしてソファの上に落ち着く猫」と答えた内容もこの本に書かれています!!

B’zファンにとって、知ることが出来てかなり嬉しい内容が満載です。

本記事では、そんなおすすめの本『TWELVE』の内容もまとめて書いていますので、是非、読んでもらえたらと思います。

では、さっそくご紹介していきます(^^)/

スポンサーリンク

【おすすめ本】まだ、B’z初のオフィシャルブック『TWELVE』を買っていないひとに向けて書きます

B'zの書籍

B’zオフィシャルブック『TWELVE』とは、

発売日2000/12/22
出版社祥伝社 
ページ数272ページ

商品説明

1人の天才がもう1人の天才と出会い、お互いをさらに伸ばし合い、持てる力を何倍もに増幅することに成功した最強のユニット・・・

B’zの12周年を記念して出版された本書は、これまでさまざま音楽雑誌に掲載されたインタビューやラジオの発言、ライブでのMCなどをまとめたいわゆる語録集のようなもの。

amazon.co.jpB’z-TWELVE(日本語)単行本-2000/12/22

出版社からのコメント

B’zのこだわり、忘れられないこと、そして彼らからしか生まれてこない数々の言葉は、B’zの音楽を愛する人のみならず、何かに迷ったとき、勇気を必要としたとき、つらいことがあったとき、彼らがこれまで、そしてこれからもずっと聴かせてくれる音楽と同様に、その「言葉」からは多くの力を得ることができるに違いない。

いつまでも「永久保存版」として読み返して近くにおいておきたくなる、と同時にB’zのこれまでの作品がページをめくると聴こえてくるような、、、。そんな一冊に。

amazon.co.jpB’z-TWELVE(日本語)単行本-2000/12/22

B’zオフィシャルブック『TWELVE』内容

この本は、大きく分けると松本孝弘・稲葉浩志,Guitarist&Vocalist,Live,Discography,Life5つのテーマに分けられていて、各テーマに沿った内容が書かれています。

書かれている内容とは、これまで音楽雑誌で掲載されたインタビューやラジオでの発言、LIVE中の発言が中心になっています。

松本さんの発言が書かれている場合は、文章の最後に『m』

稲葉さんの場合は、『i』と書かれているので、

これはどっちの発言なんやろ

と、頭の中がごちゃごちゃになる心配はございません!!

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力

この『TWELVE』は、ファンにとって待望のB’z公式本であり、B’zデビューから12年間をまとめた内容の本になっています。

そのため、B’zファンにとってたまらない一冊になっているのは間違いありません。

ボクもB’zファンとして、目を輝かせながら読みました。

この本を読み終える頃には、もっとB’zのことが好きになっているぐらいものすごく魅力の詰まった一冊になっています。

だから、この本の魅力をすべて語り尽すことはできませんが、

ボクがこの本を読んで特に、魅力を感じた点を5つにまとめましたのでご紹介します!!

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力①違う聴き方や見方ができるようになる

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力1つ目は、違う聴き方や見方ができるようになることです。

この本では、松本さん、稲葉さんが発言された言葉と一緒に、発言したときの西暦も一書かれています。

なので、自分でB’zがリリースした曲や行われたLIVEの西暦を調べて、この本に書かれている西暦と照らし合わせることで、

このLIVEツアーを回ってるとき、松本さんこんなこと考えておられたんや

このアルバムを作ってたとき稲葉さん苦労されてたんや

とかを知ることが出来るんです!!

それを知った後で、改めてそのアルバムを聴いたり、そのLIVEが映像化された作品を観るとこれまでとは、また違った聴き方や見方ができるので面白いですよ!!

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力②曲に込められた意味を知ることができる

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力2つ目は、曲に込められた意味を知ることができるところです。

この本の、4つ目のテーマである「Discography」のページでは、B’zの曲作りにおける姿勢や曲に込められた意味などがB’zのお二人の言葉で書かれています。

少し、ご紹介すると、、、

・『LADY NAVIGATION』について

「テーマとしては、、、自分の価値観を持ってきれいに生きてる人」(i)

・『ZERO』について

「これは、スタジオから家に帰る僕そのものといってもいいでしょうね」(i)

・『RUN』

「これは、俺たちのチームの歌だと思ってる。B’zのチームの歌」(m)

シングル曲11曲のタイトル・歌詞に込められた意味や全アルバム11枚、ミニ・ベストアルバムに対してあるテーマを知ることが出来ます。他では、知れない貴重な制作秘話ばかりなので、興奮必須です!!覚悟して読んでくださいね。

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力③より深くお二人のことを知ることができる

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力3つ目は、より深くお二人のことを知ることができるところです。

この本の、1つ目のテーマである「松本孝弘・稲葉浩志」のページでは、松本さん、稲葉さんお二人とも、自分の性格からいま思っていることまで、自分自身のことを赤裸々に話してくれています。

また、松本さんが稲葉さんをどう思っているか、逆に稲葉さんが松本さんをどう思っているか、など、初対面したときの印象から尊敬しているところまで、お互いについて語り合っています。

B’zのお二人の幼少期のエピソードや性格の話、お互いが思っていることなど他では聞けない貴重な話を知ることができるんです。

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力④気になる話を知ることが出来る

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力4つ目は、気になる話を知ることが出来るところです。

この本の、2つ目のテーマである「Guitarist&Vocalist」のページでは、松本さんの曲の作り方や稲葉さんの歌詞の書き方が詳しくお二人の言葉で書かれています。

実は、メロディを作ったときに稲葉さんに聴いてもらうのが恥ずかしかった松本さんの話や、

実は、初めの頃と変わっている稲葉さんの歌詞の書き方の話なんかも書かれています。

B’zのファンなら気になる話が約60ページに渡って、書かれているんです!!

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力⑤もっと、B’zを好きにさせてくれる

B’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力5つ目は、もっと、B’zを好きにさせてくれるところです。

ここまでB’zオフィシャルブック『TWELVE』の魅力を4つご紹介しました。

もう、気づいている人もいるかと思いますが、

この一冊には、貴重なお二人の言葉がめちゃめちゃ書かれているので、読めば間違いなくこれまで以上にB’zのことが好きになっちゃうんです!!

もうこれは断言できます!!!

あなたが好きなB’zをもっと、好きにさせてくれる一冊です。

いますぐ、書店へ

本記事では、まだB’zのオフィシャルブック『TWELVE』を買っていない人に向けて、この本の魅力をご紹介しました。

買って損は、絶対にしない内容になっています。

B’zが好きな人で、まだこの本を読んだことがない人には、ぜひ手に取ってもらいたいなと思います。

この記事がそのキッカケになればめちゃめちゃほんまに嬉しいです!!!

本記事を、最後まで読んでくださりありがとうございました(^^)/

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました