スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロを目指したのは何歳から?グラミー賞を受賞した当時の年齢は?B’z松本孝弘の年齢について

B'z

松本孝弘さんは、昨年2021年にギタリストとしてプロ活動40周年を迎えられました

現在もギタリストとして精力的に活動されており、自身が生みの親であり、ギターを務めている稲葉浩志さんとのロック・ユニット「B’z」も来年にはデビュー35周年を迎えます。

特にB’zはデビュー以来、未曾有の記録を打ち立て続けており、B’zが「LIVE-GYM」と冠するライブが2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成した記録はまだ記憶に新しいです。

このように松本孝弘さんは、プロの音楽の世界で数々の偉業を達成しており、その偉業は広く知れ渡っていますが、

松本孝弘さんの年齢について詳しい人は少ないのではないでしょうか?

実は松本孝弘さんはすでに50歳を越えられています( ゚д゚)ハッ!。

そのエネルギッシュな活動からはとても感じられませんが、当然松本孝弘さんもひとりの人間ですので年月と共に年齢を重ねられているんです。

なので今回は、あまり知られていないB’z松本孝弘さんの年齢についてまとめましたので詳しくご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

プロを目指したのは何歳から?グラミー賞を受賞した当時の年齢は?B’z松本孝弘の年齢について

B’z松本孝弘さんの生年月日

B’z Official Website (bz-vermillion.com)

B’z松本孝弘さんの生年月日は、

1961年3月27日です。

松本孝弘さんは大阪府豊中市の出身。1961年(昭和36年)3月27日に松本家の長男として生まれました。

余談にはなりますが、松本孝弘さんは旧市立豊中病院で出生し、梅花幼稚園、上野小学校と幼少期を豊中で過ごされます。平成29年(2017年)豊中市成人式にはメッセージを寄せ、同年7月23日には「B’z SHOWCASE 2017-B’z In Your Town-」の豊中市立文化芸術センター 大ホール公演で凱旋ライブを開催されました。

このように松本孝弘さんと豊中市には深く関わりがあるため、豊中市は令和2年2月26日(水)に松本孝弘さんを名誉市民にする議案を提出、その案が議決されたので、松本孝弘さんは豊中市の名誉市民になられました。

それを記念して、大阪府豊中市役所第一庁舎1階に新設された「魅力発信コーナー」にも松本孝弘さんの手形や名誉市民トロフィーのレプリカなどが展示され、”B’zの聖地”として沢山のファンが訪れています。

話を戻しますと、松本孝弘さんは1961年3月27日生まれなので、主にこの生年月日を逆算して、松本孝弘さんの当時の年齢とその時に起きた出来事をご紹介させて頂きます。

B’z松本孝弘さんの年齢と歴史

プロを目指した年齢

プロを目指したのは、ギターを買ったその日から。それしか考えてませんでした。僕は、思いこみがすごく激しかったと思うんだ」/松本孝弘(1988年)

B’z TWELVE 14ページ

「長いですねぇ、もう本当に。だって、始めたの15だったから。16かな?だからね。もう、32年もやってる。最初からエレキで。」/松本孝弘

B’z ミラクルクロニクル 143ページ

松本孝弘さんがプロを目指した年齢は、

ギターを買った15歳のときだったそうです。

15歳と言えば、高校1年生の年齢ですが、松本孝弘さんは高校在学中に現在の軽音学部を同好会として立ち上げたり、ロック・バンド「スーパーイマージュ」を結成して、ライブハウスやイベントなどにも参加されていました。

また、松本孝弘さんが初めて作曲をしたのも10代だったそう。

当時、バンド活動をしていた松本孝弘さんは、オリジナル曲を創ってライブハウスに出演するために作曲を始めたみたいです。

このように学生時代をギターと共に過ごした10代の松本孝弘さんは、着実にプロのギタリストへの道を歩み始めていました。

そして、ロック・ユニット「B’z」としてデビューした松本孝弘さんは当時を振り返ってギター小僧そのままだったねとコメントを残されています。

デビュー当時の年齢

松本孝弘さんが生みの親であり、ギターを務めているロック・ユニット「B’z」のデビュー日は、1988年9月21日なので、

「B’z」としてデビューした当時の松本孝弘さんの年齢は27歳だったということになります。

一般的な27歳と言えば、ストレートで四年制大学を卒業して、22歳で就職していれば、社会人5年目を迎える年齢。

約半数のビジネスマンが、初めて昇進・昇給を経験したり、転勤や部署異動によって力量を試される年齢なんだとか。また、このときに思い切って転職を決意する人も多いみたいです。

松本孝弘さんも音楽事務所「ビーイング」に所属して、スタジオ・ミュージシャンやサポートミュージシャンとして活動しているときに、自分のバンドを作りたいと思い始めて、27歳の年に稲葉浩志さんと「B’z」としてデビューされています。

なので、そういった意味では、松本孝弘さんも例に漏れず27歳が人生における一つの分岐点になっていたみたいです。

ロック・ウォーク殿堂入りした当時の年齢

B’z、アジアのミュージシャンで初の米ロック殿堂入り! Photo : Purple Rose Garden (exblog.jp)

「B’z」がロサンゼルスはハリウッドでロック殿堂入りを果たしたのは、2007年11月19日12時(L.A現地時間)なので、

ロック・ウォーク殿堂入りした当時の松本孝弘さんの年齢は46歳だったということになります。

アメリカのある調査では、自分の幸福度を自己評価してもらったところ、平均で46歳のときが一番不幸に感じるという結果が出たみたいです。

その理由を日本人で考えた場合、30代で期待していた給料と40代になって実際にもらっている給料とのギャップが低い幸福度に繋がるんだとか。

しかし、松本孝弘さんは46歳の時にはすでに億超えの年収がありましたから、その辺りは幸福度を下げる要因にはなっていなかったと考えられます。

また、46歳は体の変化や衰えを感じ始め、更年期障害が始まる人もいる年齢とされているそうなのですが、松本孝弘さんは衰えを見せるどころか偉大なロックの歴史に名を連ねました。

さらに、このハリウッドでのロック殿堂入りはアジアのアーティストでは「B’z」が初

松本孝弘さんは、一般的に体が衰え始める年齢になってもなお、ギタリストとして世界的な活動が注目されていました。

第53回グラミー賞を受賞した当時の年齢

画像・写真 | B’z松本がグラミー初受賞「誇りに思う」 稲葉浩志「Youaremyhero」 1枚目 | ORICON NEWS

松本孝弘さんがアメリカ屈指のギタリスト、ラリー・カールトンさんと共作した『TAKE YOUR PICK』が、米音楽業界最大の祭典「第53回グラミー賞」で「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」賞を獲得したのは、2011年2月16日(火)なので、

第53回グラミー賞を受賞した当時の松本孝弘さんの年齢は49歳だったということになります。

自分の中ではやはり音楽家として、グラミー賞は大きな目標の1つでした。燃え尽きるかと思っていたんですが、人間って欲深いもので、さらにさらに高みをと思いました。受賞の時、B’zのレコーディングでLAに来ていた稲葉君に会った時はハグをしましたね。ノミネーションの時は、「You′re my hero!」と言ってくれたんですよ。

B’z・松本がグラミー賞の思い出「受賞した瞬間は、言葉にできない」、WOWOW特番に出演 | OKMusic

松本孝弘さんは、翌年には五十路を迎えるという年齢で、世界最高峰の音楽賞であるグラミー賞を受賞して、自身の音楽家としての大きな目標を達成されたんです。

また、この松本孝弘さんの快挙をB’zヴォーカル稲葉浩志さんもYou’re my hero!と言って祝福、ノミネートされてから初めて会ったときにはロビーで思わず稲葉浩志さんから「ジャンピングハグ」したというエピソードまであるんだとか。

デビュー25周年当時の年齢

「B’z」がデビュー25周年を迎えたのは、2013年9月21日なので、

B’zデビュー25周年当時の松本孝弘さんの年齢は52歳だったということになります。

デビュー25周年となった「B’z」は、その記念すべきイヤーに「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」を開催。同ツアーは全国24カ所全30公演で55万人を動員。

まさに四半世紀をトップアーティストとして走り続けてきたバンドの偉大さが感じられるライブでした。

松本孝弘さんも、デビューから四半世紀が経っているにもかかわらず、全く年齢を感じさせない変わらない姿とロックなギターサウンドをステージ上からファンに見せつけ、26年目の「B’z」にも期待を持たせました。

そんな「B’z」の25周年を飾ったツアー「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」は映像化されていますので、是非ご自身の目で年齢を感じさせない「B’z」の迫力を体感して下さい。

B’z LIVE-GYM通算1,000回を達成した当時の年齢

B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演は2019年7月6日(土)に行われたので、

B’z LIVE-GYM通算1,000回を達成した当時の松本孝弘さんの年齢は58でした。

B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love-」 は、2018年にデビュー30周年を迎えた「B’z」がサポートメンバーを一新して、自身の21枚目のオリジナルアルバム「NEW LOVE」をひっさげて開催されたツアー。同ツアーは全国16カ所36公演で行われました。

その中の1公演である大阪城ホール公演が、「B’z」としての通算1,000回目のライブとなりその場にいたファンからも歓喜の声が上げられたのですが、このとき松本孝弘さんはまさかの還暦手前だったということになります。

同公演の終演後、「B’z」の公式インスタグラムアカウントで投稿された写真では、通算1,000回のライブを記念したケーキと共に写る「B’z」のお二人の姿も確認されましたが、どうみても松本孝弘さんは58歳には見えません。

そんな若々しい58歳の松本孝弘さんが新しいサポートメンバーと一緒にステージ上でパフォーマンスされた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love-」では、ラグビーW杯を盛り上げ国民的大ヒットとなった「兵、走る」(リポビタンD ラグビー日本代表応援ソング)、最新シングル「きみとなら」などが初めて披露されました。

B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love-」ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演の模様は「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta NEW LOVE-」に収録されているので、何度でも繰り返して感動を味わうことができます

プロ活動40周年を迎えた当時の年齢

松本孝弘さんにとって、プロ活動40周年になった年は2021年なので、

プロ活動40周年を迎えた当時の松本孝弘さんの年齢は60歳だったということになります。

2021年5月10日には、松本孝弘さんのプロ・ギタリスト活動40周年を記念したアーティスト・ブックが2冊発売されました。

多くの方々の協力を得て、人生半分以上B’zとして音楽活動出来ている事に心から感謝しています。これからも真摯に、丁寧に音楽創りに取り組んでいきたいと思います。ROCK ON!

https://twitter.com/bz_official/status/1375741886883827712

また、松本孝弘さんが還暦を迎えた2021年3月27日には、これを記念した写真とメッセージがB’zの公式SNSで公開されたのですが、

いつまでも感謝の気持ちを忘れない姿勢赤のライダーズジャケットを着こなす若々しい姿をみたファンからは、

「還暦なんて信じられないです!」「カッコ良すぎて痺れます」「これからもずっとずっと付いていきます」と沢山の祝福のコメントが寄せられました。

B’z松本孝弘はいつまでも”GUITAR KIDS”

2022年現在の年齢

B’z Official Website (bz-vermillion.com)

B’zの生みの親であり、ギタリストの松本孝弘さんの2022年現在の年齢は驚異の60歳です。嘘みたいな話ですが来月には61歳を迎え、4年後にはいわゆる高齢者に位置づけられます。

上記の写真は、B’zオフィシャルサイトに載っている最新の「B’z」のアーティスト写真です。

松本孝弘さんが、ただギターを持っているだけなのにハードなギター・ソロが聴こえてくるのは何故でしょうか?

もしかすると松本孝弘さんの積み重ねてきた偉大なキャリアがそう錯覚させてしまうんだと思います。

今年は「B’z LIVE-GYM 2022」ツアーの開催も決定されています。既にバーミリオンカード先行抽選販売とB’z PARTY抽選販売でのチケットの申し込み期間は終了しているので、次は3月22日(火)から始まるB’z PARTY二次抽選に願いを託すしかありません。

しかしながら、今年61歳を迎えられる松本孝弘さんのパフォーマンスを疑ったり心配する声は、誰からも聞こえてきません。

B’zのギタリストの松本孝弘さんのパフォーマンスに年齢は関係ありません

「B’z」は、来年にはデビュー35年目の年に突入されますが、

今後の活躍にも期待が増すばかりです

以上、B’zの生みの親であり、ギタリスト松本孝弘さんの年齢にまつわる話をご紹介させて頂きました。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました