スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【アーティストの寿命】B’zは生涯現役!?B’zが音楽活動を続ける理由「ファンがいる限りは続ける」

B'z
この記事は約5分で読めます。

B’zとは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

そんなB’zはデビューしてから現在までの約33年間は音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

それに伴いオリコンチャート1位やミリオンの記録を打ち立て続けており、初登場1位連続記録は5枚目のシングル「太陽のKomachi Angel」で初めてオリコンチャート1位を獲得して以降は49作品連続で更新しております。

B’zの偉大な記録はセールスだけに留まらず、『LIVE-GYM』と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた『B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love』大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

B’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るロックユニットです。

そんなB’zは過去にインタビューの中で『アーティストの寿命』について聞かれたときに、

“B’zの寿命”について自分たちの考えを話されておりました。

今回は、B’zの松本孝弘さん、稲葉浩志さんが考えるB’zの活動に対する考え方をご紹介します☺

スポンサーリンク

【アーティストの寿命】B’zは生涯現役!?B’zが音楽活動を続ける理由「ファンがいる限りは続ける」

Brotherhoodのインナースリーブ

1999年7月14日に発売されたB’zの10枚目のオリジナルアルバム『Brotherhood』にはブックレットが封入されています。そのブックレットにある「夢のような日々」の歌詞が載っているページには、一枚の写真が掲載されています。

そして、その写真にはソファーに座るB’zのお二人が写っているのですが、その前のテーブルには”アーティストの寿命”の見出しが書かれた雑誌が置かれており、そこにいる稲葉浩志さんは挑発しているとも受け取れるポーズをしているんです。

そのことについて、B’zデビュー20周年の節目に作られた年代記『B’z ミラクルクロニクル』のインタビューのなかで話題に挙げられました。

では一体B’zのお二人は「~アーティストの寿命~について考えますか?」という質問に対してなんとお答えされたのでしょうか。

松本孝弘が考えるB’zの寿命

「とりあえず、ここまでそんなこと考えないで走ってきましたからね。で、今20年っていう節目で。でも、やめる理由はないですよね。なぜかというと、CDを、新しいものをリリースしたって・・・もちろん数字的なものは、ミリオンを連発してたときよりは少なくなってるんだけど。かといって、全体的に見て少ないわけじゃ全然ないし。コンサートもそうだけども、やっぱり自分たちにニーズがあるってことは、それはやり続けないといけないなっていう、その使命感みたいなものはあります。」/松本孝弘

B’z ミラクルクロニクル 141ページ

松本孝弘さんは、B’zの活動をいつまで続けるのかなんて考えたことはないと前置きした上で、

やめる理由はないですねと答えられました。

その理由としては、自分たちにニーズがあるうちはやり続けないといけないと考えられているそうで、そこには使命感みたいなものも感じているとおっしゃっています。

また、その使命感は特にファンレターは読んでいるときに感じられるそうです。

稲葉浩志が考えるB’zの寿命

終わったときにわかるんじゃないですかね?みんなやっぱり条件が同じようで違ったりもするし。うん。・・・うちなんか。条件厳しいほうだと思うんですけど。その中で、なんか方法を見つけて、やれる人はやってますからね。みっともなくならないようにね」稲葉浩志

B’z ミラクルクロニクル 177ページ

稲葉浩志さんも松本孝弘さんと同じで、B’zの活動をいつまで続けるのかについては考えておられないみたいです。ただ、アーティストの寿命については、

終わったときにわかるんじゃないですかねと答えられました。

そして、「みっともなくならないようにする」など、そのアーティストの寿命を決めるのはある意味アーティスト自身という旨の話をされました。

B’zはいつまで活動をいつまで続けてくれるのか

B’zは2008年の段階では”アーティストの寿命”について、松本孝弘さんは『ニーズがある限り』、稲葉浩志さんは『維持ができなくなるまで』という風にお答えされました。

それから13年が経ち、デビュー33年目に突入しているB’zのお二人はどうお考えなのでしょうか。

とはいえ、当時もB’zのお二人はいつまでやり続けるのかについては考えてこなかったとのことだったので、曲を制作して、ライブでパフォーマンスするという今も昔も変わらない活動をしておられるのかも知れません。

また、当時松本孝弘さんが言っていた『ニーズがある限り』という考えが変わらないなら、B’zファンがいる限りはB’zは生涯現役で活動してくださるということになります。

このことを裏付けるかのように、デビュー33年目の年に突入してもB’zの勢いは落ちるどころか激しくなっております

今後のB’zの活動にも目が離せません。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました