スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘「そのとき、”自分だけのバンド作る”って」彼が自分のバンドを作りたいと思った瞬間

B'z
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ロックユニット・B’zとは

出典:B’z Official Website (bz-vermillion.com)

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

松本孝弘が自分のバンドを作りたいと思った瞬間

「TMネットワークやってね、今でも憶えてるんだけど、武道館で宇都宮(隆)さんの背中を見たときに、僕もうヤメようと思いましたね。」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル8ページ

「それで武道館の1曲目が<GET WILD>だったんだけど、宇都宮さんの背中見てるときに、僕もうバック・バンドやめようと思ったの、なぜか。”もうここまでやったからいいかな”っていう。で、そのとき、”自分だけのバンド作る”って」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル8ページ

B’zの松本孝弘さんが自分のバンドを作りたいと思った瞬間は、

TMネットワークのバック・バンドとして参加した武道館で宇都宮 隆さんの背中を見たときだそうです。

当時の松本孝弘さんは、プロのギタリストとして「浜田麻里」さん「TM NETWORK」さんをはじめとするミュージシャンのツアーサポートやスタジオ・ミュージシャンとして活動されていました。

会社に所属したばかりの頃は、音源を残すようなスタジオでの仕事が多かったそうですが、次第にライブの仕事が増えて、スタジオの仕事よりもライブの仕事が中心となります。

そして、浜田麻里さん、TM NETWORKさん、ベーシストの鳴瀬喜博さんをリーダーとして活動した”うるさくてゴメンねBAND”の3つのグループで同時にセッションギタリストとして活動していた頃は、年間120本ぐらいライブをやっていたみたいです。

単純に計算してもライブを3日に1回していたことになります。

そんなライブ漬けの日々を過ごしていた松本孝弘さん。

そのライブの1つとして参加したTM NETWORKさんの武道館公演で、ヴォーカルの宇都宮 隆さんの背中を見て、理由はなく「もうバック・バンドやめよう」と思ったのと同時に、

“自分だけのバンドを作る”と思ったとおっしゃっています。

これはただの個人的な推察ですが、松本孝弘さんは様々なアーティストのライブでセッションギタリストとしてステージに立っている内に、ライブに影響され”自分だけのバンドを作りたい”という気持ちが芽生えたんだと考えられます。

そう考えると、セッションギタリストとしてライブに参加していたことがB’zが誕生した要因として1番大きいのかもしれません。

もしもライブの仕事が少なくて、スタジオの仕事が多いままだったら、スタジオミュージシャンとしての活動だけになっていた可能性もるので、そうならなくて本当に良かったと思います。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました