スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’zLIVE-GYMセトリまとめ【1995→1999】

B'z公式写真B'z
この記事は約7分で読めます。

B’zが1989年から2019年までに行ったツアーのタイトルの数はなんと全38タイトル。その中でも、各ツアーにおいて会場の大きな公演で行われたLIVE-GYMのセトリをまとめました。

数にして、全38公演分のセトリを網羅することができます。

※本記事では、1995年から1999年に行われたタイトルに絞ってまとめています。

※ツアーの場合は基本的にドーム・スタジアム公演の数を計算しています。

こんなことを考えた経験はありませんか??

「自分が参加したLIVEのセトリが知りたい」

「自分が好きな曲が披露されたLIVEが知りたい」

少なからずいらっしゃると思います。

セトリ気になりますよね。

でも、昔それこそ1990年代に行われたLIVEのセトリなんかはネットで検索しても出てこないことが多いですよね。

自分が知りたいLIVEのセトリが見つからない、、、

こんな風に、知りたいセトリを見つけられなくて諦めた経験・悩んだ経験はありませんか?

でも、大丈夫です!!

本記事は、そういった悩みを持つ人の為に作りました!!

きっと、悩みが解消されると思いますので今気になるセトリがある人には見てもらいたいです。

それでは、ご紹介していきます!!

スポンサーリンク

B’zLIVE-GYMセトリまとめ【1989→2019】

【1995】B’zLIVE-GYM Pleasure’95″BUZZ!!”(全12公演)

B'zLIVE-GYM BUZZのツアーロゴマーク

横浜スタジアム

1.BLOWIN’

2.Pleasure’95~人生の快楽~

3.OH!GIRL

4.もう一度キスしたかった

5.TIME

6.恋心(KOI-GOKORO)

7.RUN

8.Easy Come , Easy Go!

9.TONIGHT(Is The Night)

10.太陽のKomachi Angel

11.SINCE I’VE BEEN LOVING YOU or

INTO THE ARENA~Don’t ask me,baby(TAK’S SOLO)

12.Don’t Leave Me

13.LOVE PHANTOM

14.ねがい

15.BAD COMMUNICATION

16.JAP THE RIPPER

17.ZERO

(ENCORE)

1.ALONE

2.love me , I love you

3.裸足の女神

「歌詞に関しては、ステージの演出っていうよりは映画のストーリー、悲しい恋の物語。しかもフランケンシュタインとかドラキュラとかっていう日常的でない主人公をイメージした。主人公の気持ちと周囲の相容れない状況があって…というのを古典ではなく、今の街の中で起きていることとして理解してもらえればと思った」稲葉浩志(B’z公式ブック『TWELVE』より)

「『LOVE PHANTOM』を作るきっかけは、ライブの空中演出のアイディアが先にあって、それにはめようとしたんだ。当初は『VAMPIRE WOMAN』をイメージしていたんだけど、舞台監督と話していると、もっと面白そうなことができそうな感じだったので新しい曲を作ろうかなと思った。その頃ちょうど『ドラキュラ』とか『ロミオとジュリエット』あたりの映画を観ていて、妙にそれとアイディアがダブるところがあったんだ。新しい曲の形というか方向が」松本孝弘(B’z公式ブック『TWELVE』より)

【1996】B’zLIVE-GYM’96″Spirit LOOSE”(全44公演)

B'zLIVE-GYM Spirit LOOSEのツアーロゴマーク

大阪城ホール

1.Real Thing Shakes

2.ねがい

3.love me , I love you

4.drive to MY WORLD

5.夢見が丘

6.GIMME YOUR LOVE~不屈のLOVE DRIVER~

7.MOTEL

8.キレイな愛じゃなくても

9.BIG

10.哀しみの恋人達(TAK’S SOLO)

11.あなたへ・・・(TAK’S SOLO)

12.BLOWIN’

13.ZERO

14.FUSHIDARA100%

15.spirit loose

16.ザ・ルーズ

17.JAP THE RIPPER

18.MOVE

19.消えない虹

(ENCORE)

1.LOVE PHANTOM

2.ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~

MC「何回も何回もイッてしまいました」稲葉浩志(B’z公式ブック『TWELVE』より)

【1997】B’zLIVE-GYM Pleasure’97″FIREBALL”(全9公演)

BzLIVE-GYMFIREBALLのツアーロゴマーク

東京ドーム

1.FIREBALL

2.LOVE PHANTOM

3.Wonderful Opportunity

4.Easy Come , Easy Go!

5.BE THERE

6.TONIGHT(Is The Night)

7.SNOW

8.TIME

9.NATIVE DANCE

10.ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~

11.風船(稲葉ソロ)

12.Nothin’ But The Blues(TAK’S SOLO)

13.Real Thing Shakes

14.Do me

15.GIMME YOUR LOVE~不屈のLOVE DRIVER~

16.BLOWIN’

17.ZERO

18.MOVE

(ENCORE)

1.Calling

2.BAD COMMUNICATION

3.RUN

「Pleasureシリーズは、通常のアルバム・リリースに添うツアーと全然違うものだから…僕らもそうだし、周りのスタッフの人たちもそうなんだけど”ここでこそできること”をブチ込もうとしている」松本孝弘(B’z公式ブック『TWELVE』より)

【1998】B’zLIVE-GYM’98″SURVIVE”(全43公演)

BzLIVE-GYMSURVIVEのツアーロゴ

横浜アリーナ

1.DEEP KISS

2.ZERO

3.裸足の女神

4.love me , I love you

5.MOTEL

6.だったらあげちゃえよ

7.CAT

8.ハピネス

9.波(稲葉ソロ)

10.松本アニメーション

11.Real Thing Shakes

12.ねがい

13.Hi

14.The Wild Wind

15.いてもうたるで(TAK’S SOLO)

16.FIREBALL

17.スイマーよ!!

18.Do me

19.Liar!Liar!

20SURVIVE

(ENCORE)

1.LOVE PHANTOM

2.さまよえる蒼い弾丸

3.Calling

「グッと来たら、何でもいいからアクションを見せてください。それがB’zのエネルギーになるし、力になる」稲葉浩志(B’z公式ブック『TWELVE』より)

「3分の全国ネットより、2時間のライブを大切にしたい。俺たち、死ぬほどライブをやってきましたから。それがここまでやってこれた理由だと思っています」松本孝弘(B’z公式ブック『TWELVE』より)

【1999】B’zLIVE-GYM’99″Brotherhood”(全14公演)

BzLIVE-GYM Brotherhoodのツアーロゴマーク

横浜国際総合競技場

1.ギリギリchop

2.F・E・A・R

3.Liar!Liar!

4.HOME

5.TIME

6.Easy Come , Easy Go!

7.ながい愛

8.銀の翼で翔べ

9.SKIN

10.THE CHANGING

11.遠くまで(稲葉ソロ)

12.GO FURTHER(TAK’S SOLO)

13.Calling

14.Real Thing Shakes

15.LOVE PHANTOM

16.さまよえる蒼い弾丸

17.ZERO

18.Brotherhood

(ENCORE)

1.ONE

2.RUN

3.BAD COMMUNICATION

MC「皆さんの心の1ページにB’zの音楽が刻まれ続けてほしい」稲葉浩志(B’z公式ブック『TWELVE』より)

「これまでの10年は僕たちにとって、イントロダクションみたいなもので、これからが本当の本編が始まるんだなとそんな気が強くしています」松本孝弘(B’z公式ブック『TWELVE』より)

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました