スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z稲葉浩志が明かす、ストイックな管理をする理由「B’zというバンドでこういうスタイルでやっているから」

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zとは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

B’zはデビュー以来、約33年間は音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

また、B’z5枚目のシングル「太陽のKomachi Angel」で初めてオリコンチャート1位を獲得して以降は49作連続で1位を獲得しており、現在も記録を更新中です。

B’zの偉大な記録はセールスだけに留まらず、『LIVE-GYM』と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた『B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love』大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

B’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るロックユニットです。

出典:B’z Official Website

そんなB’zのヴォーカルを務めている稲葉浩志さんは“B’zのヴォーカルとしての自覚”を持たれており、ストイックな喉の管理体調管理で高いパフォーマンスを維持されております。

その稲葉浩志さんのストイックなエピソードとしては、ツアー中は真夏でも控え室のエアコンは使わない、廊下からの冷気を防ぐためにドアに粘りをする、胃腸を冷やさないように夏でもよく鍋を食べるといった話が有名です。

また、松本孝弘さんも「稲葉さんを一言で言うと?」という質問に対して

パッと思いつくのはストイックと答えており、彼がしている喉の管理や体力の維持に関しては普通の努力の仕方では無理だと思うとコメントしています。

このように稲葉浩志さんのB’zとしての自覚ストイックな管理は、常人には真似が出来ないレベルのものとなっておりますし、B’zファンの間でもよく知られています。

しかし、これ程徹底した管理をする理由はどこから生まれているのでしょうか

その理由がB’zデビュー20周年の節目に作られた年代記『B’z ミラクルクロニクル』のインタビューのなかで紹介されていたのでまとめさせて頂きました。

今回は、B’z稲葉浩志さんが徹底した管理をする理由についてご紹介します☺

スポンサーリンク

B’z稲葉浩志が明かす、ストイックな管理をする理由「B’zというバンドでこういうスタイルでやっているから」

B’zのヴォーカルなら徹底した管理が必要

「ええ。それは本当に、B’zというバンドでこういうスタイルでやってるから、だからやらなきゃならないこと。ということでは本当に、通常からいくと必要ないこともいっぱいありますけど」/稲葉浩志

B’z ミラクルクロニクル177ページ

B’zの稲葉浩志さんは、アーティストの活動を続けるには各アーティストのスタイルを維持できるほどの努力が必要だと考えておられるそうで、B’zにとってのそれは通常通りじゃだめとおっしゃっています。

つまり、驚異的なB’zとしての自覚からなるストイックな管理をする理由は、

B’zというバンドのスタイルを維持させるためだと思われます。

もっと言ってしまえば、ファンの期待に応え続けるために普通の努力以上のストイックな努力を重ねて下さっているんです。

さらに、稲葉浩志さんは自分で出来る努力は全てする上にゲンまで担いでステージに上がられるみたいです。

ですがここまで慎重になって徹底的にしてしまうのは、稲葉浩志さんの意外な素顔が関係しているのかも知れません。

もし、完璧でカッコいい稲葉浩志さんしか知らない方はコチラも合わせてご覧ください。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました