スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

兄貴肌?リーダーシップ力はある?B’z松本孝弘の知られざる意外な素顔

B'z
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

B’z(@bz_official_insta)がシェアした投稿

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

ちなみに年収も桁違いとなっています。

過去にB’zの生涯年収や資産についてまとめさせてもらったので、興味のある方はきっと楽しく読めると思います。宜しければご覧ください。

しかし、B’zは日本を代表するトップアーティストでありながら、

世間からのイメージはあまりよくないようです。

僕らって、なぜか先入観で見られてるところがあるみたいですね。実際に聴いてみたら、思ったよりデジタルっぽくないとか、思ったよりハードだったとか・・・。実際に会うと思ったよりしゃべるとか、思ったより恐くないんですねとか、けっこうそういうのって多いんですよ」/稲葉浩志

B’z TWELVE 58ページ

実際にB’zのヴォーカル稲葉浩志さんもこのようなコメントを残されていますし、勝手によくないイメージがついているみたいです。

また2015年1月に放送された、DREAMS COME TRUEの中村正人さんが司会を務めていた音楽番組「LIVE MONSTER」にB’zが出演したことがありました。

その際に「緊急企画B’z秘密の素顔を暴く」と題しまして、街頭調査で『B’zのイメージ』についてアンケートが行われたのですが、

「ミステリアス」「オープンカーでバリバリ音楽を流しながら乗ってそう」「バスローブ着てそう」「近寄りがたいイメージ」などという回答が一般の方々から寄せられました。

もちろん、この回答が世間からのイメージの全てではありませんが、世間一般から見てB’zはあまり親しみやすい存在ではないのかもしれません

確かに彼らはメディア露出の頻度も低く、音楽番組に出演したときにもあまり多くは話されないので、どうしても近寄りがたいイメージがついてしまうのは仕方のないことだと思います。

では本当にB’zのお二人は”世間一般に抱かれているイメージ“通りなのでしょうか。

今回はB’z松本孝弘さんの意外と知られていない素顔についてご紹介させて頂きます。

ひとこと

もしかすると、松本孝弘さんに対するイメージが変わる人もいるかもしれません

ちなみにB’zのヴォーカル稲葉浩志さんのあまり知られていない素顔についてもまとめさせて頂いております。

稲葉浩志さんの完璧なパフォーマンスをテレビ番組やLIVE-GYMで見ているだけでは分からない彼の魅力なので興味のある方は宜しければご覧ください。

スポンサーリンク

兄貴肌?リーダーシップ力はある?B’z松本孝弘の知られざる意外な素顔

B’z松本孝弘の素顔について

あまり知られていない松本孝弘さんの素顔について、

過去の松本孝弘さんのコメントB’zの関係者からのエピソードを元にまとめさせて頂きました。

主にB’z初のオフィシャルブック『B’z TWELVE』、初代”クロニクルシリーズ”の『B’z ウルトラクロニクル』、デビュー20周年の年に作られた『B’z ミラクルクロニクル』、デビュー30周年を記念した超豪華本『B’z ザ・クロニクル』の内容を引用しながら詳しくご紹介しております。

B’zファンでも意外と知らない松本孝弘さんの素顔も明らかにしておりますので、松本孝弘さんに対するイメージが変わる人もいるかもしれません。

では、さっそくご紹介させて頂きます。

飽きっぽい

あきっぽい」/松本孝弘

B’z TWELVE 14ページ

B’z結成12周年を記念して出版されたB’z初の公式ブック『B’z TWELVE』には、「短所は?」という質問に「あきっぽい」と答えられた松本孝弘さんのコメントが残されています。

脳天気で明るいけど、神経質なところもある

「A型の牡牛座。けっこうそれは反映されているよね。すごく几帳面だと思うけど、ボカッと雑なところもあって。両極なんだよ」/松本孝弘

B’z TWELVE 30ページ

「普段はノーテンキなんだけど、音楽をやるとけっこうメロディックになっちゃうんだよね」/松本孝弘

B’z TWELVE 16ページ

「僕は昔から”絶対こうするぞ!”ってタイプじゃないけどね。”そうなればいいなぁ”って思う程度のことで」/松本孝弘

B’z TWELVE 16ページ

基本的には明るいと思うんだけど。でも、けっこう神経質なところもある。たとえば、意外に家の中をきれいにしているってよくいわれる。」/松本孝弘

B’z TWELVE 15ページ

松本孝弘さんは自分の性格について、

ボカッと雑なところもある」「普段はノーテンキ」「基本的には明るい」とおっしゃっています。

しかし、脳天気な明るいだけの性格ということではなく、几帳面で神経質な一面もあるみたいなので家の中も綺麗に片付けておられるそうです。

ただ、知人や関係者からすると松本孝弘さんには「雑」「ノーテンキ」といったイメージが濃くついているそうで、自宅に呼んだときに家の中がきれいで驚かれることがあるみたいです。

慎重にものを選べる感覚のある人」/稲葉浩志

B’z TWELVE 31ページ

また稲葉浩志さんは松本孝弘さんのあまり知られていない一面にも気がついておられるそうで、松本孝弘さんに対して「慎重」という言葉を使われています。

仲間想い

これは番組中にでてきた話なんですが、「ツアー中は稲葉の喉のことを考えて冷房をつけない。みんなで汗かいてメシ食っても平気

B’z TWELVE 40ページ

B’zのヴォーカルを務めている稲葉浩志さんは、B’zのヴォーカルとしての自覚徹底した体調管理が有名で、松本孝弘さんからも「喉の管理や体力の維持に関しては普通の努力の仕方じゃ出来ない」と評価されています。

その稲葉浩志さんのストイックなエピソードとしては、ツアー中は真夏でも控え室のエアコンは使わない廊下からの冷気を防ぐためにドアに粘りをする胃腸を冷やさないように夏でもよく鍋を食べるといった話が有名ですが、

松本孝弘さんもツアー中は、

稲葉浩志さんの喉のことを考えて冷房をつけないこともあるそうです。

もちろん、ツアーは年中問わず行われるので、冷房をつけないと汗をかきながら食事をしなければいけないときもあるでしょう。

それでも冷房はつけずに一緒に汗をかきながら食事をしても平気と言い切れてしまうのは、松本孝弘さんが仲間想いな性格をしているからだと思います。

あんまりギタリストっぽくない

「まず最初に(松本)に会ったとき『あんまりギタリストっぽくない人だなァ』と思いました。僕もそんなに経験があるわけじゃないけど、それまで知っていたギタリストは『オレはギタリストだ』みたいなところがあって、あんまり音楽全体を見通して考える感覚がなかったわけです。ところが松本さんはそういうタイプじゃなかった。」/稲葉浩志

B’z The Book Treasure 8ページ

B’zのヴォーカル稲葉浩志さんは、松本孝弘さんの第一印象は『あんまりギタリストっぽくない人』と思ったそうです。

その理由は、稲葉浩志さんがそれまでに出会ったギタリストと比べて、松本孝弘さんは音楽全体を見通して考える感覚をもっている人だったから。

確かにロック・バンドのギターと言えばバンドの花形でもあるので自己主張の強い人が多いイメージがありますが、松本孝弘さんは超一流のギタープレイヤーでありながらその枠に囚われずに視野を広く持てるお方だそうです。

社交的なタイプ

メシ食いにいかない?」収録が終わった後、声をかけてもらったんですが、「はい、大丈夫ですよ」とご一緒させてもらいました。当然、松本さんのスタッフの方も一緒だと思っていたら僕ら二人だけだったんです。

最近人に聞いたんだけど、おいしいところがあるんだって」すごく気さくな感じで、いやぁ、いいのかなぁと僕としてはなんともいえない状態でした。

B’z TWELVE 27ページ

番組の、仕事の話はしなかったですね。なんだかよもやま話になってしまって。

B’z TWELVE 27ページ

すでにB’zとして日本の音楽シーンを席巻していた松本孝弘さんが自ら声を掛けて食事に誘っていたエピソードが残されています。

さらに、そのときは仕事の話はせずに世間話ばかりしていたそうです。

このエピソードからも松本孝弘さんが、

社交的なタイプであることが伝わります。

兄貴肌がある

「稲葉をよろしくお願いします」

デビュー当時、松本君からもらった年賀状にはこう書いてありました。あの頃は、稲葉君に気を遣ってというか、盛り立ててくださいという松本君の兄のような気持ちを感じました

B’z TWELVE 33ページ

デビュー当時、松本君は稲葉君のことを心配していました。

「何か機会があったら本でも貸してあげてください」そういわれて驚いた記憶があります。

B’z TWELVE 44ページ

松本孝弘さんをよく知る関係者は、

松本孝弘さんに兄貴肌を感じることがあったみたいです。

特にデビュー当時は、松本孝弘さんは年齢もプロ経験も稲葉浩志さんよりも重ねていたので、そういう風な気持ちになっていたのかもしれません。

しかし、自分だけが目立てば良いという考え方を持っているなら、周りの人間のことは気に掛けないので、やっぱり松本孝弘さんには兄貴肌があると思います。

メリハリがあるタイプ

松本孝弘さんは、レコーディングの作業が進まないときはパッと作業をやめて飲みに行ったり、帰ることがあると過去のインタビューで答えておられます。

上手くいかないときに作業をダラダラと続けても無駄に時間を消費したり、完成度の低いものが生まれてしまう場合が多いと思います。

ですが、松本孝弘さんは作業が進まないときはやめることもあるそうなので、

メリハリがあるタイプだと思われます。

意識して楽しんだり、ポジティブに考える

「物事をネガティブに考えていると、どんどんどんどん自分から逃げていってしまうと思う。だから、仕事もそうだし、誰かと会ったりするこの時間をこの人と過ごしてる時間を楽しんで、できるだけ意味のある時間にしたいなというふうに考えています。ポジティブにポジティブにね」/松本孝弘

B’z TWELVE 46ページ

「普段は、たとえばネガティブに”もしあの時こうしておけばよかったのにな”とそういうことは思わない。思わないようにしている。」/松本孝弘

B’z TWELVE 49ページ

松本孝弘さんは自分の性格について「基本的には明るい」とおっしゃっていますが、さらに意識して「ポジティブ」に考えておられるそうです。

これについてB’zのファンなら心当たりがあると思いますが、松本孝弘さんの発言やメッセージには

楽しんで」「楽しみながら」という言葉がよく使われております。

また、松本孝弘さんは『B’zをやってきてよかったと思うこと』にもその表現をされておられるので、やっぱり何事も楽しみながらしているんだと思われます。

リーダーシップがある

松本孝弘さんの魅力を語る上で欠かせないのが、

リーダーシップ力です。

例えば、稲葉浩志さんが作詞作業に悩んでいるときは食事に誘ったり、バンドメンバーの意識を高めるために罰金制を作ったり、将来のことを考えてバンドのルールを決めたり・・・

時には、憎まれ役になることもあったと思われますが、松本孝弘さんにはリーダーシップ力があったからこそみんなをうまくまとめて引っ張って行くことが出来たんだと思います。

意見はハッキリ言えるタイプ

昔はよくケンカになったけどね、お互いが大人になって。彼とはよくケンカになったよね、昔ね」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル 32ページ

松本孝弘さんは自分の意見はしっかり主張できるタイプです。

しかし、そのせいでケンカになった経験もあるそうで、実際サポートメンバーである増田隆宣さんとよくケンカしていたエピソードも残っています。

1度決めたら意思は固いタイプ

で、そのとき、”自分だけのバンドを作る”って」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル 8ページ

プロの世界でセッションギタリストとして活動していた松本孝弘さんは、”自分だけのバンドを作る“と決めてメンバー探しを始めます。

その後、松本孝弘さんは自身のバンドを結成するために何人かとデモは創ったそうですが、相手にスキル的なものが足りなかったり、人間性的なものが合わなかったりで希望するヴォーカルと出会えませんでした

しかし、諦めずにメンバー探しを続けたからこそ『ビーイング音楽振興会』に所属していた稲葉浩志さんと出逢い、ロック・ユニットB’zを結成することができたんです。

このエピソードからも松本孝弘さんが1度決めたら意思は固いタイプなのではないかと思いました。

日々の練習は怠らないタイプ

松本孝弘さんは、音楽専門学校「ミューズ音楽院」に入学しますが、すでにギターの技能が非常に高かったため講師からプロになることを勧められて中退したという伝説のエピソードがあります。

また、松本孝弘さんはラリー・カールトンさんとの共作『テイク・ユア・ピック』で米音楽業界最大の祭典『第53回グラミー賞』の「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」賞を獲得されておられますので、間違いなく、

名実ともに日本を代表するギタリストです。

それでも、ファンの期待に応えられる演奏をし続けるために日々の練習を欠かさずしたり休みの日も練習をしたり、納得が出来ていない曲をホテルの部屋にこもって早朝から練習したり、LIVEで100%のパフォーマンスをするために普段から練習を重ねておられます

松本孝弘さんの人間性を知ると惚れてしまう

トップを走り続ける伝説のバンドB’zのリーダーであり、ギターを務める松本孝弘さんのあまり知られていない意外な素顔についてご紹介させて頂きました。

皆さんが松本孝弘さんに対して抱いていたイメージとは同じだったでしょうか?違うかったでしょうか?

ただ今回は松本孝弘さんの過去のコメントなどを参照してまとめましたが、あくまでもボクの個人的な考察によるものなので間違っているものもあるかもしれません。

しかし、松本孝弘さんが魅力溢れる人間性があるということは、

B’zが30年以上ファンから愛され続けているということが証明していると思います。

そんな松本孝弘さんの人間的な魅力を感じながら、

これからもB’zと共に生きていきましょう

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました