スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【伝説】B’zとしての人生の方が長くなった彼らがいま思うこと

B'z
この記事は約5分で読めます。

B’zは、ギタリスト松本孝弘とボーカリスト稲葉浩志からなる日本のロックユニットです。

1988年に1stシングル『だからその手を離して』と1stアルバム『B’z』の同時リリースで、デビューして以降、オリコンチャート1位やミリオンセラーなど、数々のヒット曲を世に生み出し続けています。

なかでも、1988年発売のベストアルバム『B’z The Best”Pleasure”』は日本国内の音楽史上初めて売上枚数が500万枚を越えたほか、同年発売の『B’z The Best”Treasure”』との2作品合計で約1,000万枚の売上達成の記録を打ち立てました。

また、2007年には、アジア圏のミュージシャンとしては初めて『ハリウッド・ロックウォーク』に殿堂入りも成し遂げました。その翌年2008年にはギネス世界記録から「日本でもっともアルバムを売り上げたアーティスト」の認定も受けるなど音楽界の歴史的な記録を塗り変え続けています。

それだけでなく、1989年の『B’zLIVE-GYM#00″OFF THE LOCK”』からB’zのライブは『LIVE-GYM』とタイトルがつけられるようになり、

2019年7月6日に行われた『B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love』大阪城ホールの公演で、B’zは通算1,000回目のLIVEを達成し、デビューから30年以上が経ったいまでも衰えることを知らないモンスターロックバンドです。

ですが、B’zだってずっと順調に曲制作をしてLIVEを重ねてこられたわけではありません。

B’zにはメンバーが当時を振り返ったときにB’zの”暗黒時代“と呼んでいる時代がありますし、稲葉さんも作詞が上手く進まず苦しい経験をしたことがあります。

このように音楽界のトップを走り続けるB’zでもこれまですべてが思うように進んできたわけではなく、苦しく大変な思いもしてきました。

そんな色んな経験をしてきたB’zは現在デビュー満32周年を迎え33年目の活動に突入しており、現在のお二人のご年齢は松本さんが60歳、稲葉さんが56歳です。

年齢を感じさせない圧巻のパフォーマンスでファンを魅了し続けてますが、デビュー当時のお二人のご年齢は松本さん27歳、稲葉さんが23歳だったのでもう二人ともB’zとしての人生の方が長くなっておられます。

デビュー10周年の時に「B’zとしての人生の方が長くなったらすごいよね」という風におっしゃられていたB’zのお二人は実際B’zとしての人生の方が長くなったことについてなにを思っているのでしょうか。

今回はB’zとしての人生の方が長くなった彼らがいま思うことについてご紹介します☺

スポンサーリンク

B’zとしての人生の方が長くなった彼らがいま思うこと

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

B’z(@bz_official_insta)がシェアした投稿

B’zの人生の方が長くなったら意外となにも思わなくなったそうです。

自分が歩んできた人生よりも何かを続けた人生の方が長くなったら、普通はずっと誇らしく感じたり、中にはその分野において周りに対して高圧的な態度になってしまう人もいると思います。

「記憶も記録も済んじゃったことだから、あんまり変わらないかもね」松本孝弘(1995年)

B’z TWELVE■松本孝弘がこだわってきたこと

でも、お二人は過ぎた記憶にも記録にもこだわらないからこそ、達成する前は意識していても達成した後はなにも思わなくなるみたいです。

B’zが数々の偉大な記録を成し遂げてもおごることなく活動を続けているのはこの精神があるからだと思いますし、これがB’zがデビューから30年以上が経ってもファンから愛される理由の1つだと思います。

『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-』B’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビュー

B’zとしての人生の方が長くなった彼らがいま思うことについては、2020年の10月31日から11月28日まで毎週土曜日に5週連続で開催されたB’z初となる無観客配信LIVE『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-』Day2の直前に配信されたB’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビューの中でも話されていました。

【スペシャルインタビューの書き起こし】

■B’zとしての人生の方が長くなりました

インタビュアー:10周年のときに、「そのうちB’zとしての人生の方が長くなったらすごいよね」という風におっしゃっていて、実際にもういまお二人とも越えられてるわけじゃないですか。

実際にいまどう思いますか?

稲葉浩志:越えると意外になにも思わなくなるっていう。

松本孝弘:そうですね。越えたときはね、ボクの方が後だったから越えたの。

よくこんなに長い間やれたもんだなっていうそんなちょっと感慨深いものもあったんだけど・・・

そういえばもう忘れてたな。

稲葉浩志:ホントに意識しなくなっちゃう。

インタビュアー:もしかしたら、越えるまでがそういう思いが強いのかもしれませんね。

稲葉浩志:もしかしたらね。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました