スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘が明かしたシェーン・ガラースの第一印象とは?

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とアルバム「B’z」の同時リリースでデビューした松本孝弘さんと稲葉浩志さんからなるロック・ユニットです。

当時は、CDにですね自分たちのレコーディングしたものの、ギターと歌のトラックだけを抜いたもの、要するにギターと歌のカラオケをですねCD1枚に焼いて全国を回っておりました」/稲葉浩志

B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-

さっき見てもらったテレビの出演してるやつもあれもですね見てもらったら分かるようにずっとふたりっきりでやってるんですね」/稲葉浩志

B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-

ロックユニットなので、当時はレコーディングしたものからギターと歌のトラックを抜いたCDを持って2人で活動されており、テレビ番組にも2人だけで出演されていました。

しかし、B’zの初めてのツアー「B’z LIVE-GYM #00 “OFF THE LOCK”」でサポートメンバーを入れてライブを行ったB’zは、その後もツアーやフェスに参加するときなどライブをするときにはサポートメンバーを加えることが一般化しており現在も「バンド」の形態で演奏しておられるようです。

そんなB’zの歴史を支えたサポートメンバーのなかでも、B’zと共に10年以上に渡りステージ上で演奏したのは、

ドラマーのシェーン・ガラース(Shane Gaalaas)さん。

シェーン・ガラースさんが初めてB’zのツアーに参加したのは、「B’z LIVE-GYM 2002″GREEN~GO★FIGHT★WIN~”」ですが、同ツアー以降も約17年間にわたりB’zのサポートドラマーを務められたほか、2007年以降は英語の補作詞も担当されるなど、ライブのパフォーマンス意外でも多岐にわたりB’zを支えてくれました。

ですが、最初からB’zとの関係は良好だったのでしょうか?もしかすると、第一印象はわるかったのかもしれません。

なので今回は、松本孝弘さんから見たシェーン・ガラースさんの第一印象についてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

B’z松本孝弘が明かしたシェーン・ガラースの第一印象とは?

シェーン・ガラースの第一印象

気さくでいいヤツでしたよ。ドラマーとしても素晴らしいし

B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-Day3 B’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビュー

2020年11月14日に開催されたB’z初の無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-Day3」の直前に配信されたB’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビューのなかで、松本孝弘さんがシェーン・ガラースさんの第一印象について言及される場面がありました。

同配信の最後でファンからの「LIVE-GYM 2002 GREENについての質問です。長い付き合いになるシェーンが初参加となりましたが、最初の印象はいかがでしたか?」という質問を受けた松本孝弘さんは、

気さくでいいヤツでしたよ。ドラマーとしても素晴らしいし」と答え、シェーン・ガラースさんには最初から好印象を持っていたことを明らかにされています。

その見立ては間違っていなかったようで、共に音楽活動を始めてからも松本孝弘さんはシェーン・ガラースさんを「性格がいいですよね」「人が凄く良い」と評価しておられました。

》》B’z松本孝弘がシェーンとバリーについて語る「もう言うことないじゃないですか?」

テクニックやパフォーマンスが超一流なことは大前提であるとして、人柄がよかったからB’zのメンバーはシェーン・ガラースさんに約17年間もサポートドラマーを務めてもらったのかもしれませんね。

》》B’z松本孝弘が増田隆宣について語る「彼をクビにする理由がないんですよね」

》》B’z松本孝弘がバリー・スパークスについて語る「B’zには必要なんですよ」

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました