スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

ロックバンドB’zにはテーマがあった!?B’zがデビュー当時に決めていたバンドのテーマについて

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、6枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなトップアーティストのB’zには意外と知られていませんが、

デビュー当時決めていた”バンドのテーマ”があるんです。

このテーマはあまり語られておりませんので、B’zファンでも知らない人は多いのではないでしょうか?

なので、今回はB’zがデビュー当時決めていたバンドのテーマについてご紹介させて頂きます。

ひとこと

バンドのテーマは松本孝弘さんと稲葉浩志さんの共通する考えがベースとなっているみたいです

スポンサーリンク

ロックバンドB’zにはテーマがあった!?B’zがデビュー当時に決めていたバンドのテーマについて

B’zというバンドの”テーマ”とは

「うん、ありましたよね。やっぱり稲葉と最初会って話したときに、ベーシックがすごい似てるところがあって。ハード・ロック好きで、だけどそれをそのままやりたくないな、っていうところで、すごい共通してたんだよね。で、その当時は打ち込みとハードなものを合わせるっていうのは、わりとまあ新しかったんだよね。で、”そういうことをやりたいな”っていう話をしたときに、彼もわりとノッてくれた」松本孝弘

B’zウルトラクロニクル 12ページ

B’zのデビュー当時にあったバンドのテーマは、

打ち込みとハードなギター・サウンドの融合でした。

B’zの結成15周年の年に作られた「B’z ウルトラクロニクル」のなかで、インタビュアーの佐伯明さんから「B’zというバンドとして”カラー”とか”テーマ”とか、そういうものはあったんですか」と聞かれた松本孝弘さんは、

うん、ありましたよね。」と答え、自身のバンドのテーマについて話してくださりました。

松本孝弘さんと稲葉浩志さんは初めて会ったときから、ハード・ロックが好きだけどそれをそのままやりたくないなという考えが共通していたそうです。また、当時は打ち込みとハードなものを合わせるといいうことが新しかったことから、松本孝弘さんは”そういうことをやりたいな”と思っていたんだとか。

そして、その松本孝弘さんのアイデアに稲葉浩志さんもノッたことで、

B’zの最初のテーマが決まりました

「そうですね、うん」松本孝弘

B’zウルトラクロニク 12ページ

インタビュアーの佐伯明さんから、「では、打ち込みとハードなギター・サウンドっていう合体が、最初の設計図ですよね」と確認されたときも、

松本孝弘さんは「そうですね、うん」と答えられました。

B’zのテーマが詰まったデビュー作品

「打ち込みとハードなものを合わせる」というB’zの最初のテーマはこのような経緯で決まったそうですが、デビューアルバム『B’z』はそんな当時のB’zの作風が存分に感じられる作品です

また、このアルバムには会議でB’zのデビューを決めた曲唯一B’zが作詞作曲をしていない曲など、珍しい曲が収録されていますので、宜しければあわせてご覧ください。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました