スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

24時間ぶっ通し!?B’zが今でも思い出す1番大変だった撮影

B'z

B’zは、ギタリスト松本孝弘とボーカリスト稲葉浩志からなる日本のロックユニットです。

1988年に1stシングル『だからその手を離して』と1stアルバム『B’z』の同時リリースで、デビューして以降、オリコンチャート1位やミリオンセラーなど、数々のヒット曲を世に生み出し続けています。

なかでも、1988年発売のベストアルバム『B’z The Best”Pleasure”』は日本国内の音楽史上初めて売上枚数が500万枚を越えたほか、同年発売の『B’z The Best”Treasure”』との2作品合計で約1,000万枚の売上達成の記録を打ち立てました。

また、2007年には、アジア圏のミュージシャンとしては初めて『ハリウッド・ロックウォーク』に殿堂入りも成し遂げました。その翌年2008年にはギネス世界記録から「日本でもっともアルバムを売り上げたアーティスト」の認定も受けるなど音楽界の歴史的な記録を塗り変え続けています。

それだけでなく、1989年の『B’zLIVE-GYM#00″OFF THE LOCK”』からB’zのライブは『LIVE-GYM』とタイトルがつけられるようになり、

2019年7月6日に行われた『B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love』大阪城ホールの公演で、B’zは通算1,000回目のLIVEを達成し、デビューから30年以上が経ったいまでも衰えることを知らないモンスターロックバンドです。

ですが、B’zだってずっと順調に曲制作をしてLIVEを重ねてこられたわけではありません。

B’zにはメンバーが当時を振り返ったときにB’zの”暗黒時代“と呼んでいる時代がありますし、稲葉さんも作詞が上手く進まず苦しい経験をしたことがあります。

また30年を越えるキャリアの中でこれまでに数え切れないほどメディアに出演したり、PVや雑誌の撮影を経験されてきました。

その全てが予定通り上手く進んだわけではなく大変だった裏側のエピソードも多く存在します。

今回は、その中でもB’zがこれまでで一番大変だった撮影についてご紹介します☺

スポンサーリンク

24時間ぶっ通し!?B’zが今でも思い出す1番大変だった撮影

B’zが話すこれまでで一番大変だった撮影は、だからその手を離してのPV撮影です。

「だからその手を離して」はB’zの1枚目のシングルであり記念すべきB’zのデビュー作品です。

B’zは今では名前を知らない人がいないほど有名ですが、当時はまだ無名だったため過酷なスケジュールが組まれていたそうです。

B’zだからその手を離してのPV撮影

B’zの1枚目のシングル「だからその手を離して」のPV撮影が行われたのは、1988年9月15日の敬老の日でした。

デビューする約1週間前にあのPV撮影をされてたんですね(゚ω゚)

しかし、1988年の9月15日は台風18号を中心に19、20号が接近していて、天気は大荒れ外に出るのも危険な日だったんです。

それでも夜中12時に集合してバスに乗りロケ場所の千葉県にある九十九里浜に向かった一行でしたが、雨風を遮る物がない九十九里浜は暴風雨をモロに感じてしまう危険な場所と化してました。

あまりの暴風雨にこの日の撮影は無理かなという雰囲気になっていたそうですが、当時の稲葉さんと松本さんが『やります!!』と言って、覚悟を見せたことで撮影は開始されました。

すると、カメラが回り始めた夜明けと共に雨はピタリと止んだそうですが、強風は相変わらずで吹き飛ばされそうになりながらも2時間撮影を続けてロケは終わったみたいです。

しかし九十九里浜での命がけのロケが終わったのも束の間、そのまま都内のスタジオに行って残りのPV撮影が行われました。

その撮影は深夜まで続いたそうで、終わったのは深夜12時を過ぎていました。

つまり、1日24時間まるまるPV撮影をしていたことになります。

B’zはデビューから30年以上のキャリアを重ねていますが、一番大変だった撮影と言われてパッと思いつくのは稲葉さん松本さん揃ってだからその手を離してのPV撮影だそうです。

『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-』B’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビュー書き起こし

B’zがこれまでで一番大変だった撮影についてのエピソードは2020年の10月31日から11月28日まで毎週土曜日に5週連続で開催されたB’z初となる無観客配信LIVE『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-』の直前に配信されたB’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビューの中でも話されていました。

【スペシャルインタビューの書き起こし】

インタビュアー:数々いろんなところで撮影されていると思うんですけれど、これ1番大変だったなって思う撮影っていまパッと思いつきますか?

松本孝弘:撮影で・・・いまボクが思いつくのは「だからその手を離して」のプロモーションビデオの撮影だね。

稲葉浩志:うわぁ!おんなじ!!おんなじ!!九十九里(手をたたきながら笑う)

松本孝弘:九十九里。あれに勝るのは・・・「君の中で踊りたい」もなかなかなもんでしたけど。

稲葉浩志:そうだね、そこでてくるよねどうしても。台風の中の、12時スタートだもんね。

松本孝弘:12時にBMGビクターのビルの前に集まって、そっからバスでみんなで九十九里行って。

稲葉浩志:「やりますっ!!!」って言って。

松本孝弘:朝方ね、台風のなか。

インタビュアー:海沿いだから結構大変・・・

稲葉浩志:すごいすごい

松本孝弘:あれ2人でこうやってるシーンあるじゃない?(両手を横に広げるジェスチャー)あれほんとに前からの風で。

稲葉浩志:斜めに立てるぐらい。

松本孝弘:ほんとに立てるぐらい。

稲葉浩志:マイケル・ジャクソンみたく。

松本孝弘:それ終わったあとに東京戻って、エビススタジオでスタジオ組の撮影だからね。もう一周してましたよね。

インタビュアー:いくらお若いとはいえもう中々疲れますよね。

松本孝弘:そうですね、はい。

稲葉浩志:いまは多分あれやったら翌日は入院するでしょうね。

一同:(笑)

松本孝弘:うん、そうだと思う(笑)

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました