スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘「アイデアをすごい出す」ライブの曲順にも意見していたサポートメンバー

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

しかし、B’zは誰もが認めるトップアーティストですが、威張ったり独裁的な態度でスタッフさんやサポートメンバーと接するなんてことはしていません。

いつでも謙虚な気持ちを忘れずに、音楽活動に誠心誠意取り組んでおられます

例えば、サポートメンバーからのアイデアも無下にすることなく取り入れているそうで、それがライブの曲順に影響を与えるときもあるのだとか。

今回は、B’zのサポートメンバーがライブのアイデアを出していたエピソードについてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

B’z松本孝弘「アイデアをすごい出す」ライブの曲順にも意見していたサポートメンバー

アイデアを出すサポートメンバー

「例えば増田(隆宣)君なんてもう十何年いっしょにやってるから、B’zのショウのこともよくわかってるじゃないですか。で、増田君なんかも言いますよ、”曲、これと入れ替えたほうがいい”とか”こういう繋ぎにしたほうがいい”とか、アイデアをすごい出す。」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル32ページ

松本孝弘さんのお話のなかに出てきた、アイデアをすごい出すというサポートメンバーは、

キーボードの増田隆宣さん。

増田隆宣さんと言えば、26年間にわたってB’zのキーボードを担当した、1番B’zと共にステージ上で演奏したサポートメンバーです。

なのでB’zとの関係も深く、B’zのライブについても色んなステージに立った経験を持つ理解者であることから、

ライブの曲順にもアイデアを出されていたみたいです。

よくケンカしていた

「そういう非常にレベルの低い(笑)」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル33ページ

しかし、昔はそれが原因でよくケンカになっていたそうです。

立場が大きく違っていたらケンカにはならなかったのかもしれませんが、松本孝弘さんと増田隆宣さんは同い年なので、どうしても本音で意見が言えるだけに衝突していたんだと思われます。

いまは良き理解者

B’zやる前からいろんな仕事いっしょにやってきて、そういうのも通ってきたから、今なんかよき理解者ですよ、彼はすごい」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル33ページ

ただ、時にはそんな風に衝突しながらも、12年間いっしょに仕事をしてきたからこそ、松本孝弘さんは増田隆宣さんのことを、

よき理解者と思われているそうです。

彼はでも、クビにする理由がないんですよね(笑)。」

B’z ミラクルクロニクル138ページ

また、松本孝弘さんは増田隆宣さんのことを「よき理解者」と言った8年後には、「彼はでも、クビにする理由がないんですよね(笑)。」 とコメントしており、

最終的に増田隆宣さんは、B’zのサポートメンバーとしては最長の26年間B’zのサポートメンバーを務められました

B’zのお二人もそんな増田隆宣さんのアイデアだったからこそ、ライブの要であるセットリストに対する意見でも無下にすることなく聞いていたのかもしれません。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました