スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’zが”快楽の部屋”と見立てている場所

B'z
この記事は約3分で読めます。

B’zが1991年11月27日にリリースした5枚目のオリジナルアルバム「IN THE LIFE」には『快楽の部屋』という楽曲が収録されています。

この曲は、稲葉さんが持っている“B’zにとっての『快楽の部屋』”を男女間の絶頂感と重ねて表現されています。

では、B’zの曲のタイトルにもなり、楽曲のモチーフにもなっている“B’zにとっての『快楽の部屋』”が何を指しているのかをご紹介します☺

スポンサーリンク

LIVE-GYMの会場、空間が『快楽の部屋』

僕ら、LIVE-GYMの会場、空間を”快楽の部屋”と見立てているんです。ライブに来てくれる人たちにとって、そういう場所になってくれたらうれしいわけで。でもそういうのは誰にでもあるんじゃないかな?場所は変わっても、自分にとって快楽の部屋が」稲葉浩志(1992年)

B’z TWELVE■気持ちよくなりたけゃ・・・130ページ

「まあだから、B’zファンにとっては快楽の部屋がLIVE-GYMだと嬉しいわけで。そういうの誰にでもあるんじゃないの?場所は変わっても、自分にとって快楽の部屋が、僕らにとっても自分の部屋だったり、ツアー中のホテルの部屋だったりするワケだしさ。」松本孝弘

B’z The Book Treasure24ページ

B’zの楽曲にもなった『快楽の部屋』とはLIVE-GYMの会場とその空間のことを指しています。

そして、稲葉さんと松本さんはお2人とも、B’zファンにとっての”快楽の部屋”がB’zのLIVE-GYMになってくれたら嬉しいとおっしゃっており、それと同時にだれもが“自分にとっての快楽の部屋”は持っていると思うとおっしゃっています。

『快楽の部屋』にするために

「コンサートの間に嫌な流れの時もあります。そういう時はまず”さあ、これをこれからどうやって快楽の部屋にしていこうか“って思うんです。その流れの中でお客さんの気持ちをつかんでいこうといった、自分なりのつかみのポイントがあって。その要所要所で、どんどんハズしていって、雪だるま式に失敗の塊になっていくという。そのときはもう辛くてしょうがないですよ。観ている人たちには、きっとわからないと思いますけどね。そんな時は、なんとかこの流れを断ち切らなくちゃって、そのことばかりを考えている」稲葉浩志(1992年)

B’z TWELVE ■エネルギーの塊!不思議の塊!124ページ

稲葉さんもB’zLIVE-GYMを『快楽の部屋』に見立てているそうですが、その場所が快楽になっていないときもあるそうで、そんな時はどうにか自分が気持ちよくなれる自分にとっての『快楽の部屋』にさせるために色々と試されているみたいです。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました