スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z稲葉浩志「歌うのがキツいっていう感じではないですね」”ギリギリchop”がツラくない理由

B'z
この記事は約6分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました。

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなB’zのヴォーカルを務めているのは、

稲葉浩志さん。

稲葉浩志さんは、B’zのヴォーカルとしての自覚と徹底した体調管理が有名で、リーダー松本孝弘さんからも「喉の管理や体力の維持に関しては普通の努力の仕方じゃ出来ない」と評価されているほどです。

さらに、稲葉浩志さんがハイトーンボイスでありながらも力強くカッコよく歌える秘密は”一般人離れした声帯”にあり、それは医者が驚いたほどです。

まさに稲葉浩志さんは、日本が誇るアーティストB’zにふさわしい素晴らしい唯一無二のヴォーカリストと言えるでしょう。そんな稲葉浩志さんですが、B’zの楽曲”ギリギリchop”について、

「ギリギリchop」は全然つらくないんですよ。

というコメントを残されています。

「ギリギリchop」と言えば、B’zのギタリストであり日本が誇るギタリストでもある松本孝弘さんがダントツで1番ギター難度が高い曲に選んだ曲でもあり、B’zのロックな楽曲の中でも際立ってハードな1曲です。

それなのに稲葉浩志さんが「全然つらくない」と言い切る理由は一体どこにあるのでしょうか。

B’zファンのなかでも「ギリギリchop」はエグい曲と認知されているので、辛くない理由が気になる方も多いと思います。

なので今回は、稲葉浩志さんが「”ギリギリchop”は全然つらくない」と思っている理由についてご紹介させて頂きます。

ひとこと

いま歌えなくても誰でも”ギリギリchop”は歌えるようになる!?

スポンサーリンク

B’z稲葉浩志「歌うのがキツいっていう感じではないですね」”ギリギリchop”がツラくない理由

B’zシングル”ギリギリchop”とは

B’z Official Website (bz-vermillion.com)

「ギリギリchop」とは、B’zが1999年6月9日にリリースしたB’zの26枚目のシングル「ギリギリchop」の表題曲です。

B’zのメンバーは「ギリギリchop」がシングルになった理由について「ポップな曲だから」とおっしゃっていますが、この曲は2003年までに発売されたシングル表題曲ではBPM235とテンポが最も速い曲です。

また、当時の松本さんでも納得が出来る演奏ができるまでかなりの時間が必要だったらしく、ロサンゼルスのホテルの自室で朝の8時から練習をしていたエピソードが残っています。

“ギリギリchop”は全然つらくない

「ギリギリchop」は全然つらくないんですよ。/稲葉浩志

B’z ザ・クロ二クル 132ページ

B’z奇蹟の年代記『B’z ザ・クロニクル』のインタビュアー佐伯明さんから、「「ギリギリchop」はやっぱりつらいですか?」と聞かれた稲葉浩志さんは、

「ギリギリchop」は全然つらくないんですよ。と答えられました。

B’zの「ギリギリchop」を知っている人は驚かれると思いますが、稲葉浩志さんはこの曲を歌うことに関して“全然”つらくないと思われているみたいです。

ただ、稲葉浩志さんにとってもキツい曲はあるそうで、「ギリギリchop」よりもキツい曲もあるとおっしゃっています。

“ギリギリchop”が全然つらくない理由

音域とかけっこうキツいところはあります。でも、歌うのがキツいっていう感じではないですね。それもまたけっこう時期によって変わったりして。「これ、キツくなかったのにキツいな」っていうのが出てくる代わりに、キツかったものが「そうでもないな」っていうのが出てくるんですけどね。謎です。/稲葉浩志

B’z ザ・クロニクル 132ページ

稲葉浩志さんが”ギリギリchop”を歌うことが全然つらいない理由は、

声帯の使い方が変わったから

インタビュアーの佐伯明さんから、

「ああ、稲葉さん、最後に『ギリギリchop』、大変そうだな」って思ってるんですよ。そうじゃないんですね。と聞かれた稲葉浩志さんは、

音域とかけっこうキツいところもあります」と前置きしてから、

でも、歌うのがキツいっていう感じではないですね。」とおっしゃっています。

謎ですねえ。謎が深まります(笑)。声帯の使い方が変わってるのかもしれないです。声帯の形態も―まあ形態は多少の変化はあると思うんですけど。もうそれは楽しみながらやるしかないですね。/稲葉浩志

B’z ザ・クロニクル 132ページ

そして、稲葉浩志さんはキツいと感じていた曲がそうでもなくなっていたり、何とも感じていなかった曲がキツくなっているのはおそらく声帯の使い方が変わったからだと考えているそうです。

この稲葉浩志さんの考え方から考察すると“ギリギリchop”もリリースした当初は歌いにくかったが、音楽活動をしていくなかで自然と声帯の形態が変化して、全然つらくなくなったと考えられます。

ただ、声帯の使い方や声帯の形態が変わって歌いやすくなった曲があるということは、当然「これ、キツくなかったのにキツいな」と感じる曲も生まれてきているみたいです。

しかし、稲葉浩志さんは決して悲観的にはなっていないそうで、

もうそれを楽しみながらやるしかないですねと答えておられます。

普通これまで出来ていたことが出来なくなったら落ち込んでしまうのが当たり前だと思いますが、稲葉浩志さんはそれさえも楽しんでしまおうという気概を持っておられるみたいです

やっぱり稲葉浩志さんしか勝たん。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました