スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘が作った罰金制のリハーサル「間違えたら1000円ね」

B'z
この記事は約5分で読めます。

B’zとは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

そんなB’zのライブツアーは本数が多いことも特徴であり、B’zが“LIVE-GYM”と冠するライブは2019年7月6日に行われた『B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love』大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにB’zは多くのライブを開催しておられますが、ファンをガッカリさせるようなパフォーマンスは一度もしたことがありません。

その理由としては、彼らのプロの意識によるものが大きいと考えられます。

例えば、B’zのヴォーカル稲葉浩志さんのなかにある“B’zのヴォーカルとしての自覚”は相当なもので、松本孝弘さんも「稲葉さんを一言で言うと?」という質問に対して「パッと思いつくのはストイック」と答えており、彼がしている喉の管理や体力の維持に関しては普通の努力の仕方では無理だと思うとコメントしています。

その稲葉浩志さんのストイックなエピソードとしては、ツアー中は真夏でも控え室のエアコンは使わない、廊下からの冷気を防ぐためにドアに粘りをする、胃腸を冷やさないように夏でもよく鍋を食べるといった話が有名です。

さらにはこの努力の上にゲンまで担ぐ徹底ぶり。

また、B’zのギタリスト松本孝弘さんもツアー中は、オフの日でもギターの練習は必ずしておられるそうです。

このようなエピソードからB’z松本孝弘さんと稲葉浩志さんのプロとしての意識は伝わりますが、このプロとしての意識から生まれたルールがあることをご存じでしょうか。

自分たちのバンドにそのルールを課していたからこそ、ツアーで大きなミスをしなかったといっても過言ではありません。

今回は、松本孝弘さんのプロ意識から生まれた”罰金制のリハーサル”についてご紹介します☺

スポンサーリンク

B’z松本孝弘が作った罰金制のリハーサル「間違えたら1000円ね」

罰金制のリハーサルとは

「ああ(笑)、あれはね、その”間違い”っていうのもいろいろあって。まぁ、ジョークだけれども、プロとして間違えちゃいけない間違いなんですよ。〈MONSTER〉の、♪ダダダダダ ダダダダダ、って。あれ、次2回行くのかな?って思ったら1回だったり、イレギュラーじゃない?だからこそあそこって、間違えたら、ものすごい、どんな素人が聴いてもわかるわけじゃないですか?ああいう間違いってね、やっぱり絶対しちゃいけないんですよね。プロは。ときどきするけどね(笑)」/松本孝弘

B’z ミラクルクロニクル126ページ

松本孝弘さんのプロ意識から生まれた罰金制のリハーサルについては、B’zデビュー20周年の節目に作られた年代記『B’z ミラクルクロニクル』のインタビューのなかでも話題が上がっておりました。

松本孝弘さんは「松本さん自身も、「間違える」っていうことを、すごく嫌うじゃないですか?「間違えたら1000円」とか、昔メンバーに言ってたじゃないですか(笑)。」と言われたときに、

プロとして間違えちゃいけない間違いなんですよと答えながら、その間違いとは〈MONSTER〉の入りの部分のことだとおっしゃっています。

つまり、松本孝弘さんのプロ意識から生まれた罰金制は、

B’z LIVE-GYM 2006 “MONSTER’S GARAGE”のリハーサルで課されていたみたいです。

松本孝弘さんのなかでは”間違い”にはいろいろあり、間違いも絶対にしてはいけないわけではないけど、誰が聴いても気がついてしまう間違いはプロとしてやってはいけないとおっしゃっています。

言葉で表現するのは難しい”間違い”

「たとえば、長いツアーの中でコード1カ所間違えたとか、そんなことはあっていいんですよ。それよりももっとやっちゃいけないミスっていうのが僕の中にあって。なかなかそれを言葉で表現するのが難しいんだけど。ミスにもいろいろあるんですよ。別に大勢に影響がないものと・・・”これはやっちゃいかんだろう”と、自分の中でね。そういうのは結構大きいですね。あと引きずったりするから(笑)」/松本孝弘

B’z ミラクルクロニクル127ページ

やってはいけない間違いは、誰が聴いても気がついてしまう間違いだけではないそうで、

言葉で表現するのは難しいけどミスにもいろいろあるとおっしゃっています。

また、自分の中での”これをやっちゃいかんだろう”というミスをしてしまうと、あとにも引きずってしまうそうです。

今だったら相当罰金払わなくちゃいけない

B’z初の無観客ライブ「B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-」の直前に配信されたB’zファンクラブ会員限定のスペシャルインタビューの中で、『罰金制のリハーサル』についても話されておりましたのでその内容をご紹介します。

■罰金制のリハーサル

インタビュアー:“MONSTER’S GARAGE”のツアーでですね、珍しく松本さんがもう罰金制を課していた、と覚えてらっしゃいますか?

松本孝弘:罰金制?

インタビュアー:はい。間違ったら1,000円取るぞと。

松本孝弘:おれそんなこと言ったら、今だったら相当罰金払わなくちゃいけなくなっちゃう。そんなこと言ってたっけ。

インタビュアー:〈MONSTER〉の入りがたぶん、リズムが難しかったようでよく皆さん間違えてたそうなんです。

松本孝弘:ああ!!その曲に限って!

インタビュアー:はい、その曲に限って。

稲葉浩志:ああ決めのとこね。確かにね、そうだね。

松本孝弘:なるほど

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました