スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【たられば話】松本孝弘はセッションミュージシャンに戻っていた!?もしもB’zがアルバム3枚で売れていなかったら

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、6枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

しかし、デビュー当時のB’zも例に漏れず、

成功が約束されていたわけではありませんでした

まずはとにかく「ヒットさせたい」っていうのがあって/松本孝弘

B’zザ・クロニクル102ページ

当時、音楽業界では“アルバムを3枚リリースするまでにヒットしなければ、レコード会社から見切りをつけられる”と言われていたため、B’zのメンバー松本孝弘さんはなんとか3枚目のアルバムをリリースするまでに自分のバンドを売れさせるという明確なビジョンをもっていました。

そして、結果的にB’zが実験的に発売したミニ・アルバム『BAD COMMUNICATION』がロングヒットしていたことが影響して、3枚目のオリジナルアルバム『BREAK THROUGH』がB’z初のベスト3入りを果たすオリジナルアルバムとしては初めての大ヒットとなったので、生き残ることができました

しかし、もちろんB’zの音楽が受け入れられない可能性もあったので、B’zの松本孝弘さん、稲葉浩志さんは、

もしもB’zがアルバム3枚で売れなかったらという話をしていたそうです。

では一体、B’zのお二人はB’zがヒットしていなかったらどんな道に進むことになっていたのでしょうか?

今回は、B’zがアルバム3枚で売れていなかったときのたられば話についてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

【たられば話】松本孝弘はセッションミュージシャンに戻っていた!?もしもB’zがアルバム3枚で売れていなかったら

B’zがアルバム3枚で売れていなかったら

当時はよくシャレで、アルバム3枚で売れなかったら僕はセッションミュージシャンに戻って、稲葉くんは塾の先生をやって・・・。/松本孝弘

B’zザ・クロニクル136ページ

B’z ザ・クロニクルのなかで、「B’zが受け入れられなかったら松本さんはどうなってました?」と質問を受けた松本孝弘さんは、「当時はよくシャレで」と前置きして、

僕はセッションミュージシャンに戻って、稲葉くんは塾の先生をやって・・・と答えられました。

意外と知られていませんが、B’zはデビューからヒット曲を連発していたわけではなく、B’zのデビュー作品「だからその手を離して」「B’z」もヒットとはなりませんでした

なので、松本孝弘さんと稲葉浩志さんは3枚のアルバムで売れずにレコード会社に見切りを付けられたときの話を冗談でしていたそうです。

実際、松本孝弘さんは「B’z」を結成するまでは、プロのセッションミュージシャンとして「浜田麻里」さん「TM NETWORK」さんをはじめとするミュージシャンのツアーサポートやスタジオ・ミュージシャンとして活動しておりましたし、

稲葉浩志さんもある出来事がきっかけで教師にはなられませんでしたが、教師を目指していた時期があり、横浜国立大学在学中には教員免許も取得されております。

B’zが売れていなかったらというのは万が一にもあり得ないたられば話ですが、もしもB’zが3枚のアルバムで売れていなかったら、

松本孝弘さんはセッションミュージシャン稲葉浩志さんは塾の先生になっていたのかもしれません。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました