スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【B’z】【HURRY UP!】”まだ間に合う”!!友人の恋を応援する男性がかっこいい曲

B'z曲紹介
この記事は約7分で読めます。

今回ご紹介するのは、B’zの『HURRY UP!』という楽曲です。

この曲は”友人の恋を応援する男性“の姿が描かれており、友人のことを考えたセリフがいくつもあるので、男の友情が感じられる1曲になっています。

また、歌詞の全部が話し口調で書かれているB’zの曲の中でも珍しい曲となっています。

この曲を聴き終える頃には、

「主人公カッコいい(゚Д゚)」となっているはずです!

それでは、”男の友情”が描かれている熱い曲『HURRY UP!』をご紹介します😇😇

スポンサーリンク

【B’z】【HURRY UP!】”まだ間に合う”!!友人の恋を応援する男性がかっこいい曲

最強モンスターロックバンド『B’z』

まずは、『HURRY UP!』についてご紹介する前にB’zについて簡単にご紹介したいと思います。

B’zは、ギタリスト松本孝弘とボーカリスト稲葉浩志からなる日本のロックユニットです。

1988年に1stシングル『だからその手を離して』と1stアルバム『B’z』の同時リリースで、デビューして以降、オリコンチャート1位やミリオンセラーなど、数々のヒット曲を世に生み出し続けています。

なかでも、1988年発売のベストアルバム『B’z The Best”Pleasure”』は日本国内の音楽史上初めて売上枚数が500万枚を越えたほか、同年発売の『B’z The Best”Treasure”』との2作品合計で約1,000万枚の売上達成の記録を打ち立てました。

また、2007年には、アジア圏のミュージシャンとしては初めて『ハリウッド・ロックウォーク』に殿堂入りも成し遂げました。その翌年2008年にはギネス世界記録から「日本でもっともアルバムを売り上げたアーティスト」の認定も受けるなど音楽界の歴史的な記録を塗り変え続けています。

それだけでなく、1989年の『B’zLIVE-GYM#00″OFF THE LOCK”』からB’zのライブは『LIVE-GYM』とタイトルがつけられるようになり、

2019年7月6日に行われた『B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love』大阪城ホールの公演で、B’zは通算1,000回目のLIVEを達成し、デビューから30年以上が経ったいまでも衰えることを知らないモンスターロックバンドです。

収録アルバム『OFF THE LOCK』

『HURRY UP!』が収録されているアルバムは、1989年5月21日リリースのB’zの2枚目のアルバム「OFF THE LOCK」という作品です。この作品は初めて収録されるすべての楽曲を稲葉さんが作詞、松本さんが作曲を担当して制作されました。

1989年には松本さんがこのアルバムタイトルについて

もともとは”鍵をはずせ”という意味なんですけども。たとえばリスナーの人だったら、日常生活であったりとか恋愛であるとか、まあ友人関係であったりとか、そういう既成概念にとらわれずに自分自身で鍵を開けて新たなところに一歩出て、人とつきあうとか生活するというテーマがあったんです。僕たち自身にとっては、音楽を作っていく立場で、サウンド的に1枚目で作ったラインを僕ら自身で破って前に出ていくという意味ですね。それで、コンサートっていうのが1番大きな”OFF THE LOCK”になるんです。

B’z TWELVE

このようにおっしゃっていたので、自分をしっかりもって新しいことにチャレンジしたいときにピッタリの曲が多いのかもしれません。

またこの作品は「全曲シングルにできるくらいのクオリティ」を目指して作られ、製作には約1,000時間と当時の新人アーティストとしては異例の時間を掛けて完成させた作品みたいです。

「OFF THE LOCK」収録曲

1.君の中で踊りたい

2. HURRY UP!

3.NEVER LET YOU GO

4. SAFETY LOVE

5.GUITAR KIDS RHAPSODY

6.夜にふられても

7.LOVING ALL NIGHT

8.OH! GIRL

9.ROSY

10.OFF THE LOCK

『HURRY UP!』の歌詞を徹底解釈

『HURRY UP!』の主人公の男性は、恋人と別れそうになっている友人に「別れるのはもったいない」と言いながら友人と彼女との間をつなぐ役割を担ってくれています。

主人公が友人に言っているセリフがまたカッコいいんです(☆。☆)

Hey You 何があったのか知らないけど 彼女はCryin’

She was 泣きながら出ていったよ 振り返りもしないで

Uta-Net B’z HURRY UP!歌詞

舞台はおそらく主人公の友人が住んでいる家の部屋。

部屋の中は主人公と友人の2人だけがいて、主人公が友人に向かって話しているという構図です。

主人公は何か約束があって友人が住む家を訪れたみたいですが、玄関で部屋から泣きながら出てきた友人の彼女とすれ違います。

あまりにも突然のことに何があったのか分からないでいましたが、彼女は泣いていたし、振り返らないでどこかに行ってしまったのでただ事ではないなと気がつきました。

あんなに 仲良かったじゃない

あんないい娘は いないのに

お前のこと うらやましかったのは

彼女のことだけだよ

Uta-Net B’z HURRY UP!歌詞

主人公は友人から彼女が出て行った理由を聞いたみたいです。

歌詞のなかには、その明確な理由は描かれていないんですけど、2番の歌詞に『あの娘は空港のロビー』というフレーズがあるので、おそらく友人の彼女が遠くへ行かないといけないことになり、遠距離恋愛をすることになったけど、そこにお互いの考え方の違いが生まれ喧嘩をしてしまったんだと想像ができます。

だから、彼女は家を泣きながら出ていったんです。

それなのに彼女を追いかけずに部屋にいる友人に主人公は彼女の大切さを気づかせようとしています。

Hurry Up! 今なら間に合う

世話がやけるぜ このヤロウ

誰かにとられたって 知らないぜ

Uta-Net B’z HURRY UP!歌詞

主人公は「急いで迎えに行けば間に合う」と言って友人の背中を押しています。

でも、どうやらこういうセリフを言うのは気恥ずかしいようで、世話が焼けるしょうがない奴だなと照れ隠しをしながらも友人にエールを送ったみたいです。

Hey You 今頃 あの娘は 空港のロビー

She is きっとお前が むかえに来るのを待っているはず

Uta-Net B’z HURRY UP!歌詞

彼女が部屋から出て行ってからどれぐらいの時間が経ったのかは分かりませんが、主人公がもう空港には到着していると言っているので、もう小一時間は時間が経っているのかも知れません。

なのに友人は喧嘩した熱が冷めないのか未だに彼女を追いかけられずにいるみたい。

一方で彼女はというと、空港のロビーで友人のことを待っているはずだと主人公は考えています。

主人公は友人と彼女の話を聞かされていたのでしょうか、喧嘩をしたぐらいでお互いの相手が好きな気持ちが消えることはないと分かっているからこそ2人の関係を繋ぎ止めようとしているみたいです。

あんなに大切にしてたじゃない

逃がした Hip Chicは大きいよ

お前に 一番必要なのは

(いったい)何だったんだ 行ってやれよ

Uta-Net B’z HURRY UP!歌詞

友人のことをよく知っているからこそ出てくる言葉がめちゃくちゃかっこいいです。

主人公は、友人にとって彼女の存在がどれだけ大きくなっているのか、友人が彼女を失ったらどんな思いをするのか全部分かっているんでしょうね。

だから、ここまで直接的な言葉は使ってませんでしたが、ここでついに『行ってやれよ』と友人に彼女の元へ行くように言葉を掛けたんです。

Hurry Up! 今なら間に合う

Oh! 飛んでって 抱きしめてやれ

お前にはもったいないよ あきれちゃうぜ

Hurry Up! 急げば間に合う

やっぱり それしかないと気が付いたら

照れるなよ 気取るなよ 手離すな

Uta-Net B’z HURRY UP!歌詞

あくまでも、主人公は友人と彼女との関係を繋ぎ止めようとしている様子です。

「照れるなよ」「気取るなよ」「手離すな」と、過保護とも受け取れるぐらい丁寧で細かなエールですが、こうでも言わないと友人は素直な自分の気持ちを言えない性格で、それを主人公は知っているんだと思います。

そして、最後まで友人にエールを送ったところで曲は終わります。

友人が主人公からの言葉をもらって空港に向かったのか、その後2人の関係がどうなったのかは歌詞には描かれていないので分かりませんが、だからこそ想像や妄想ができる楽しい曲だと思います。

友人の恋を応援する主人公の姿がめっちゃカッコいい曲

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました