スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’z松本孝弘「今思い出すと、やっぱり・・・」自身のバンドが売れたと思ったときのエピソード

B'z
この記事は約5分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

しかし、現在でこそトップアーティストとして君臨されておられますが、デビュー当初から人気を集めていたロック・ユニットだったわけではありません。

B’zのデビューシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」は、 松本孝弘さん、稲葉浩志さんの曲制作の手応えに反して、ヒットには至りませんでした

そんな当時は売れていなかったB’zのリーダーであり、ギターの松本孝弘さんが”B’zが売れたと思った瞬間“については過去にまとめさせてもらいましたが、

松本孝弘さんがB’zが初めてヒットしたなと思えたのは一体いつだったのでしょうか。

この松本孝弘さんが、B’zが初めてヒットしたなと思った出来事について、松本孝弘さんがインタビューのなかで話されていましたので、まとめてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

B’z松本孝弘「今思い出すと、やっぱり・・・」自身のバンドが売れたと思ったときのエピソード

出典:B’z Official Website (bz-vermillion.com)

やっぱり『RISKY』

今思い出すと、やっぱり『RISKY』-『RISKY』って1位になったよね?『RISKY』のときかなあ。『RISKY』が1位になって、シングルって何だったっけ、「ALONE」だったっけ。「Easy Come,Easy Go!」とか?「太陽のKomachi Angel」だ。でも「太陽のKomachi Angel」は『RISKY』に入ってないよね。/松本孝弘

B’z ザ・クロニクル168ページ

松本孝弘さんがB’zが初めてヒットしたなと思った出来事は、

『RISKY』が1位になったときです。

松本孝弘さんが名前を挙げた『RISKY』とは、B’zが1990年11月7日にリリースした4枚目のオリジナルアルバムです。

収録曲には、B’zのヴォーカル稲葉浩志さんのねがいが込められた曲”Easy Come, Easy Go!“や稲葉浩志さんのリアルな電話の声が録音されている”It’s Raining・・・“など、数々の名曲が揃っています。

当時、音楽業界では“アルバムを3枚リリースするまでにヒットしなければ、レコード会社から見切りをつけられる”と言われていたため、松本孝さんはなんとか3枚目のアルバムをリリースするまでに自分のバンドを売れさせるという明確なビジョンをもっていました。

そして、その目標は「BREAK THROUGH」(B’zが1990年2月21日にリリースした3枚目のオリジナルアルバム)がB’z初のベスト3入りの大ヒットとなり果たされます。

しかしその後もB’zの快進撃は止まらず、次にリリースされた4枚目のオリジナルアルバム『RISKY』はB’zオリジナルアルバムとして初のオリコンチャート1位を獲得しました。

松本孝弘さん自身もそのときB’zの勢いを感じられていたそうで、インタビュアーの佐伯明さんから、

「B’zが自分の設計図通りに行ったな、世の中のど真ん中に行ったなと思えたときはいつですか?」

という、質問に対して思い出しながら、

「やっぱり『RISKY』かな」と答えられました。

やっぱり、オリコンチャートで1位を獲ると”ヒットした”と思うんですね。

ちなみにB’zの4枚目のオリジナルアルバム『RISKY』がオリコンチャート1位を獲ったときのB’zのお二人の感想については、過去にまとめさせて頂きましたので宜しければご覧ください。

満杯にならなかった沖縄で確信

で、あのときはツアーも、全国ツアーでホールツアーだったんですよ。けっこうくまなく、回ったんだけども、沖縄だけ満杯にならなくて。だけど僕はステージ上からお客さんの反応を見て、「次の沖縄は絶対に満杯になるな」と確信しましたね。そしたら案の定次は満杯でした。それは良く覚えてる。/松本孝弘

B’z ザ・クロニクル168ページ

しかし、松本孝弘さんのなかで”ヒットした”という確かな感覚があったにも関わらず、ライブツアーでは残念ながら空きが残っている会場がありました。

ただ、松本孝弘さんは、その満杯にならなかった沖縄公演でステージ上からお客さんの反応を見て、次の沖縄は絶対に満杯になるなと確信を持たれたそう。

このことからも松本さんは、B’zが世間に浸透し始めて、オリジナルアルバム『RISKY』がオリコンチャート1位を獲得したときに、

“B’zは売れた”と思われたみたいです。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました