スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

B’zが作詞作曲をお願いした曲が存在する!?松本孝弘が告白「2人でやってない曲があるんですよね」

B'z
この記事は約4分で読めます。

B’zは、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とオリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューしたギタリスト松本孝弘とヴォーカル稲葉浩志からなるロックユニットです。

彼らはデビュー以来、約33年間音楽活動を止めることなく、53枚のシングル、21枚のオリジナルアルバム、9枚のベストアルバム、5枚のミニアルバムなどをリリースしており、それに伴い「平成30年ランキングアーティスト別セールス」では、累計売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚,アルバム4665.5万枚)を記録して日本で1番CDを売り上げたアーティストに選ばれました

もちろん偉大な記録はセールスの記録だけではなく、「LIVE-GYM」と冠するB’zのLIVEは2019年7月6日に行われた「B’z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta New Love」大阪城ホールの公演で、通算1,000回目のLIVEを達成しました。

このようにロックユニットB’zはデビューから30年以上が経った現在も名実ともに音楽界のトップを走り続ける日本が誇るアーティストの1組です。

そんなB’zが発表した楽曲数は300曲を超えており、その曲の膨大さからもB’zがこれまでどれだけ精力的に音楽活動を続けてきたのかが分かります。

また、B’zファン以外からはあまり知られていないと思いますが、B’zの楽曲は、

B’zのギター松本孝弘さんが作曲を、

B’zのヴォーカル稲葉浩志さんが作詞を担当しておられるんです。

しかし、唯一、B’zのお二人が作詞作曲をしていない曲が2曲だけ存在します。

300曲以上あるB’zの楽曲のなかで、たった2曲だけです。B’zが楽曲の作詞作曲を他の人にお願いすることになった背景にはどんな理由があったのでしょうか?

なので、今回はB’zのお二人が作詞作曲出来なかった理由についてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

B’zが作詞作曲をお願いした曲が存在する!?松本孝弘が告白「2人でやってない曲があるんですよね」

作詞作曲ができなかった理由

あれが僕の作家としてのデビューだから、今みたいなスピードでは書けないし、ノウハウもなかったから、だからアルバム1枚分、結局自分たちでもう書けなくて、1曲だけ詞が亜蘭知子さんで、もう1曲は大槻啓之さんっていう作家の人にお願いしたんですよね。だから、唯一、B’zの何百曲ある中で、僕が曲で亜蘭さんが詞で、大槻さんが曲で稲葉くんが詞で、っていう、2人でやってない曲が2曲あるんですよね。」/松本孝弘

B’z ザ・クロニクル146ページ

煮詰まっちゃったんだと思います。あんまり詰めてやったことのないことを根を詰めてやってたから(苦笑)。だから、1枚目のアルバムのときは大変で。」/松本孝弘

B’z ザ・クロニクル147ページ

B’zのお二人が自身で作詞作曲が出来なかった理由は、

どうしても書けなくて煮詰まってしまったからだそうです。

デビュー当時、松本孝弘さんも作家として曲を書いた経験がなく、稲葉浩志さんもそれまで歌詞を書いたことがありませんでした。

だから当然、楽曲の制作が順調に進むはずもなく、アルバム1枚分の曲をどうしても書けなくて煮詰まってしまったから、亜蘭知子さんと大槻啓之さんにお願いすることになったとインタビューのなかで話されています。

B’zが作詞作曲していない曲

出典:B’z Official Website

松本孝弘さんが、「結局自分たちでもう書けなくて、1曲だけ詞が亜蘭知子さんで、もう1曲は大槻啓之さんっていう作家の人にお願いしたんですよね」と話す、300曲以上あるB’zの楽曲のなかでも唯一B’zが自身で作詞作曲をしていない曲とは、B’zのデビューアルバムに収録されている、

Nothing To Change

孤独にDance in vain』。

B’zのお二人もはやくデビューしたかったと思いますし、関係者もはやくB’zをデビューさせたかったと思います。しかし、そんな思いとは裏腹になかなか完成しなかったデビューアルバム「B’z」。

亜蘭知子さんに「Nothing To Change」の作詞を、大槻啓之さんに「Nothing To Change」の作曲を担当してもらったことで、この2曲が出来上がり、1枚のアルバムが完成しました。

そうしてようやくB’zは、シングル「だからその手を離して」と、オリジナルアルバム「B’z」の同時リリースでデビューすることができたんです。

しかし、松本孝弘さん、稲葉浩志さんの苦労も虚しくデビューシングル、アルバム共に大ヒットとはほど遠い結果に終わってしまいました。

そのエピソードについても過去にまとめさせて頂きましたので、宜しければご覧ください。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました