スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

トップアーティストでも悩みはあるのか!?松本孝弘、稲葉浩志がB’zを結成して失ったもの

B'z
この記事は約5分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなトップアーティストB’zは収入も桁違いであり、長者番付から推定された生涯年収は松本孝弘さん、稲葉浩志さんともに60億を優に超えておられます。

しかし、収入こそ増えるものの有名になればなるほど一般人には想像もできない苦労や悩みも生まれるはずです。

では、日本を代表するロックユニットとして音楽界の第一線でデビューから約33年間活動されているB’zのお二人にもメジャーになってしまったが故の苦悩はあったのでしょうか。

今回は、B’zを結成して失ったものについて詳しくまとめてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

トップアーティストでも悩みはあるのか!?松本孝弘、稲葉浩志がB’zを結成して失ったもの

出典:B’z Official Website (bz-vermillion.com)

リーダー松本孝弘が失ったもの

「失ったもの・・・でもなあ、多少忙しくても好きでやってることだからねぇ。B’zで得たものはホントに多いと思うけど、失ったものはないよね。んー(しばらく考えて)ちょっと思い当たらないね、なくなったもの、失くしちゃったものというか。」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル35ページ

B’zのリーダー松本孝弘さんが、B’zを結成して失ったものは、

なにもなく、思い当たらないそうです。

松本孝弘さんは、B’zウルトラクロニクルのインタビュアー佐伯明さんから、「B’zをやって失ったものってありますか。」と質問を受けたときに、「ちょっと思い当たらないね、」とおっしゃっています。

その理由は、松本孝弘さんのなかでのB’zの認識が、

好きでやってることにあたるから。

もちろん、多忙なときは自分のプライベートの時間が取れないとか、B’zとして音楽活動をしているからこその影響はあるはずです。

しかし、松本孝弘さんの根底には”B’zの音楽活動は好きだからしている“という気持ちがあるため、B’zとして活動していたからこそ得られたと感じることはあっても、失ったと感じるものは思い浮かばないんだと考えられます。

また松本孝弘さんは、自分が好きな音楽活動を続けられるのは、ファンの人たちが応援してくれるからだと思っておられるそうで、その応援に対して「曲やツアー」という形でファンに返したいと思われています。

ヴォーカル稲葉浩志が失ったもの

失くしたもの。んー、思い当たらない」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル70ページ

B’zのヴォーカル稲葉浩志さんが、B’zを結成して失ったものは、

思い当たらないそうです。

まさかの松本孝弘さんと全く同じ回答でした。

稲葉浩志さんは松本孝弘さんと同じく、B’zウルトラクロニクルのインタビュアー佐伯明さんから、「失くしたものはありますか、B’zやって」と質問を受けたときに、「んー思い当たらない」とおっしゃっています。

残念ながら稲葉浩志さんのコメントは以上なので、B’zをやって失ったものが思い当たらない理由については何も明らかにはなっていません。

しかし、B’zファンなら分かると思いますが、稲葉浩志さんがB’zをやって失ったものが思い当たらない理由はきっと松本孝弘さんと同じだと予想されます。

稲葉浩志さんも高校生の時に文化祭のステージに立ったことから、人前で歌うことに快感を覚え、大学卒業後はヴォーカルスクールに所属して、“稲葉バンド”として活動をしたのちに松本孝弘さんとB’zを結成されました。

なので、基本として稲葉浩志さんは歌うことが好きなので、”B’zの音楽活動は好きでやっている“という感覚に近く、そこに付随する問題や障害はあまり気にならないんだと思います。

意外にも松本孝弘さんと稲葉浩志さんの回答は全くの同じで、「B’zをしていて失ったものは思い当たらない」との答えでした。そして、その理由は音楽活動の根底にある”好きでしていることだから“という気持ちにありました。

本当に好きで楽しみながらしている活動はただ見ていても伝わりますし、心に響くと思います。

これがB’zが約33年間もの間、ファンから愛され続けている理由のひとつなのかもしれません。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました