スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘「音楽を創ってツアーをやるのは当たり前」彼がファンの人たちに感謝している理由

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなB’zのリーダーであり、ギターを務めているのは、

松本孝弘さん。

そんな松本孝弘さんはB’zのデビュー30周年の節目の年に、「B’zザ・クロニクル」のインタビュアーの佐伯明さんから“30年かけてB’zに自分が捧げてきたもの”について質問を受けたときに、

B’zには捧げてきたっていうよりも与えられたことの方が大きいと答えられました。

しかし、人生の半分以上をB’zとして活動していれば、B’zをしていたから出来なかったことや我慢を強いられたこともあるはずです。

それでも松本孝弘さんが「与えられたことの方が大きい」と言い切れる理由は、ファンに関係しているそうで、本当にファンの人たちに感謝しているという旨のコメントもされています。

ではどうして、松本孝弘さんはファンの人たちにそれほど感謝しているのでしょうか。

今回は、松本孝弘さんがファンの人たちに感謝している理由についてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

B’z松本孝弘「音楽を創ってツアーをやるのは当たり前」彼がファンの人たちに感謝している理由

出典:B’z Official Website (bz-vermillion.com)

ファンがいるからこそ

B’zには捧げてきたっていうよりも与えられたことの方が大きい。だってもともと自分が気持ちよくなりたいから音楽をやってるわけじゃないですかそれでB’zという形を創って、それを、今ホントにたくさんのファンの人たちが僕たちの音楽を聴いてくれて観に来てくれて。30年もやってるからそれぞれに想い出があったりもして。だから、捧げてきたっていうよりも与えていただいたもののほうが全然大きいと思う。/松本孝弘

B’z ザ・クロニクル134ページ

松本孝弘さんがファンの人たちに感謝している理由は、

好きな音楽活動を続けられるからです。

松本孝弘さんは、音楽活動をしている理由について”気持ちよくなりたいから”とおっしゃっており、そのコメントからも音楽に携われることが歓びになっているみたいです。

しかし、自分たちが好きな音楽活動を続けるためには、

絶対にファンが必要になります。

自分たちが生み出した曲を聴いてくれる人や、自分たちに会いに来てくれるファンがいて、初めて音楽活動は成り立つんです。

だから、松本孝弘さんは自分たちの音楽活動を応援してくれているファンの人たちに対して感謝されているみたいです

音楽活動を続けるのは当たり前

ホントに好きで始めたグループだし、だからこそ音楽を創ってツアーをやるのは当たり前のことでしょう?/松本孝弘

B’z ザ・クロニクル134ページ

松本孝弘さんは、そのファンの人たちへの感謝の気持ちをファンの人たちに返すためには、音楽を創ってツアーをすることだと考えておられるそうで、音楽を創ってツアーをするのは、

当たり前のことだとおっしゃっています。

ちなみに松本孝弘さんのなかで、応援してくれるファンの存在がB’zの音楽活動を続ける使命にもなっているそうで、「ニーズがある限りは続ける」という嬉しい言葉までおっしゃってくださっています。

なので、今後も松本孝弘さんに音楽活動を続けてもらうためにも、これからもB’zを応援していきましょう。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました