スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z稲葉浩志「僕はすごい恥ずかしかったですからね、最初」彼が歌うことを恥ずかしいと思っていた理由

B'z
この記事は約5分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなB’zのヴォーカルを務めているのは、

稲葉浩志さん。

稲葉浩志さんは、B’zのヴォーカルとしての自覚と徹底した体調管理が有名で、リーダー松本孝弘さんからも「喉の管理や体力の維持に関しては普通の努力の仕方じゃ出来ない」と評価されているほどです。

さらに、稲葉浩志さんがハイトーンボイスでありながらも力強くカッコよく歌える秘密は”一般人離れした声帯”にあり、それは医者が驚いたほどです。

まさに日本が誇るアーティストB’zにふさわしい素晴らしい唯一無二のヴォーカリストです。

しかし、いまでこそその圧倒的な肺活量とハイトーンボイスからなるパフォーマンスで堂々とファンを魅了しておりますが、デビュー当時稲葉浩志さんは、

歌うことが恥ずかしかったそうです。

一体どうして、稲葉浩志さんはヴォーカルでありながら歌うことが恥ずかしかったのでしょうか。

今回は稲葉浩志さんが歌うことを恥ずかしいと思っていた理由についてご紹介させて頂きます。

ひとこと

実は稲葉浩志さんはヴォーカルには向いてなかった!?

スポンサーリンク

B’z稲葉浩志「僕はすごい恥ずかしかったですからね、最初」彼が歌うことを恥ずかしいと思っていた理由

自分の言葉を歌うことが恥ずかしかった

「B’zを始めて、僕は初めて作詞というものをやり始めたんですけれども、まず一番最初に思ったことは、恥ずかしいということ、もう字を書いてそれを歌うということが、恥ずかしかったです。」/稲葉浩志

B’z TWELVE69ページ

だって歌詞を書いてそれを歌うことが、僕はすごい恥ずかしかったですからね、最初。自分の言葉を歌うのが。」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル47ページ

稲葉浩志さんが歌うことを恥ずかしいと思っていた理由は、

自分で書いた歌詞を自分で歌うことが恥ずかしかったからです。

ちなみに、まだ稲葉浩志さんがB’zの楽曲の作詞を担当していることをご存じではない方は、コチラも楽しくご覧頂けるかなと思います。

実は稲葉浩志さんにも高校生時代に、歌詞を書いて歌っていた経験はありました。

しかし、プロの世界で沢山の人の前で歌った経験は無かったので、最初は自分で書いた歌詞を自分で歌うことが恥ずかしかったそうです。

具体的に表現することが恥ずかしい

たぶん物事をはっきり書くのが恥ずかしいというところからきていて、非常に苦手な気持ちになってたと思うんですけども、」/稲葉浩志

B’z TWELVE69ページ

その根源には、物事をはっきり表現するのが恥ずかしいという気持ちがあったそうで、

非常に苦手な気持ちになってたとおっしゃっています。

レコーディングも恥ずかしかった

レコーディングで恥ずかしがってたから、もうダメですよね(笑)」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル47ページ

「いや、書いてたことは書いてたんだけど、それまで。それをいろんな人に読まれて、何か言われるっていう経験も初めてだったし。レコーディングになると人前で歌詞をハメてったりしなきゃいけない作業が、まずすごく恥ずかしかった。”他人に見せるんだ、こんなとこ”とか思って」/稲葉浩志

B’z ウルトラクロニクル48ページ

また、基本的にレコーディングの作業はスタジオで行われるものであり、松本孝弘さんが作ったメロディと歌詞を試行錯誤しながら上手く合わせて曲を創っていくので、当然人前で歌うことになります。

なので、自分で書いた歌詞を自分で歌うことが恥ずかしかった稲葉浩志さんにとっては、人前で歌わないといけない

レコーディングも恥ずかしい作業だったそうです。

稲葉浩志さんは高校時代に作詞を担当した経験こそあったものの、プロの世界で自分で書いた歌詞を歌うといった経験はありませんでした。

なので最初は、自分が書いた歌詞を自分で歌って、さらにそれを沢山の人に聴かれることが恥ずかしかったみたいです。

ただただ稲葉浩志さんがピュアだったファンには嬉しいエピソードでした

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました