スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘が憧れた!?ロック界のレジェンドTOTOとは

B'z
この記事は約7分で読めます。
出典:B’z Official Website (bz-vermillion.com)

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなトップアーティストB’zの生みの親である松本孝弘さんは、プロの音楽の世界に入るまでは東京にある池部楽器店さんの池袋店でアルバイトをされていました。

18歳の松本孝弘さんはアルバイトをしながら将来について考えたこともあったそうですが、夢を追いかけるのではなく、現実を見ていたそうです。

しかし、完全にプロの世界を諦めていたわけでもなかったみたいで、スタジオ・ミュージシャンに憧れられていました。

そして結果的に事務所に送った1本のデモテープがキッカケとなり、

松本孝弘さんは憧れていたセッション・ギタリストとしてプロの世界に進むことになります

「僕は、この世界に入った頃はやっぱりTOTOなんかすごく全盛期だったから、スタジオ・ミュージシャンっていうのがカッコよかったんですよね」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル5ページ

松本孝弘さんがロック・バンドではなくセッション・ミュージシャンやスタジオ・ミュージシャンに憧れていた理由は、時代の風潮と関係しておりましたが、

松本孝弘さんが名前を挙げたTOTO(トト)とはどんなグループなのでしょうか。

今回は、松本孝弘さんが名前を挙げたロック界のレジェンドTOTO(トト)についてご紹介させて頂きます。

ひとこと

正直、恥ずかしながら存じ上げていませんでしたが、めちゃくちゃカッコいいバンドでした

スポンサーリンク

B’z松本孝弘が憧れた!?ロック界のレジェンドTOTOとは

引用元:TOTO公式ウェブサイトより

TOTO(トト)とは

LAスタジオ・シーンで引く手あまただった腕利きの若手セッション・ミュージシャン集団による、高い技術とセンスに裏打ちされた斬新で緻密なスタジオ・ワーク、洗練された都会的なサウンド・メイキングによる親しみやすい楽曲で一世を風靡、「アフリカ」、「ロザーナ」、「99」など世界的なヒットを連発し、1970年代後半から80年代のウェストコースト・シーン/AORを象徴するバンドとなった。

引用元:TOTO|ソニーミュージックオフィシャルサイト

B’z松本孝弘さんが名前を挙げたTOTO(トト)とは、

アメリカ、ロサンゼルスの凄腕スタジオ・ミュージシャンたちが集まって結成されたバンドです。

TOTO(トト)は1977年に結成され、デビューアルバム『TOTO』は全米プラチナ・ディスク(100万枚)となり、デビューシングル『ホールド・ザ・ライン』は全米チャート5位にランクイン。

さらにデビューの翌年には、第21回グラミー賞”ニュー・アーティスト・オブ・ジ・イヤー“にエントリーされるなど、デビュー当時から高い人気を集めていました。

特に4枚目のアルバム『TOTO IV~聖なる剣~』がアメリカでは300万枚、全世界では1千万枚以上のセールスを記録し、“グラミー賞”では6冠を獲得。

それまでセッション・ミュージシャンとして沢山のバンドに尽力してきた彼らが、自らのバンドでそれらを超える栄光を手にされました

バンド結成のキッカケ

TOTOは地元サン・フェルナンド・ヴァリーのグラント・ハイスクールの同級生であり、元々父親同士の交流もあって関係が深かったデヴィッド・ペイチ(key)とジェフ・ポーカロ(d)が「ボス・スキャッグス」の『シルク・ディグリーズ』(1976年)のレコーディングに参加したことがキッカケで結成されたバンドです。

既にスタジオ・ミュージシャンとして活躍していた彼らは、「ボズ・スキャッグス」のアルバム『シルク・ディグリーズ』のセッションに参加したことで、デヴィッド・ペイチとジェフ・ポーカロとデヴィッド・ハンゲイト(d)は意気投合、グループを結成することになります。

その後、ジェフの弟のスティーヴ・ポーカロ(key)とその同級生のスティーヴ・ルカサー(g)がメンバーに加入。さらにS.S.フーズのメンバーであったボビー・キンボール(v)を誘い、

バンドTOTO(トト)は結成されました。

バンド名の由来

メンバーによって、またその時によって説明が異なっているため、正確には不明であるが、元メンバー、ボビー・キンボールの本名「ロバート・トトース(Robert Toteaux)」をもじったもの、「全てを含む」を意味するラテン語を英語風に変えたもの、日本の陶器メーカーTOTOからとったなど、複数の説、及びメンバーの説明がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バンド名の由来について、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると諸説ありどれが正しいのかは分からないみたいです。

しかし、日本の陶器メーカーTOTOからとったという説は日本にいるファンへのサービスとして語ったとされ、ボビー・キンボールの本名も実際はトトースではないことから、これらはメンバーによるジョークであることが考えられています。

バンドがデモ・テープを作っていた際に、映画『オズの魔法使い』を見たばかりであったジェフが、映画に登場する犬の名前「トト」をテープに書いてすぐ判別できるようにした。その後、デヴィッド・ハンゲイトが詳しく調べたところ、「トト(toto)」はラテン語で「totus(全て)」、あるいは「all-encompasing(網羅的な)」を意味することが分かった。これは数々のセッションに参加していたメンバーの経歴やどんなジャンルの音楽にも対応できるバンドの演奏能力にぴったりであるということから、デビュー・アルバムのタイトル及びバンド名として採用された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

現在この記述は削除されているそうですが、2012年まで公式ウェブサイト内のバンドヒストリーでは上記のような説明文が記載されていました。

さらにオズの魔法使いの部分を除いた同様の回答をしているインタビューの映像がDVD作品、『グレイテスト・ヒッツ・ライヴ・アンド・モア』にも収録されていることから、この説が有力説だと考えられているそうです。

2022年には結成45周年

オリジナルメンバーで作られた4枚目のアルバム『TOTO IV~聖なる剣~』以降は、度重なるメンバーの脱退や、バンド結成の発起人でありバンドの中心的存在だったジェフ・ポーカロの突然の死、ポーカロ兄弟の次男坊マイク・ポーカロの難病など、幾度も解散の危機がありました。

それでも形を変えながら活動を続けている数少ない’70年代の、

世界屈指のバンドです。

来年2022年には、結成45周年、名盤 『TOTO IV~聖なる剣~』発表40周年を迎えるので、今後もTOTO(トト)の活動には目が離せません。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました