スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

松本孝弘「ドラムがとっても難しいんです」歴代のドラマーが苦労したドラマー泣かせのB’zの楽曲とは?

B'z
この記事は約3分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とアルバム「B’z」の同時リリースでデビューした松本孝弘さんと稲葉浩志さんからなるロック・ユニットです。

そんなロック・ユニット「B’z」は今年でデビュー34年目を迎えますが、現時点(2022年5月1日)でリリースされているシングルは53枚、オリジナルアルバムは21枚、ベストアルバムは9枚、ミニアルバムは6枚であり、総楽曲数は400曲を越えています。

その400曲以上あるB’zの楽曲の中から、松本孝弘さんが「ドラムがとっても難しいんです。」と話す歴代のサポートドラマーが苦労してきたB’zの楽曲についてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

松本孝弘「ドラムがとっても難しいんです」歴代のドラマーが苦労したドラマー泣かせのB’zの楽曲とは?

ドラムが難しいB’zの楽曲

何があったっけ。「Wonderful Opportunity」とか。「love me,I love you」はね、増田隆宣くんと話してたんだけど、なかなか特殊な、青山純さんのドラムパターンが非常に効いてるんですよね。だから、ドラムがとっても難しいんです。今までの歴代ドラマーも最初にやったときはけっこうみんなちょっと苦労してるよね。

B’z ザ・クロニクル123ページ

400曲以上もあるB’zの楽曲の中でも、松本孝弘さんが「ドラムがとっても難しいんです。」と話す歴代のサポートドラマーが苦労してきた楽曲とは、

Wonderful Opportunity」や「love me,I love you」みたいです。

》》B’zヴォーカル歴30年以上の稲葉浩志がコメント「バラード系全般にもっと技術が欲しい」

》》B’z稲葉浩志「”ギリギリchop”は全然つらくないんですよ、キツいのは◯◯」声帯の形態が変わって歌いづらくなった曲

ドラムが難しい理由

日本を代表する名ドラマーとして知られる青山純さんは、1989年~1997年にかけてB’zのレコーディングにも参加、そんな青山純さんのドラムパターンが非常に効いているのが「Wonderful Opportunity」や「love me,I love you」で、松本孝弘さん曰くB’zの歴代サポートドラマーも苦労していたそうです。

インタビュアーの佐伯明さんから「跳ね方が変わってるんですか。」と聞かれた松本孝弘さんは、「跳ね方とか、あとパターンがすごくカッコいいんですよね。でもシングルでああいうビートは「love me, I love you」ぐらいじゃない?「MOTEL」・・・・・・「Don’t Leave Me」もそうか。」とおっしゃっていますので、8分の6拍子楽曲はドラムが難しくなる傾向があるみたいですね。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました