スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’zはワガママから生まれたバンド!?松本孝弘「それがイヤだったんだよね(笑)」

B'z
この記事は約5分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなトップアーティストB’zの生みの親である松本孝弘さんは、プロの音楽の世界に入るまでは東京にある池部楽器店さんの池袋店でアルバイトをされていました。

18歳の松本孝弘さんはアルバイトをしながら将来について考えたこともあったそうですが、夢を追いかけるのではなく、現実を見ていたそうです。

しかし、完全にプロの世界を諦めていたわけでもなかったみたいで、スタジオ・ミュージシャンに憧れられていました。

そして結果的に事務所に送った1本のデモテープがキッカケとなり、

松本孝弘さんはセッション・ギタリストとしてプロの世界に進むことになります

プロの世界に進んでからの松本孝弘さんは、プロのギタリストとして「浜田麻里」さん「TM NETWORK」さんをはじめとするミュージシャンのツアーサポートやスタジオ・ミュージシャンとして活動されていました。

会社に所属したばかりの頃は、音源を残すようなスタジオでの仕事が多かったそうですが、次第にライブの仕事が増えて、スタジオの仕事よりもライブの仕事が中心となります。

そして、浜田麻里さん、TM NETWORKさん、ベーシストの鳴瀬喜博さんをリーダーとして活動した”うるさくてゴメンねBAND”の3つのグループで同時にセッションギタリストとして活動していた頃は、年間120本ぐらいライブをやっていたみたいです。

単純に計算してもライブを3日に1回していたことになります。

そんなセッション・ミュージシャンとして、ライブ漬けの日々を過ごしていた松本孝弘さんのなかで、

ある感情が生まれ始めたんです

そして、その感情がキッカケとなり、”自分だけのバンドを作る“と決心した松本孝弘さんはセッション・ミュージシャンをやめて、のちに稲葉浩志さんと「B’z」を結成してデビューしました。

では一体、セッション・ミュージシャン松本孝弘さんのなかでどんな感情が生まれていたのでしょうか。

今回は、松本孝弘さんがセッション・ミュージシャンをしていたときに生まれた感情についてご紹介させて頂きます。

ひとこと

松本孝弘さんのなかでこの感情が芽生えなかったら、B’zは生まれなかった

スポンサーリンク

B’zはワガママから生まれたバンド!?松本孝弘「それがイヤだったんだよね(笑)」

自分の音楽がやりたかった

「まあ、”勝ちたかった”んだよね、ホントに。たいていの仕事って、セッションじゃないですか。で、僕もセッション・ミュージシャンっていうのをやってたけども、人のために音楽やるんじゃなくて、”自分の音楽をやりたいな”っていうのは、すごくあったと思うんだよね。そこがやっぱり大きかったと思う」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル38ページ

松本孝弘さんがセッション・ミュージシャンをしていたときに生まれた感情とは、

自分の音楽をやりたいなという感情です。

松本孝弘さんは、最初はセッション・ミュージシャンに憧れてプロの音楽の世界に進まれたのですが、長くセション・ミュージシャンとして活動をしていると、誰かのためにするセッション・ミュージシャンよりも”自分の音楽がやりたい“と思うようになっていたそうです。

「人に合わせて動かなくちゃいけないじゃないですか、基本的に仕事って」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル38ページ

「・・・わがままかもしれないけど、それがイヤだったんだよね(笑)」/松本孝弘

B’z ウルトラクロニクル38ページ

そして、その”自分の音楽がやりたい”という思いの根源には、

人に合わせて動くのがイヤだからという気持ちがあったそうです。

おそらく松本孝弘さんはセッション・ミュージシャンとして活動しているときにも、既に自分がやりたい音楽はあったんだと思います。

しかし、セッション・ミュージシャンとして活動している以上は、あくまでもサポート役なので自分が前に立って好きなようにやりたい音楽をすることは出来ません

だからセッション・ギタリストとして活躍していて、ある程度の収入があったにも関わらず、人に合わせないで”自分だけの音楽がやりたいな“という感情が生まれた松本孝弘さんは、

自分だけのバンドを作りたいと思って、のちに稲葉浩志さんとB’zを結成されました。

やっぱり、このエピソードからも松本孝弘さんのなかでは好きでやっているかどうかが重要なポイントになっていると伝わりますし、過去にはB’zでの音楽活動は好きでやっているというような嬉しいコメントも残されています。

意外にもB’zは松本孝弘さんのワガママともとれる考えから生まれたバンドなのかもしれませんが、それが松本孝弘さんのしたい音楽活動であり、それを続けてもらうためにはファンの応援が不可欠です。

なので、これからも松本孝弘さんに好きな音楽活動を続けてもらうためにも、もっともっとB’zを応援していきましょう。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました