スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

圧倒的な歌唱力の秘密は◯◯にあった!?B’z稲葉浩志が学生時代に受けていたヴォーカル・レッスン

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなトップアーティストB’zのヴォーカルを務めているのは、

稲葉浩志さん。

稲葉浩志さんは、B’zのヴォーカルとしての自覚と徹底した体調管理が有名で、リーダー松本孝弘さんからも「喉の管理や体力の維持に関しては普通の努力の仕方じゃ出来ない」と評価されているほどです。

まさに日本が誇るアーティストB’zにふさわしい素晴らしい唯一無二のヴォーカリストです。

そんな稲葉浩志さんですが、

実はヴォーカルスクールに通っていた経験がほとんどありません

しかし、短い期間といえど、日本が誇るアーティストの稲葉浩志さんがヴォーカル・スクールでレッスンを受けられていたこともまた事実なので興味のある方もいらっしゃるはずです。

では一体、稲葉浩志さんはヴォーカル・スクールでどんなレッスンを受けていたのでしょうか。

なので今回は、稲葉浩志さんがヴォーカルスクールで受けていたレッスンの内容についてご紹介させて頂きます。

ひとこと

稲葉浩志さんが受けていたレッスンは、めちゃくちゃ普通の内容でした

スポンサーリンク

圧倒的な歌唱力の秘密は◯◯にあった!?B’z稲葉浩志が学生時代に受けていたヴォーカル・レッスン

学生の頃に受けていたレッスン

「デビュー前です。学生の頃にヴォーカル・レッスンはやってましたけど。でも、そこはシャウトの仕方とか、そういうのはなかったです。やっぱり課題曲っていうか、それをカラオケで歌うとかね」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル55ページ

稲葉浩志さんがヴォーカルスクールで受けていたレッスンの内容とは、

課題曲をカラオケで歌うといったものだったそうです。

インタビュアーの佐伯明さんから、「では、ヴォーカル・レッスンとかは受けてないんですね。」と質問を受けた稲葉浩志さんは、「学生の頃にヴォーカル・レッスンはやってましたけど」と答えられました。

ただ、シャウトの仕方など特別なことを教わっていたわけではなく、歌唱力を高めるような一般的なレッスンの内容だったみたいです。

それに稲葉浩志さんが在籍していたヴォーカル・スクールにも、学校主催の合宿はあったそうですが、稲葉浩志さんは1度も参加することはありませんでした

しかしながら稲葉浩志さんがヴォーカル・レッスンを受けたのは、学生時代のこの経験だけだそうなので、稲葉浩志さんのヴォーカルとしてのパフォーマンスは、

天性の才能によるものということになるのではないでしょうか。

もちろん稲葉浩志さんも、他のバンドのヴォーカルなどから影響を受けたり、学んでいる部分はあるとは思います。

とは言え、徹底してヴォーカル・レッスンを受けた経験はありませんし、一般人がいくらヴォーカル・スクールでレッスンを受けても、誰一人として稲葉浩志さんのパフォーマンスを真似することは出来ません。

それほどヴォーカル・稲葉浩志さんのパフォーマンスは唯一無二のものとなっております。

したがって、稲葉浩志さんは最強ということで締めさせて頂きます。

ちなみに稲葉浩志さんが最強たる理由の1つである医者も驚く声帯については、コチラでご紹介しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました