スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘「楽しいよね」彼がB’zをやってきてよかったと思うこと

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなトップアーティストB’zのリーダーであり、ギターを担当しているのは、

松本孝弘さん。

当時、まだ池部楽器店さんでアルバイトをしていた18歳のときに事務所に送った1本のデモテープがキッカケとなり、

松本孝弘さんは憧れていたセッション・ギタリストとしてプロの世界に進むことになります

その後、音楽事務所に所属した松本孝弘さんは、スタジオ・ミュージシャン、セッションミュージシャンとして80年代前半は活動しますが、あることをキッカケに「バック・バンドをやめよう」と決心して、自分だけのバンドを結成するために動き始めました。

そして、1988年にヴォーカル稲葉浩志さんとロック・ユニット「B’z」としてデビューして現在に至ります。

しかし、B’zが辿ってきた道のりは決して楽しいことばかりではありませんでした

台風が直撃しているのにも関わらず外でPV撮影をしたこともありました。

メンバーが思わず“B’zの暗黒時代”と称すほどの苦しい時期も経験しておられます。

やっぱりB’zの栄光の裏にも過酷な出来事や苦悩の日々もあったんです。

それでもデビュー15年目の松本孝弘さんが、

「B’zをやってきてよかったと思うこと」

について答えられた場面がありました。

なので今回は、松本孝弘さんが「B’zをやってきてよかったと思うこと」について詳しくご紹介させて頂きます。

ひとこと

松本孝弘さんがB’zをやってきてよかったと思うことは、お金でも名声でもありませんでした

スポンサーリンク

B’z松本孝弘「楽しいよね」彼がB’zをやってきてよかったと思うこと

B’zをやってきてよかったと思うこと

楽しいよね。すごい楽しいことだよね。しかもあれだけのお客さんが好きで観に来てくれるし、っていうのは、それはもうラッキーとしか言いようがないけど。うん、楽しいです」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル35ページ

松本孝弘さんが「B’zをやってきてよかったと思うこと」は、

ファンが自分たちの音楽を好きで観に来てくれることです。

B’zウルトラクロニクルのインタビュアーの佐伯明さんから、「B’zをやってきてよかったことっていうと、そういう感覚を自分の中で感じられます?」という質問を受けた松本孝弘さんは、

楽しいよね、すごい楽しいことだよね。」と答えておられます。

また、松本孝弘さんは”自分がやりたい音楽活動を好きでしている”という考え方をお持ちなので、それにファンが生まれて、ライブも好きで観に来てくれることは、

もうラッキーとしか言いようがない」とおっしゃっています。

確かに自分が好きでやっていることにファンが生まれて好きになってくれたら嬉しいですよね。

これが松本孝弘さんがB’zをやってきてよかったと思うことでした。

では、ヴォーカルを担当している稲葉浩志さんがB’zをやってきてよかったと思うことはどんなことなのでしょうか。

稲葉浩志さんがB’zをやってきてよかったと思うことも興味のある方は、コチラも宜しければあわせてご覧ください。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました