スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【B’z】更なるB’zの進化を期待させてくれるアルバム『RISKY』

B'z作品紹介
スポンサーリンク

B’z オリジナルアルバム『RISKY』とは

出典:B’z Official Website

B’zの『RISKY』とは、B’zが1990年11月7日にリリースした4枚目のオリジナルアルバムです。

収録曲には、B’zのヴォーカル稲葉浩志さんのねがいが込められた曲”Easy Come, Easy Go!“や稲葉浩志さんのリアルな電話の声が録音されている”It’s Raining・・・“など、数々の名曲が揃っています。

『RISKY』の表・裏ジャケットに表記されている「B’z」のロゴマークは『RISKY』の先行シングル「Easy Come, Easy Go!」とB’zの7枚目のシングル「愛しい人よGood Night…」と同じものが使用されています。

また、『RISKY』のロゴマークは「B’z」のロゴマークとトータルでデザインされたため、『RISKY』のロゴマークの上部に凹みが作られ「B’z」のロゴマークと違和感なく一緒に配置できるようになっています。

B’z オリジナルアルバム『RISKY』チャート記録

彼らが実験的に発売したミニ・アルバム『BAD COMMUNICATION』がロングヒットしていたことが布石となり、『RISKY』はミリオンセラーを達成し、B’zのアルバム作品として初めてオリコンチャート1位を獲得しました。

『RISKY』がアルバム1位を獲得したときのB’z松本孝弘さん、稲葉浩志さんの感想はコチラでご紹介しております。

B’z オリジナルアルバム『RISKY』制作

制作前に思っていたこと

うん。そういう風に思って、いい意味で裏切らなきゃいけないっていうプレッシャーは作る前からあった。今回は次へのスタートみたいな事があって。/松本孝弘

B’z The Book Treasure19ページ

ギタリストとしてとか作曲家としてとかトータルのプロデューサーとしてとか各方面今まで作った物とは違う物っていうかね、そういうプレッシャーは凄いあったな。/松本孝弘

B’z The Book Treasure19ページ

B’zは3枚目のオリジナルアルバム「BREAK THROUGH」までの3枚のアルバム(1st Album “B’z“,2nd Album”OFF THE LOCK“,3rd Album “BREAK THROUGH“)で一段落ついたそうです。しかし、だからこそこれまでのB’zとは違うようないい意味で裏切らないといけないというプレッシャーを感じていたと松本孝弘さんはおっしゃっています。

B’z初の海外制作

『RISKY』を制作するにあたって、凄いギターサウンドが好きなニューヨークのジェイソン・コーサロさんをレコーディング・エンジニアとして起用したためこの作品はB’z初の海外制作となりました。

B’zにとってRISKYだったこと

最初の楽曲作りの部分でも、今回特にハードな物を、とかね。あとジェイソンを起用する事自体かなり危険だったからね(笑)。ニューヨークでトラックダウンした事もそうだし。/松本孝弘

B’z The Book Treasure20ページ

「このアルバムは作る上でのB’zのRISKYは何でしたか?」という質問に、松本孝弘さんはジェイソンを起用したことやニューヨークでトラックダウンをしたことを挙げています。

松本孝弘さんは本作品でこれまでとは違ったB’zを見せるために初めての試みを行いました。

しかし、それは同時にB’zにとってリスクもあったそうです。

稲葉浩志さんがヴォーカルとして意識したこと

ヴォーカルに関して言えば・・・B’z始める前までは結構ワイルドな部分だけみたいなタイプのヴォーカリストだったんですけど、B’z始めてからは凄くキッチリ歌おうっていう事を自分で身につけようとしながら、3作目までやってきて。逆に今度はその前まで持ってた自分のワイルドな部分とかがうまいバランスで出て来ればいいなァって。/稲葉浩志

B’z The Book Treasure19ページ

稲葉浩志さんはB’zを始めてからヴォーカリストとしての意識をB’zを始める前とは変えていたそうです。しかし、本作ではB’zを始める前に見せていたワイルドな部分B’zを始めてからのキッチリとした部分をバランス良く組み合わせることを意識しておられたみたいです。

稲葉浩志さんの作詞について

書きやすかったですね。今回は、結構ね、自分の中だけで出発していく部分が多いんですよ。だから君だの何だのって言ってる部分でも、その君は僕だったりっていう曲が結構多い「FRIDAY MIDNIGHT BLUE」はホントにそういう運転手に会ったんですけど、レコーディングの最初の頃に。で、面白いから詞にしちゃおうなんて思って。

B’z The Book Treasure20ページ

B’zの楽曲の作詞を担当する稲葉浩志さんは、自分の気持ちをダイレクトに言葉にすることが恥ずかしかったそうで、デビューアルバム「B’z」の収録曲には抽象的な言葉を多く使っていました。でも、2枚目のオリジナルアルバム「OFF THE LOCK」は意識して逆に表現を具体的に書いたそうです。

さらに、本作『RISKY』では稲葉浩志さんの実体験がそのまま曲になっていたり、”君”というワードも実は稲葉浩志さん自身を指している場合が多くなっているみたいです。

B’z オリジナルアルバム『RISKY』特徴

全面にギターサウンド

今回はジェイソンっていう凄いギターサウンドが好きな人をレコーディング・エンジニアに起用した事で、バランス的に今まで以上に全面に出してくれて。/松本孝弘

B’z The Book Treasure19ページ

トラック・ダウンを行ったニューヨークのジェイソン・コーサロさんがギターの音が好きな人ということで、松本孝弘さんのギターサウンドがこれまでの楽曲よりも全面に表現されています。

これまでのB’zになかったパターン

曲のほうだと、アレンジも含めて、今までなかったリズム・パターンとか。割とそういうチャレンジを。アイデア的にバラードで稲葉がしゃべってみるとかね。プロデュースという面では全然言葉の通じない人を起用する訳だから、最初は遠慮があったけど後半は思ってる事もはっきりと言えたし。/松本孝弘

B’z The Book Treasure19ページ

言葉の通じないジェイソン・コーサロさんを起用したことで最初は遠慮をしてうまく意見が言えなかったそうですが、後半は最初とは違って思っている事ははっきりと言えたそうです。

結果的にジェイソン・コーサロさんという新しい風を加えたことで、これまでのB’zにはなかったリズム・パターンとかアイデアを生み出すことが出来ました

B’z オリジナルアルバム『RISKY』テーマ

詞のテーマ

で、今回何かなって詩を読んでたら、好きな物を捜したり見つけてそれを手に入れる為にもがいてるっていう状況があって、その為にはRISKYという危険を覚悟の旅だとか、悪く言っちゃうと自分を温かく包んでくれている物から1回出てみるみたいな、そういう気持ちがあったんで。とにかく好きな事だとか本当にやりたい事だとかをまず見つけるのに苦労すると思うし、そうやって見つかった物をいかにして手に入れるかっていうので一苦労、その一連のもがきっていう感じですね。/稲葉浩志

B’z The Book Treasure20ページ

今回も1つのテーマを置いて詞を書いていた訳ではなかったそうですが、その時の自分の状況とか自分の中から出てきた物だからやっぱり通して見ると貫かれてる物があったとおっしゃっています。

その一貫してあったテーマとは、好きなことや本当にやりたい事を見つけるためには危険を冒してでも一歩踏み出すことが必要で、もしそれを見つけられたとしても手に入れるには苦労が伴う

で、危険っていう事に関して言えば、意識して危険を経験していくっていう事じゃなくて、第1目標は好きな物とかそういう所に行ってる訳で、それにつき物っていうだけなんで、なければそれに、こした事はないしね(笑)。だから、“危険があれば出て行こうよ”って感じですね。

B’z The Book Treasure20ページ

だからと言って意識して危険な経験をしなければ好きな物を手に入れられないという訳ではなく、危険はなければそれに越したことはないが危険があれば出て行こうよと提案している感じみたいです。

B’z オリジナルアルバム『RISKY』秘話

稲葉浩志さん人生初の海外旅行

しかも、稲葉にとってもこれが本当に生まれて初めての海外旅行だったので、一日も早く行きたいと思っていたのに、出発日の明け方までスタジオでレコーディングをする事になってしまったとか

“MUSIC FREAK MAGAZINE-B’z Dictionary Vol.08″251ページ

ニューヨークのジェイソン・コーサロさんをレコーディング・エンジニアとして起用するため、B’zメンバーもニューヨークに訪れることになりました。

これが稲葉浩志さんにとって人生初の海外旅行だったため一日も早く行きたい(。・ω・。)と思っていたそうです。

しかし、稲葉浩志さんの思いも虚しく残念ながら出発日の明け方までスタジオでレコーディングをしていたみたいなのでショックを受けておられたのかもしれません。

B’zにとってオリジナルアルバム『RISKY』とは

今後の刺激にもなってるし、BUMっていうスタッフで向こうに行ったんですがそれぞれ見て来た物がまた次に必ずつながると思うんで、僕等自身にとってもそのへんをまた期待させてくれる、そういうアルバムになってますね。/稲葉浩志

B’z The Book Treasure20ページ

B’z初の海外制作となった『RISKY』。

初めての試みは危険と隣り合わせな部分もありました。

しかし、リスクを承知の上でこれまでとは違うことをしたことで本作品は次に繋がるアルバムになったみたいです。

B’z オリジナルアルバム『RISKY』収録曲

01. RISKY

02. GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-

03. HOT FASHION -流行過多-

04. EASY COME, EASY GO! -RISKY Style-

05. 愛しい人よGood Night…

06. HOLY NIGHTにくちづけを

07. VAMPIRE WOMAN

08. 確かなものは闇の中

09. FRIDAY MIDNIGHT BLUE

10. It’s Raining…

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました