スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

【B’z】ファン投票1位!!甘酸っぱい青春ソング『恋心(KOI-GOKORO)』をご紹介します

B'z曲紹介
スポンサーリンク

B’z 恋心(KOI-GOKORO)とは

出典:B’z Official Website

『恋心(KOI-GOKORO)』とは、B’zが1992年10月7日に発売した11thシングル「ZERO」の2nd beat(カップリング曲)です。

この曲は青春時代の恋のはかなさや切なさがポップなメロディーで描かれている曲なので、恋をしたことがある人が聴けば純粋で真っ直ぐだった気持ちを思い出して懐かしむことが出来るはずです。

歌詞には、”先生””授業”といった学校にまつわる言葉が使われているため、意識しなくても青春していた頃を自然に思い出せるはずです。

『恋心(KOI-GOKORO)』の歌詞の解釈についてはこちらでご紹介していますので、興味のある人は合わせてご覧下さい。

また、『恋心(KOI-GOKORO)』にはB’zの楽曲では珍しく振り付けがついています。

振り付けがあることでLIVEではB’zメンバーとファンが曲に合わせて同じ動きをすることができるので会場が1つになって盛り上がります。

そういう魅力もあってか、『恋心(KOI-GOKORO)』は1シングルのカップリング曲とは思えないほどB’zファンからは絶大な人気を集めるポップソングです。

『恋心(KOI-GOKORO)』歌詞

忘れない 恋心

いつまでも 恋心

Uta-Net B’z 恋心(KOI-GOKORO)歌詞

彼女はいつもミルクティー yeah

駅のそばの喫茶店で

新しいシャンプーとリンス

そして旅行の計画が話題

話をしたいけれど ヤボな性格がばれちゃまずい

どうしよう ほかの娘がじゃまする

こんなとき妙に仲がいいよね

これが女の連帯感なのか un

困るね 先生、とても

Uta-Net B’z 恋心(KOI-GOKORO)歌詞

すこし長めの髪揺らして

泣いているあの娘を見た

なにかな なんだろうなベイビー

涙かわいや つきあいたい

松本に相談しようか でもたぶんひやかされるからやめとこう

どうしよう 授業の内容は こんなとき

ぜんぜん使えません

きびしいね 人生というのは un

なかなか 先生、 とても

できれば いっしょに踊りたい

きらきらと光を浴びて二人

ほんとは だれか好きな人が

いること 知ってる けれど

Uta-Net B’z 恋心(KOI-GOKORO)歌詞

どうしよう うまくいかない恋

こんなとき もっと大人になりたい

だれもが悩んだことなのか un

まったく 先生、つよく

抱き合った仲間ともいつかは

はなれていくかもしれないけど

二度とは戻らない時間を

笑って 歌って ずっと

忘れない いつまでもあの恋

なくさない胸をたたく痛みを

汗かき 行きはずませ走る

日々はまだ 今も 続く

Uta-Net B’z 恋心(KOI-GOKORO)歌詞

忘れない 恋心

いつまでも 恋心

Uta-Net B’z 恋心(KOI-GOKORO)歌詞

忘れない 恋心

いつまでも 恋心

Uta-Net B’z 恋心(KOI-GOKORO)歌詞

『恋心(KOI-GOKORO)』のチャート記録

『恋心(KOI-GOKORO)』が収録されているB’zの11枚目のシングル「ZERO」は、発売当時タイアップが付いていなかったにもかかわらず131万枚のミリオンセラーとなりました。

さらに、ノンタイアップで初動売上61.5万枚はオリコン調べで当時の歴代1位を記録しました。

『恋心(KOI-GOKORO)』の制作秘話

松本さんのメロディーを聴いたときの”胸キュン”を表現

「これは、松本さんのメロディーを聴いて”胸キュン“な感じがあったんです。それを表現しよう、と。」稲葉浩志

B’z The Book Treasure60ページ

B’zのヴォーカルであり、作詞を担当する稲葉浩志(いなばこうし)さんは、『恋心(KOI-GOKORO)』の詞を書くときは松本さんのメロディーを聴いたときの”胸キュン”を表現しようとしたそうです。

ラジオ番組に送られてきた学生からのハガキから刺激を受けた

「学生時代だけのこととは思わないけど、ラジオにもその年代の人たちから、そういう悩みのハガキも多く来ますから。僕たちも今みたいなシチュエーションになっても、そういうものは感じてるわけだし。大人になって”胸キュン”みたいな感情を卒業する人もいるんでしょうけど、僕たちには永遠のテーマだったりしますよね。」稲葉浩志

B’z The Book Treasure 60ページ

「その頃、ラジオ番組をやってまして、ファンの方からハガキでいろんなメッセージとか、いろんな話を書いて送ってもらっていて、それが本当に面白くて、“学生ならではの恋”の話とかね。本当に純なストーリーがいっぱいあって、そういう中から刺激されて書いたような記憶がありますね。」

3/4 【ZIP!】稲葉浩志 インタビュー | アナの『日々是気付』 (fc2.com)

『恋心(KOI-GOKORO)』はB’z稲葉さんが当時パーソナリティーを務めていたラジオ番組「B’z WAVE-GYM」の番組宛てに送られてきたハガキのメッセージから刺激を受けて制作された楽曲みたいです。

2016年3月4日放送の日本テレビ系「ZIP!」の番組の中で、インタビュアーの桝太一アナウンサーが『恋心(KOI-GOKORO)』の話題をだしたときにも稲葉さんが『恋心(KOI-GOKORO)』の誕生秘話について話されています。

ボーカル撮りの前日にテンポを変えた

「ボーカル撮りの前日にね(笑)」松本孝弘

B’z The Book Treasure 60ページ

「電話してきて”テンポ変えたから”って。(笑)で、電話口で歌ってみて”これぐらい?””そうそう””OK、OK”って打ち合わせして。」稲葉浩志

B’z The Book Treasure 60ページ

メロディーは絶対に良いし、はっきりとした理由は分からないけど何か違うと感じていたそうです。

その落ち着かない感じを解消するために、アレンジをまるまる変更してテンポを変えたそうですが、それをしたのがボーカル撮りの前日

松本さんと稲葉さんは電話で打ち合わせしたそうです。

コーラスを入れたら形になった

「これ、コーラスを入れるまで、なんか形にならない気がしていたんですよ。落ち着かないっていうか、収まりが今イチっていうか。でも、最後に”♪MA・CHAN MA・CHAN HELP ME“ってコーラスを入れたら、決まりましたね(笑)できた!って感じ。」稲葉浩志

B’z The Book Treasure60ページ

アレンジをまるまる変更して曲のテンポまで変えたのに、依然として理由が分からないモヤモヤとした感じが残っていました。

そこで2番歌詞にある「松本に相談しようか。でもたぶんひやかされるからやめとこう」の部分に♪MA・CHAN MA・CHAN HELP ME“というコーラスを入れたらそのモヤモヤがなくなり納得のいく形で完成しました。

『恋心(KOI-GOKORO)』はファンから人気

“恋愛””青春”がテーマとしてあり、ポップで親しみやすいところが理由なのか『恋心(KOI-GOKORO)』はカップリング曲でありながらB’zファンの間でも人気の高い曲であり、1998年に発売した「B’z The Best “Treasure”」の収録曲を決めるファン投票では堂々の1位を獲得2008年に発売した「B’z The Best “ULTRA Treasure”」でのファン投票でも2位に輝きました

『恋心(KOI-GOKORO)』の振り付け

『恋心(KOI-GOKORO)』に振り付けがついたキッカケ

『恋心(KOI-GOKORO)』は「ZERO」のカップリング曲なので、「ZERO」をよくやっていた1992年のTIMEツアーで初めて披露されました。

『恋心(KOI-GOKORO)』に振り付けがついたキッカケについてはハッキリとは覚えていないものの、当時の演出の市川訓由(いちかわくによし)さんのアイデアである可能性が高いそうです。

また、振り付けをだれが考えたのかという話について、

稲葉さんは「おれじゃないよね?

松本さんは「振りに関しては、私ノータッチなんで」

とおっしゃっており、なぜ振りが付いたのか分からないそうです。

ちなみに『恋心(KOI-GOKORO)』に振り付けをつけた可能性が一番高いとされる演出の市川訓由(いちかわくによし)さんは、B’zのLIVE-GYMでインパクトのある演出を多く手がけているので、他の演出も気になる人はご覧下さい。

B’zファンクラブ会員からの振り付け動画

「やっぱりとっても嬉しいというか。お客さんがいないところからアレがパッとでてくるので、懐かしい人に会った感じっていうか、心強くもあったしね。やっぱりお客さんのチカラっていうのはそのLIVEやるなかでもの凄いパーセンテージを占めてるというかエネルギー。そういうのはやっぱり今回のLIVEでひしひしと感じております。」稲葉浩志

『B’z SHOWCASE 2020-5ERAS 8820-Day1』B’zPARTY会員限定メンバースペシャルインタビュー

2020年に行われたB’z初となる無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE2020-5ERAS8820-Day1」では、ファンクラブ会員から事前に募集した振り付け動画がスクリーンに映し出されました。

稲葉さんはそのファンクラブ会員が『恋心(KOI-GOKORO)』を踊る動画について、心強くもありエネルギーになっていると語っておられます。

ファンから愛される『恋心(KOI-GOKORO)』

出典:B’z Official Website

今回はB’zの11枚目のシングル「ZERO」のカップリング曲『恋心(KOI-GOKORO)』についてご紹介しました。

この曲は稲葉さんが松本さんのメロディーを聴いたときに感じた”胸キュン“を表現した楽曲であり、リアルな学生の恋愛ハガキからも刺激を受けて作られた曲です。

なので、聴くだけで甘酸っぱい気持ちになること間違いなしですし、片想いをした経験がある人はその恋を思い出して懐かしむことができるはず

また、B’zの楽曲には珍しく振り付けがある曲なのでLIVEでも必ず盛り上がるみんなの曲です。

本記事が『恋心(KOI-GOKORO)』を知るキッカケになったり、『恋心(KOI-GOKORO)』をもっと好きになるキッカケになれれば幸いです。

(文/「ぐっちぶろぐ」@bz19968144@ぐっち)

(B’zカテゴリー更新中@bz19968145@ぐっち|B’zネタ発信)

コメント

タイトルとURLをコピーしました