スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【B’z】レコーディングに1000時間!?B’zのサウンドを確立させた作品『OFF THE LOCK』

B'z作品紹介

僕たち自身にとっては、音楽を作っていく立場で、サウンド的に1枚目で作ったラインを僕ら自身で破って前に出ていくという意味ですね(松本孝弘)

B’zは、ギタリスト松本孝弘とボーカリスト稲葉浩志からなる日本のロックユニットです。

1988年に1stシングルだからその手を離してと1stアルバム『B’z』の同時リリースで、デビューして以降、オリコンチャート1位やミリオンセラーなど、数々のヒット曲を世に生み出し続けています。

なかでも、1988年発売のベストアルバム『B’z The Best”Pleasure”』は日本国内の音楽史上初めて売上枚数が500万枚を越えたほか、同年発売の『B’z The Best”Treasure”』との2作品合計で約1,000万枚の売上達成の記録を打ち立てました。

また、2007年には、アジア圏のミュージシャンとしては初めて『ハリウッド・ロックウォーク』に殿堂入りも成し遂げました。その翌年2008年にはギネス世界記録から「日本でもっともアルバムを売り上げたアーティスト」の認定も受けるなど音楽界の歴史的な記録を塗り変え続けています。

それだけでなく、1989年の『B’zLIVE-GYM#00″OFF THE LOCK”』からB’zのライブは『LIVE-GYM』とタイトルがつけられるようになり、

2019年7月6日に行われた『B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love』大阪城ホールの公演で、B’zは通算1,000回目のLIVEを達成し、デビューから30年以上が経ったいまでも衰えることを知らないモンスターロックバンドです。

そんな音楽界のトップを走り続けるB’zのサウンドを確立させた作品と言われているB’z2枚目のアルバム『OFF THE LOCK』についてご紹介します☺

スポンサーリンク

B’z2枚目のアルバム『OFF THE LOCK』について

出典:B’z Official Website (bz-vermillion.com)

『OFF THE LOCK』は、1989年5月21日にリリースされたB’zの2枚目のオリジナルアルバムです。

収録曲には、B’zファンクラブ(B’z Party!!)で行われた『Pleasureに欠かせないB’zナンバーアンケート』で第10位にランクインするほど人気の高い”OH! GIRL“や友人の恋を応援する男性がかっこいい曲”HURRY UP!“など数々の名曲ナンバーが揃っています。

また、この作品は初めて収録されるすべての楽曲を稲葉さんが作詞、松本さんが作曲を担当して制作されました。

B’z『OFF THE LOCK』チャート記録

1989年5月21日にリリースされたのち1989年5月29日付オリコン週間オリコンチャートにおいて初登場35位を記録しましたが、100位以内には4週ランクインしたのみで前作『B’z』と同様にほとんど売れませんでした。

メンバー曰く「(時間をかけたわりにはあまり売れず)周りの関係者からお叱りをうけた」と語っており、後に松本さんはインタビューで「全曲シングルでいけると思ったのになぜか売れなかった」とコメントされています。

しかし、実験的に発売したミニ・アルバム『BAD COMMUNICATION』のヒットとともに売上を伸ばし、最終的には60万枚以上のセールスを記録しました。

B’z『OFF THE LOCK』のタイトルの由来

「もともとは”鍵をはずせ”という意味なんですけども。たとえばリスナーの人だったら、日常生活であったりとか恋愛であるとか、まあ友人関係であったりとか、そういう既成概念にとらわれずに自分自身で鍵を開けて新たなところに一歩出て、人とつきあうとか生活するというテーマがあったんです。僕たち自身にとっては、音楽を作っていく立場で、サウンド的に1枚目で作ったラインを僕ら自身で破って前に出ていくという意味ですね。それで、コンサートっていうのが1番大きな”OFF THE LOCK”になるんです。」松本孝弘(1889年)

B’z TWELVE■何もないところから始まって・・・170ページ

2000年に発売されたB’zオフィシャルブック『TWELVE』には松本さんのこのようなコメントが残されているので、『OFF THE LOCK』は前作『B’z』を越えるという目標の基作られた作品であり、その気持ちがそのままアルバムタイトルに使われています。

B’z『OFF THE LOCK』制作秘話

『OFF THE LOCK』は「全曲シングルにできるくらいのクオリティ」を目指して作られ、制作には約1,000時間弱と当時の新人アーティストとしては異例の時間を費やして完成させられた作品みたいです。

そして、アルバムタイトルの由来にもなっている“サウンド的に1枚目で作ったラインを自身で破って前に出ていくという姿勢”をもって制作されたのでB’zのサウンドを確立させる基となる作品が生まれました。

初期の頃、特に2枚目(OFF THE LOCK)のときは最悪でした。とにかく、曲はとっくに出来上がっているのに詞が全然できなかった。そのためにすべての作業が遅れてましたから、みんなから「何やってるんだ!」と責められる。しかも、その間には地方のキャンペーンの仕事も入っていたので、帰ってからレコーディングが待っているわけです。空港の椅子とかでずうっと歌詞を考えたりしていましたから、ムチャクチャ憂鬱でした。それで、やっとできて持っていっても、何だかんだと文句をいわれる。もう難癖としか思えなかった、当時の僕からすると。」稲葉浩志(1998年)

B’z TWELVE■「もがいてもがいて」は・・・カッコ悪いコトじゃない111ページ

六本木にスタジオがあったんですけど、そっちの方面の電車に乗ることすら嫌だった。本当に何度投げ出そうと思ったかしれないけれど、それすら許されなかった。だから、もう言葉をひねり出すという感じでした。自分の中に言葉のストックもなければ、パッといい言葉をつかまえる力もなかった。でも、あのとき苦しんで書き上げたのがすごく勉強になっています。本当に我ながらよくやったなあと思いますけど、いまだにそのアルバムを聴くと当時のことを思い出して、ちょっとどんよりした気持ちになるんです」稲葉浩志(1998年)

B’z TWELVE■「もがいてもがいて」は・・・カッコ悪いコトじゃない111ページ

しかし、『OFF THE LOCK』の制作期間が稲葉さんにとっては一番作詞に悩んだ時期だったそうでその後のインタビューでは当時の気持ちについて本音で語られておられます。

B’zスタッフの方々のコメント

今までのレコーディングで印象深かったのは、『OFF THE LOCK』を作っていた頃かな。B’zサウンドを確立していく基となるようなアルバムだったから、ものすごく時間をかけて作ったし、松本さんも妥協をしなかった。アレンジでも納得がいくまでさんざんやり直しましたね。たぶんこれが今までで一番時間が掛かった作品だと思います。寺島良一(ディレクター)

music Freak Special B’zにまつわるエトセトラ92ページ

レコーディングとして一番最初に携わったのが『OFF THE LOCK』だったので、そういう意味では思い出深い作品ですね。完成形に近くなってもアレンジを何度もやり直したし、稲葉さんも何度も詞を書き直したりして。もっと良くなるはずだって、前向きでしたね。当時はスタジオの数も少なかったので、スケジュールを取るのも大変だったんです。だから夜中の1時に取れたとなったら、そこからレコーディングを始めたりして。本当に必死でしたね。鶴田典彦(チーフ・マネージャー)

music Freak Special B’zにまつわるエトセトラ92ページ

B’zのお二人が自分たちのさらなる成長を期待していた『OFF THE LOCK』の制作にはスタッフの方々のサポートもありました。

そのスタッフの方々も『OFF THE LOCK』の制作が一番大変で印象深かったとおっしゃっています。

『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-』B’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビュー

『OFF THE LOCK』での思い出については、2020年の10月31日から11月28日まで毎週土曜日に5週連続で開催されたB’z初となる無観客配信LIVE『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-』Day1の直前に配信されたB’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビューの中でも話されていました。

【スペシャルインタビューの書き起こし】

■「OFF THE LOCK」での思い出は?

インタビュアー:『OFF THE LOCK』について、セカンドアルバムですべてシングルで出せるほど力を入れたと松本さんがおっしゃっていましたが、その中でも松本さんが特に思い出に残っている楽曲はありますか?

松本孝弘:どうだろうね、でもキャッチーな曲が多いのは確かですね。

SAFETY LOVE」なんかボク結構好きだったなぁ、あと何が入ってたのかな。

LOVING ALL NIGHT」とかも結構好きだったな。

稲葉浩志:「GUITAR KIDS RHAPSODY」はね。

なんかね、スタジオの作業が終わったあと、会社のあそこの交差点のケンタッキーの上のビルのところで、スタッフとか寺島さんとか社長とかみんな集まって、車座になって歌詞カードを見ながらみんなで「ああでもない」「こうでもない」ってずっと言ってた(笑)真夜中に(笑)

インタビュアー:その時、稲葉さんはどう思ってたんですか?

稲葉浩志:みんなの意見を聞きながら、一枚こうあげて(テーブルの上から歌詞カードを手に取るジェスチャー)

「ん?」って感じで(笑)

B’z『OFF THE LOCK』収録曲

01. 君の中で踊りたい

02. HURRY UP!

03. NEVER LET YOU GO

04. SAFETY LOVE

05. GUITAR KIDS RHAPSODY

06. 夜にふられても

07. LOVING ALL NIGHT

08. OH! GIRL

09. ROSY

10. OFF THE LOCK

B’zのサウンドを確立させた作品『OFF THE LOCK』

B’zの2枚目のオリジナルアルバム『OFF THE LOCK』は前作を越えるという目的があって制作された作品です。

そのため、当時の新人アーティストとしては異例の1000時間弱を費やして制作された作品であり、作家としてのキャリアが無かった当時の稲葉さんはスタジオに行く電車に乗るのが嫌になるほど苦労した作品でもあります。

しかし最後まで一切妥協しないで取り組んだからこそ『OFF THE LOCK』はB’zのサウンドの基を確立させた作品になったし、辛い経験をしたからこそ稲葉さんの作詞家としてのウデが磨かれました。

まさに『OFF THE LOCK』はそれまでのB’zの殻を破ったことを象徴する作品です

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました